口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

つなぎ融資の代わりにファクタリングを利用するのも一つの手段

公開日:2019/08/15  最終更新日:2019/09/13

会社を経営する際にどうしても決められた期日までに確実に支払いをしなければならない場面が生じます。そして入金予定日の前に支払いをしなければならないことも起こることがあります。

このような場合は商工ローンから短期間だけつなぎ融資を受ける必要がありますが、融資とは別に資金を調達する方法もあります。

銀行融資のメリットとデメリットとは

決められた期日までに支払いをしなければならないのに手持ちの資金がない場合、銀行から融資を受けるという方法があります。銀行の本来の役割は預金者から調達した資金を貸し出すことなので、資金が必要になった場合には取引先の銀行から融資を受けることができます。

銀行から融資を受ける最大のメリットは、金利が非常に低いことです。低金利で数日間といったように短期間のみ融資を受ける場合には、調達コストが少なくて済みます。これに加えて融資可能な資金が豊富なので、多額の融資が受けられるというメリットがあります。

会社の取引銀行でつなぎ融資を利用する場合でも、審査に長い時間がかかってしまうというデメリットがあります。一般預金者から預かった資金を貸し出すので、融資金が確実に返済されることを確認する必要があるからです。

場合によっては土地や建物などを担保に設定する必要があり、手続きに長い時間がかかってしまいます。数週間とか数日といったように短い期間ですぐに資金を調達しなければならないような場合は、時間のかかる審査を受けたり担保設定の手続きをすることができません。

僅かな利息しか得られないようなつなぎ融資が敬遠される場合もあり、利益が少ないという理由で審査に通過することができないケースも少なくありません。短期的に資金が必要になった場合につなぎ融資を希望するのであれば、審査に長い時間を要する銀行融資は不向きです。

ノンバンク系の商工ローンを利用する場合の注意点とは

ノンバンク系の商工ローンであれば、短期間の審査ですぐに融資が受けられるというメリットがあります。法人名義のビジネスローンカードを発行してもらえば、決められた金額の範囲内であれば審査を受けなくても何度でも資金を借りることができます。すぐにお金が借りられる商工ローンのビジネスローンは、つなぎ融資にも便利です。

ノンバンク系の商工ローンを利用する場合には、金利が高いのと銀行から融資を受けにくくなるというデメリットがあるので注意が必要です。商工ローンは銀行融資と比べて審査の基準が低いですが、そのかわりに金利が高く設定されます。

短期間のつなぎ融資でも頻繁にノンバンク系金融機関のビジネスローンを利用すると、取引先の会社やメインバンクから資金繰りに苦しい会社とみなされてしまう恐れがあります。取引先やメインバンクからリスクが高い会社とみなされてしまうと、低利の銀行融資が利用しにくくなったり後払いの取引ができなくなってしまう場合があるので注意が必要です。

ノンバンク系金融機関のビジネスローンを利用すれば短期間の審査で資金を調達することができますが、銀行と比べて金利が高いので短期間のつなぎ融資でも利息の負担が大きくなってしまう場合があります。商工ローンは利便性が高いというメリットがありますが、資金の調達コストが高いことや会社の信用が低下するというデメリットがあるので要注意です。

ファクタリングを活用して短期的な資金調達をするメリットとは

短期間だけ資金が必要になった場合に、銀行や商工ローンのつなぎ融資以外の方法を利用することができます。ファクタリングを活用すれば、金融機関からのつなぎ融資を受けなくてもすぐに必要な資金を調達することが可能です。

ファクタリングは借金ではなく、将来に支払われる予定の売掛債権を買い取ってもらうサービスです。このため、融資を受けるための審査を受ける必要がありません。会社の資金繰りが苦しいと金融会社から融資ができない場合がありますが、債権買取サービスであるファクタリングであれば会社の信用状況に関係なく現金を調達することができます。2社間ファクタリングを利用すれば、銀行や取引先の会社に知られずに売掛債権を現金化することが可能です。

ファクタリングは借金ではないので、金融会社の融資枠に影響を及ぼさないというメリットもあります。金融会社の融資枠を圧迫したり信用を低下させないためにも、短期的に資金が必要になった場合はつなぎ融資ではなくてファクタリングを選択する方が安全性が高いと言えます。

ファクタリングを利用する場合は一定の手数料がかかりますが、手数料は期間に関係なく一定であるという特徴があります。金利の高い商工ローンでつなぎ融資を長期間にわたり利用すると利息の負担が大きくなってしまいますが、ファクタリングであれば長期間でも手数料の負担が重くなる心配がありません。

短期間に資金が必要になった場合には金融会社からつなぎ融資をする方法がありますが、多くのデメリットがあります。会社の信用を落とさずに短期間で資金を調達したい場合には、つなぎ融資よりもファクタリングを選択した方が良いでしょう。

おすすめのファクタリング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社オッティ株式会社SKO ファクタリングのTRY(トライ)株式会社三共サービス株式会社ワイズコーポレーション FACTOR PLAN(ファクタープラン)株式会社ビートレーディング
ポイントスピード・手数料・限度額の全てがハイクオリティ24時間いつでも申し込め最短1日で売掛金を資金化圧倒的な安さでとにかく手数料を抑えたい人におすすめ条件を満たせば最短即日での現金化が可能数億円単位での大規模な取引をする企業におすすめ
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧