口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングは中小企業の資金繰りを改善できる!

公開日:2019/12/15  最終更新日:2019/12/17

大企業等の資金に余裕がある例外を除けば、商品分の報酬を先に入手出来るファクタリングは、中小企業にとても大きいメリットがある制度です。銀行の融資等に比べて審査が簡単である事も見逃せないポイントになります。そこで今回はファクタリングについて、基本と押さえておくべきポイントを紹介していきます。

そもそもファクタリングとは何?

ある会社が商品を納入したとして、その分の報酬が振り込まれるまでには月単位で時間が空きます。大企業でしたら、その間も十分安定して持ち応える事が出来ますが中小企業の場合はそうはいかない事も多いです。場合によってはタイムラグの間に企業が倒産してしまうケースも有り得ます。そこで、ファクタリングの制度が登場する事になります。

ファクタリングの会社に報酬を受け取れる債務を買い取ってもらい、後はファクタリング会社が商品分の料金を相手の会社からもらうという形式にして、自分達は振り込み期日の前に報酬分のお金を入手出来ます。ただ、デメリットもあり、この制度を利用してしまうと、本来自分達が受け取るはずだった報酬がある程度減ってしまうという事があります。手数料をファクタリング会社に支払わなければいけませんので、その分のマイナスが発生する為です。

ただ、その分を差引いたとしても、期日前に報酬が得られるという事はとても大きいメリットです。この制度は銀行から融資を受ける場合の様な厳しい審査もありませんので、銀行から融資を断わられている様なケースであっても問題なく利用出来ます。

医療系、貿易系と様々な形式も存在しており、現在も利用者は増加傾向にあります。そして一般的なタイプでは、2社間で行うものと3社間で行われるものの2通りがあり、中小の場合は2社間を利用する事が多いです。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いについて

一般的なファクタリングは、3社間で行われるタイプのものになります。このタイプは手数料も安いですし、多くの会社で扱っているタイプなので一見するとメリットが大きいですが、3社間タイプを成立させるには商品の納入先に制度を使う事を承諾してもらう必要があります。

余程互いの会社に信頼がある様な特別なケースを除外すれば、3社間タイプを使った場合、相手の会社にこちらの資金繰りが悪化しているという印象を持たれるリスクを考えないといけません。場合によっては何らかの風評被害が発生する事もありますし、銀行から融資を受けているのでしたらそっちに悪影響が出るリスクもあります。

信用問題は単純な金銭で片付く事ではありませんので、そのデメリットを計算に入れた場合には、2社間の方が良いと考える会社の方が多いのが現状です。

それに対して、2社間タイプの方は相手の会社に制度を利用した事を報告しないでもいいというメリットがあります。こちらは相手の会社が倒産した場合に資金未回収になってしまうリスクを考えないといけませんので、その分手数料も高く設定されています。

ですが、3社間であった相手側とのやり取りが省略されるという点で格段に現金化の速度が速くなるというメリットがあります。そういった事も含め、これからも利用者はどんどん増えて行くと思われます。

審査が杜撰なファクタリング会社は要注意

ファクタリング会社は銀行よりも審査が緩いとはいえ、やはり提出すべき書類はしっかり提出しなければ審査には通りません。証拠が残る様な発注書や依頼書であったり、登記簿謄本等は最低限必要な物となります。

他にも会社の業績が説明出来る様なパンフレットだったり、HP等が即見られる様にしておく等も良い工夫です。こういう書類の提出要求が殆ど無い様な会社は、契約先としては避けた方が無難になります。債権の回収リスクを真面目に考えていない目算が高く、手数料も法外な物を要求されるリスクが出て来ます。

つまり、相手から回収するのではなくて、依頼に来た会社を狙った悪徳業者かもしれないという事です。 多少面倒ではあっても、手続きに相応の時間が掛かる方が一般的ですし、そういう所を選んだ方が会社にとっても利益になります。基本的に審査に通るかどうかは持っている債権の質に掛かって来ます。

ただし、審査に厳しい会社でしたら最新の資産書であったり通帳のコピーや消費税、社会保障費等の滞納をチェックしてくるという事もありますので、もしも滞納分等があった場合は出来るだけ審査前に払ってしまう事をお勧めします。

後は中小企業は立場の弱さから、契約書を作らず口約束で仕事を請負ってしまう事もありますが、ファクタリングを利用する場合には、それはデメリットとして響いて来ます。普段からしっかり契約書を作っておくと、依頼の際にも手間が省けますので注意しておく事をお勧めします。

 

銀行審査と違い、相手側に支払い能力があるかどうかで決まりますのでファクタリングはとても使いやすい制度です。2社間と3社間のメリットとデメリットをしっかり理解して上手く使い分ける事をお勧めします。ただし、審査の時にあまりに提出書類が少ない様な場合は悪徳業者の危険がありますので、その点だけは注意する様にして下さい。

おすすめのファクタリング会社一覧

オッティのロゴ
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社オッティの基本情報
基本情報 住所:〒110-0015 東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F
電話番号:03-3834-2011
営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日(メールは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短3時間での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:20万円~1億円
Point 1. 償還請求権がない!
ファクタリングのTRYの基本情報
基本情報 住所:住所:〒110-0015 東京都台東区東上野2-21-1 ケーワイビル4F
電話番号:0800-800-5541
営業時間:9:00~18:00
定休日:土日祝日(Web申し込みは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短翌日での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:30万~5,000万円
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社三共サービスの基本情報
基本情報 住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル3F
電話番号:0120-43-4140
営業時間:9:00~19:00
定休日:土日祝日
対応力 最短翌日での資金化が可能
金融業界を知り尽くしているスタッフが在籍
費用 手数料:2社間 5%~、3社間 3%~
買取金額:~5,000万円
サイト内検索
記事一覧