口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングビジネスはどのように儲けを出しているのか?

公開日:2019/10/01  最終更新日:2019/09/19

ファクタリングは現金化するまでの時間が早いため、すぐに現金が必要な状況でも対応可能な資金調達方法になります。イギリスやアメリカでは一般的な資金調達方法ですが、日本ではまだあまり浸透しておらず、知らないという経営者も少なくありません。

そこで今回はファクタリングはどんな仕組みなのか紹介していきたいと思います。

元々は卸商社のような存在だった

ファクタリングはファクターという会社が行っていたもので、簡単に言ってしまうと卸商社のような存在だったのです。

製造者が販売者に製品を売る際、まだ品物は売れていないのでそのお金を支払うことができません。しかしファクターが販売者の信用調査をした上で、販売者の代わりに製造者にお金を支払っていたのです。

18世紀はそれで成り立っていたのですが、19世紀に入るとイギリスはアメリカを植民地として毛織物を輸出するようになりました。そこで今度は売掛債権を元にして代金を支払うようになっていったのです。 20世紀以降には毛織物の輸出も落ち着いていき、ファクターは信用調査と資金提供に特化した存在になっていきました。

その後はアメリカとイギリスだけに留まらず、ヨーロッパ、そしてアジアへと広まっていったのです。しかし日本ではまだそれほど浸透しておらず、国際化の波に乗って徐々に広まってきている状態になります。

日本の場合、元々卸商社が存在していたため、そこまで必要性がなかったのです。ですが現代社会では多様性が求められ、商社を通さずに小口で海外とも取引をすることも増えてきています。

日本独自の手形決済が一般的だったのもファクタリングが広まらなかった要因の1つと言われています。とは言っても最近ではピーク時の7%以下まで落ち込んでいるので、これからは妨げる要因にはなりません。

どんな仕組みで会社は儲けているの?

資金調達方法として多いのは銀行からの融資なので、銀行の融資と比較して説明していきたいと思います。

銀行は融資の申し込みがあってから審査をして、審査が通ったら融資をしてくれます。この審査は1日では終わらないので、すぐに現金が欲しいという時には現実的ではありません。更に返済をする時には利子をプラスして支払わなければいけません。意外とこの利子を含めた返済がきつく、会社にとっては大きな負担になってしまいます。

それに対してファクタリングの場合には自社で持っている売掛債権を譲渡する形になります。売掛債権はいずれ入ってくるお金なので資産と見なしますが、実際には現金ではない不便な状態です。それを買い取って現金化してくれるのがファクタリング業者という訳です。

それだけではなく売掛債権から手数料を引いた差額を支払うため、返済の義務もありません。銀行の融資は借金ですが、ファクタリングは売掛債権の販売なのです。

しかし債権先が万が一にも倒産した場合、支払わなければならないんじゃないかという疑問が生じると思います。実はたとえ倒産したり不払いがあったとしても支払う義務はありません。既に売掛債権は譲渡されているので、取り立ても全てファクタリング業者が行うのです。会社にとってはすぐに現金化できるだけではなくリスク低減効果も期待できる、優れた資金調達方法なのです。

どんなファクタリング業者が良いの?

業者選びは慎重に行いたいところですが、まだ数の少ない日本では業者も少ないので選択肢が少なくなってしまいます。何を基準に選んだら良いのか、ポイントを押さえていきたいと思います。

手数料を基準に考えていくのが最もわかりやすく、手数料の幅は15%から25%の間が適切なラインです。もしも30%のところがあった場合にはそれは法外な範囲なので、除外した方が良いでしょう。

逆に低いのは良いのかというと、そんなことはありません。低すぎる場合には他で儲けるために、別途手数料がかかることがあります。それでは意味がないので、きちんと書類を確認した上で契約する必要があります。

中には全てネットで完結させることによって低手数料を実現しているベンチャー企業もありますが、それは稀なケースです。少しでも疑わしいと思った時には確認をするようにしましょう。

契約書を作りたがらないというケースもあります。このような場合には決して契約を結んではいけません。契約書がないということは後から契約内容を相手が好きなように変更することができるということです。もしも渋るようであれば、他を探した方が会社のためです。

続けて利用することを考えているのであれば、2回目以降の手数料も要チェック。通常は1回目の手数料は高く、2回目以降は安く設定されていることが多いです。もしも2回目以降も高いのであれば、危険信号のサインだと思いましょう。

 

ビジネスをしていく上で、直近で現金が必要なのにないということは十分に起こり得ることです。時間を買い、リスクを減らすことができる資金調達方法はそうありません。これまでやったことがないからと言わず、積極的に利用していきましょう。

おすすめのファクタリング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社オッティ株式会社SKO ファクタリングのTRY(トライ)株式会社三共サービス株式会社ワイズコーポレーション FACTOR PLAN(ファクタープラン)株式会社ビートレーディング
ポイントスピード・手数料・限度額の全てがハイクオリティ24時間いつでも申し込め最短1日で売掛金を資金化圧倒的な安さでとにかく手数料を抑えたい人におすすめ条件を満たせば最短即日での現金化が可能数億円単位での大規模な取引をする企業におすすめ
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧