口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

     

売掛金を期日前に資金化!アメリカでは当たり前のファクタリングの歴史

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/09/13

イギリスを始めとした諸外国では一般的な資金調達方法で、16世紀頃から発展してきたファクタリング。アメリカを植民地化した時に大きく発展していき、ヨーロッパでも広く使われていくようになったのですが、日本ではあまり広まらなかった方法になります。

そこで今回は歴史的にファクタリングの広まらなかった要因を説明していきたいと思います。

ファクタリングってどんな仕組み?

押さえておきたいのはファクタリングの仕組みです。簡単に言ってしまうと会社で保有している売掛債権を買い取ってもらうことです。

経営をしていると手元に現金がないけど必要ということが出てきます。それを見越して計画的に用意すれば良いじゃないかと思うかもしれませんが、実際にやるとなると意外と大変なのです。

必要な場合には銀行から融資を受ければ良いと思うかもしれませんが、融資を受けるには審査が必要なので時間がかかってしまいます。また、通常の銀行の融資の場合には年利があるので利息が発生します。そのため借りた金額にプラスして返済をしていかなければいけません。金額が大きければ大きい程その利息は大きくなるので、返済が大変になるのです。

それに対してファクタリングの場合には売掛債権を期日前に買い取る時に手数料の分を引いて買い取ってくれます。なので別に手数料を支払う必要がないというメリットがあります。 しかも即日現金化することができるので、すぐに現金が必要な時に利用することができるのです。取引先や銀行に知られることなく資金を調達することができます。 売掛債権は買い取った時に既に手を離れているので、倒産しても支払いの必要はなくなるため、リスクも減らすことができます。意外とファクタリングにおけるメリットは多いのです。

16世紀にイギリスで発展してきた

ファクタリングは元々ファクターという会社が行っていた商社のような役割になります。16世紀にイギリスで始まり、18世紀から19世紀の頃にアメリカを植民地化して繊維製品を輸出していた時に繊維業界で発展していきました。ファクターは製造者が販売店に売る際に信用調査をして、その代金を代わりに支払っていたのです。

更に19世紀以降は産業革命によってイギリスで大量の毛織物が生産されるようになり、売掛債権を買い取るようになったのです。そして20世紀にはいると繊維業界ではなく売掛債権の信用調査と買い取りに特化していき、現在の形態へと進化してきました。

現在ではイギリスやアメリカだけではなくヨーロッパやアジア全般でも普及しています。すぐにでも現金が欲しいというだけではなく、その日その日で変化していく環境に適応していくこと、時間を買うことです。インターネットが普及している昨今では時間を求められることが多いので、流動的な現代にもぴったりな資金調達方法になります。

日本では現在でもそこまでファクタリングは浸透していません。そのため経営をしていてもファクタリングを知らない人もいますし、それが一般的です。鎖国されていたから浸透しなかった、そういう見方もできますが、鎖国の間に日本は独自の文化を発展させていったため、あまりファクタリングという方法に馴染みがないのです。

日本では商社の存在が大きかった

日本でファクタリングが普及しなかった大きな要因は商社の存在です。日本ではとても一般的ですが、生産者と販売者の間には卸売商社が存在しています。それがファクターとして作用しているため、特に必要性がなかったのです。

とは言っても現代はスピードや多様性が求められる時代です。小口の取引も求められるため商社では限界があり、商社としての規模は縮小傾向にあります。

他にも日本特有の手形決済というものがあります。手形決済も売掛債権同様に条件があるので、即日現金化できるものばかりではありません。そのためバブル崩壊後は流通も減り、ピーク時から見ると7%以下にまで落ち込んでいます。

そして売掛債権を売って現金化するという手法が一般的ではなかったため、売掛債権を売れば会社の信用が落ちてしまうと考えられています。もしも売掛債権を売ったことが知られたら取引相手の信頼を失うという思いがあり、あまり普及しにくかったのです。

日本でファクタリングが流通しなかった理由は主に3つですが、現代では少しずつ廃れていっている傾向にあります。多かれ少なかれ海外との取引が増えてきていることによって、適応していっているのです。 ファクタリングは手数料がかかるデメリットもありますが、それを上回るメリットも同時にあります。必要に応じて銀行の融資と使い分けていくようにしたいところです。

 

スピードや柔軟性が求められる現代では、ファクタリングは効率的な資金調達方法になります。日本国内でも徐々にファクタリング会社は増えてきており、必要に応じて利用することができます。正しい知識と共に利用していきましょう

おすすめのファクタリング会社一覧

オッティのロゴ
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社オッティの基本情報
基本情報 住所:〒110-0015 東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F
電話番号:03-3834-2011
営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日(メールは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短3時間での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:20万円~1億円
Point 1. 個人事業主が利用できる
株式会社ウィットの基本情報
基本情報 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-7-28 第二ビル5F 電話番号:0120-31-2277 営業時間:9:00~18:00 定休日:土日
対応力 最短2時間での資金化が可能 電話のみでの資金調達にも対応
費用 手数料:5%~ 買取金額:30万~500万円
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社三共サービスの基本情報
基本情報 住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル3F
電話番号:0120-43-4140
営業時間:9:00~19:00
定休日:土日祝日
対応力 最短翌日での資金化が可能
金融業界を知り尽くしているスタッフが在籍
費用 手数料:2社間 5%~、3社間 3%~
買取金額:~5,000万円
サイト内検索
記事一覧