口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

     

債権流動化とは?

公開日:2020/10/01  最終更新日:2020/09/30

近年よく耳にするようになった「売掛債権流動化」という言葉ですが、どのような仕組みであり強みがあるのか、掘り下げて考えてみましょう。企業では、売掛債権はあるのに現金がないため経営が苦しくなるケースがしばしば起こります。そんなとき資金繰りを安定させるための対策として注目されているのが売掛債権流動化です。

売掛債権流動化とはそもそも何か

売掛債権流動化とは、簡単にいえば「債権を早く現金化する仕組み」です。通常、企業間での支払いには入金までに長い期間を要し、手形によっては数か月間も待たされることも珍しくはありません。取引が成立して仕事を受注し早速取り掛からなければならないのに、肝心の現金がないことで経営が立ちいかなくなることはどの業界でも起こり得る問題です。

しかもこうした売掛債権は現金化されるまで自由に使えないにも関わらず、資産としては計上され続け、傍から見れば黒字の会社ということになります。この悪循環で「黒字倒産」などという、一見理解しがたい負のスパイラルが生まれることが社会問題にもなっているのです。そこでこうした売掛債権を流動化することで、必要なときに必要なところに現金が調達され、事業がスムーズに回るようにするのがこの仕組みです。

もともと売掛債権は流動資産の分類ではあるのですが、現金ほど自由に動かせる流動性はありませんでした。その売掛債権自体を自由に売買できるようにすることで、本来の支払日を待たずに現金化することが可能となります。キャッシュフローが改善しますし、仕事を受注さえしていれば資金繰りに苦しむことも少なくなるでしょう。また取引先の倒産などで資金回収が不能になるリスクも減らすことができますし、経営に余裕ができるのがメリットです。

実際には債権をどのように流動化するのか

概念はわかりましたが、実際にどのような手法で債権を流動化させればよいのでしょうか。その最大の切り札がファクタリングです。ファクタリングという言葉も浸透してきましたが、具体的には企業が所有する売掛債権をファクタリング会社に譲渡することで、支払い期日前に現金化する仕組みを指します。

たとえば、仕事を受注して売掛金が発生した際、通常であれば入金されるのは早くても翌月、場合によっては翌々月以降など期間を要することになります。ファクタリングを利用すれば、その債権を譲渡することでファクタリング会社からすぐにも現金化することが可能です。一定の手数料がかかりますが、数か月待たされるリスクを考えれば非常に有効な手段といえるでしょう。

また、売掛債権を証券化するという手法もあります。売掛債権証券化は、企業が保有する売掛債権を特定目的法人(SPC)に譲渡し、ファクタリングと同じように本来の支払日より早く現金化する仕組みです。利用者側から見れば、譲渡先が異なるだけで考え方としてはファクタリングと同様といえます。ただSPCの場合、譲渡された売掛債権は投資家に「証券」として発行し、流動化する点が大きな違いです。

そして最後に売掛債権担保融資(ABL)という手法があります。売掛債権担保融資は、売掛債権を担保に金融機関から融資を受ける手法です。通常のファクタリングや証券化は売掛債権を譲渡という形で売ることになりますが、売掛債権担保融資はあくまで融資である点が特徴です。

融資は当然返済しなければなりませんし、もし返済できない状況になれば売掛債権を使って弁済が必要です。実はファクタリングの中にもリコースという形式があり、こちらも扱いとしては融資になりますので、買取なのかあくまで融資なのかは大きな違いとして理解が必要です。

売掛債権を流動化させるメリットはなんでしょうか

売掛債権を流動化させる最大のメリットは、実は資産のオフバランス化です。資産のオフバランス化とは、バランスシート(貸借対照表)の資産を外すことを指します。先ほど、現金化できないにも関わらず資産として計上し続けられることに触れましたが、売掛債権を流動化させると売掛金=資産を減らせます。利益は変わりませんから、結果的に少ない資産で利益を上げている形になり、総資産利益率が格段に向上します。

つまりバランスシート上、経営効率がよい優秀な企業となり、銀行などの評価が上がり融資も受けやすくなるというのが大きなメリットです。もちろん自己資本比率も上がりますので、安定経営をしている企業、倒産しにくい企業として評価されることになります。

この点が、従来のように融資を受ける形とは最大に異なる点といえるでしょう。たとえば同じ500万円でも、銀行から融資を受けるのと売掛金をファクタリングするのとでは総資産利益率が大幅に変わります。利益額が同じなら資産額が少ないほうが総資産利益率は上昇し、経営状態の評価が上がると考えればよいでしょう。

こうしたバランスシート上のメリットに加え、やはりスピーディに現金調達できることは何よりの魅力です。ファクタリングを利用すれば即日資金調達も不可能ではありませんので、中小企業などの救いの手になることは間違いありません。

 

売掛債権流動化とは、売掛債権自体を取引することで、本来の支払日前に現金化する仕組みです。企業間取引では債権が現金化されるまでに数か月もの期間を要する場合もありますが、流動化することでスピーディな資金調達が可能となり経営に余裕が生まれます。流動化にあたってはファクタリングなどの手法がありますが、メリットは早期現金化だけでなくバランスシートの改善にもあります。経営状態だけでなくバランスシートを改善することで将来的な融資も受けやすい状況になり、企業運営に余裕が生まれる救いの手といえるでしょう。

おすすめのファクタリング会社一覧

オッティのロゴ
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社オッティの基本情報
基本情報 住所:〒110-0015 東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F
電話番号:03-3834-2011
営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日(メールは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短3時間での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:20万円~1億円
Point 1. 個人事業主が利用できる
株式会社ウィットの基本情報
基本情報 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-7-28 第二ビル5F 電話番号:0120-31-2277 営業時間:9:00~18:00 定休日:土日
対応力 最短2時間での資金化が可能 電話のみでの資金調達にも対応
費用 手数料:5%~ 買取金額:30万~500万円
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社三共サービスの基本情報
基本情報 住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル3F
電話番号:0120-43-4140
営業時間:9:00~19:00
定休日:土日祝日
対応力 最短翌日での資金化が可能
金融業界を知り尽くしているスタッフが在籍
費用 手数料:2社間 5%~、3社間 3%~
買取金額:~5,000万円
サイト内検索
記事一覧