口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

     

資金調達で気つけなければいけないポイント

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/09/09

事業で資金調達をする際には銀行や日本政策金融公庫からの融資、ファクタリング、クラウドファンディングなどいろいろな方法があり、どれを使うべきかで悩むことも多いでしょう。資金調達のときにはどのようなポイントを押さえておくと事業を成功に導くことができるのでしょうか。今回は、資金調達で重要な点を三つの観点からご紹介します。

タイミングに合わせて資金調達する必要性

資金調達では必要なタイミングで、タイムリーに現金を手に入れることが大切です。必要時に手元にお金がなくて事業を動かせないのが問題なのは容易にイメージできるでしょう。早めに手に入れてしまうのも問題なのは想像するのが難しいかもしれません。

しかし、たとえば、一年後に使いたい資金をたった今調達すると損失が大きくなるという問題が生じます。融資やファクタリングなどを利用するときには、基本的にはお金の前借りをすることになります。その期間が長ければ長いほど利子や手数料として支払わなければならない金額も大きくなるのが一般的です。

利子や手数料のような余計な出費を最小限に抑え、トータルで使える資金をできるだけ大きくするには、まさに今現金が必要だというタイミングで調達することが重要ということになります。そのため、申し込んでから調達するまでにどのくらいの期間がかかるのかがわかっていると使いやすい調達方法だとわかるでしょう。

その点で注目されているのがファクタリングで、即日~数日で現金を手に入れることができる仕組みになっています。一ヶ月以上かかってしまうことが多い融資に比べると余計な期間がないので、むやみに借入期間を長くして利子が増えてしまうようなことがありません。

資金調達から倒産に向かうリスクとは

資金を手に入れて事業を動かしていくと成功に向かえるのではないかと思うかもしれませんが、実際にはやり方を誤ってしまったり、事業に失敗したりして倒産に向かうリスクもあります。そのリスクをいかにして抑えるかも重要なポイントでしょう。

たとえば、融資を受けて工場を建てて製品の生産量を上げる計画を実行に移したとしましょう。そして、製品の売上利益で返済をしていく予定だったものの、市場の動向が変化して製品が思うように売れず、在庫を抱えてしまうことになったとします。それでも返済はしなければならず、最終的には滞納することになってしまうかもしれません。

負債があると返済は義務になるので、返せないとなると担保にしたものが差し押さえられることになります。工場が担保になっていたなら差し押さえられ、他の製品製造に使って損失を取り返そうとしても無理になってしまうでしょう。このような形で倒産に向かってしまうケースは少なくありません。

ファクタリングはこのリスクが低いという点でも注目されています。償還請求権さえ設定されていなければファクタリングでは返済する義務がありません。資金を手に入れる代わりに売掛債権を譲渡しているからです。

仮に工場を建てて失敗したとしても、差し押さえられてしまうことはないので、別の製品製造に利用して挽回できる可能性があります。このような視点で資金調達をすると、大きな投資ミスをしても倒産リスクが低減されます。

審査落ちによる計画の狂いにも注意

審査落ちをしてしまったときの対策を立てるのも資金調達における重要なポイントです。融資でもファクタリングでも審査を受けることは必要で、相手業者の基準を満たしていれば資金を提供してもらえます。審査の通過が現金を手に入れられる最低条件になりますが、どのくらいの期間がかかるか、本当に通るのかは最後までわかりません。

きっと通ると思って待っていたら審査落ちになってしまい、別のところに申し込んでいても必要なタイミングに間に合わないということも起こり得ます。このような事態にならないためには審査基準の概要を理解し、適切な方法を選んで資金を得ることが大切です。

融資では依頼する企業の経営状態や信用性、使途が審査基準として重視されますが、ファクタリングの場合には売掛先の企業の信用性や売掛債権の有効性が審査で重要とされます。経営があまりうまくいっていないようなときにはファクタリングの方が審査を通れる可能性が高いでしょう。

逆に信用性のある売掛債権がないときには融資の方が可能性が高いと考えられます。ときと場合に応じて適切な方法を選び、速やかに決断して申し込めるように準備しておくのが肝心なのです。

 

資金調達では必要なタイミングで現金を手に入れられることや失敗によって倒産に向かうリスクをいかにして低減するかを考えること、審査落ちによって調達のタイミングが狂うリスクを想定しておくことが大切です。

この三つのポイントを押さえて、適切な方法を選んで資金の獲得を目指せばきっと成功に向かっていけるようになります。ファクタリングはタイミングを見計らいやすく、倒産リスクも低いので候補として検討してみるようにしましょう。

おすすめのファクタリング会社一覧

オッティのロゴ
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社オッティの基本情報
基本情報 住所:〒110-0015 東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F
電話番号:03-3834-2011
営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日(メールは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短3時間での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:20万円~1億円
Point 1. 個人事業主が利用できる
株式会社ウィットの基本情報
基本情報 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-7-28 第二ビル5F 電話番号:0120-31-2277 営業時間:9:00~18:00 定休日:土日
対応力 最短2時間での資金化が可能 電話のみでの資金調達にも対応
費用 手数料:5%~ 買取金額:30万~500万円
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社三共サービスの基本情報
基本情報 住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル3F
電話番号:0120-43-4140
営業時間:9:00~19:00
定休日:土日祝日
対応力 最短翌日での資金化が可能
金融業界を知り尽くしているスタッフが在籍
費用 手数料:2社間 5%~、3社間 3%~
買取金額:~5,000万円
サイト内検索
記事一覧