口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングを外貨で行う際の流れ

公開日:2020/01/01  最終更新日:2020/01/27

ファクタリングは、出来るだけ早く現金を回収したい中小企業等にとても大きいメリットがある制度です。ただし、取引先が必ずしも国内企業だけとは限りません。海外企業との取引で外貨を使う様な場面が出て来る事もあります。そこで今回は、制度全体の基本と外貨で行う場合の流れについてポイントを3つに分けて説明していく事とします。

ファクタリングの基本について

クライアントから商品の発注があり、納入してその分の報酬を受け取るのが通常の取引です。ただし、報酬分の入金までは、月末で待たなければいけない事が多く、場合によっては2ヶ月前後開いてしまう様な事も少なくありません。

資金繰りに余裕がある場合はともかく、中小企業の場合は報酬分を即次の現金の支払いに回さなければいけない様なケースも多く、報酬分の支払いが滞ると倒産してしまう事も有り得ます。

そこでファクタリングを活用するという考えが出て来ます。クライアントからの報酬を受け取る権利である売掛債権を買い取ってもらい、その分の代金を即金で入手出来るという制度の事をファクタリングと言います。普通に報酬の支払い日を待っていた時よりも金額は減ってしまいますが、それでも現金が即入手出来るという事は大きいメリットです。

制度は2社間で行わる物と、3社間で行われる物の2タイプあります。2社間の場合はクライアント側の承諾なしで使えますが、3社間の場合は承諾が無いと使えない事も確認しておきたいポイントとなります。

制度としては3社間の物が主流になる事を考えられている部分もあるのですが、現在の日本では取引先に資金繰りの悪化を勘ぐられてしまうリスクを考える会社が多く、2社間の方が主流になっています。手数料は2社間の方が割高であり、3社間の物が割安という事もポイントです。

取引を行うにあたり、債権の違いを確認しよう

ファクタリングが運用される状況として、国内で行われる事を前提にしている場合と、国際的に行われる場合の2種類があります。ただ、この時大前提となるのはファクタリングで扱える売掛債権は金銭債権のみという事です。外貨の場合は金種債権という事になり扱い対象外になっている事を把握しておく必要があります。

金銭債権は日本円で現金を受け取る権利の事を指し、金種債権の場合は外貨や古銭で受け取る権利と言う事です。つまり外貨で取引を行いたいのでしたら、何処かで両替を行う必要があるという事になります。両替対応しているファクタリング会社としては、銀行系の物が多いですが全体的には少なめと考えて下さい。

国際的に行われる貿易のファクタリングでは、従来の2社間、3社間の物に加えて現地のファクタリング会社も入る事で4社間形式というパターンが出て来ます。この場合は現地の会社がその国にある納品依頼を出したクライアントから債権分を回収しつつ、日本の会社に支払いをするという事になり、その過程において日本の会社が回収分を日本円に両替する事になります。

勿論その分だけ料金は割高になりますが、海外の会社との取引の場合、何かあった場合に現地の様子を確認に行く事が容易ではありません。最悪の場合、商品の持ち逃げリスクもありますので、その事を考えてみるならば割高な手数料のデメリットを差引いたとしても制度の利用には十分意義があります。

国際ファクタリングのメリットとデメリットを確認しよう

外貨が動く国際ファクタリングの制度利用のメリットとしては、100%確実に輸出企業の売掛債権が保証される事にあります。前提条件として、輸入企業が信用保証の審査に通っている必要がありますが、その部分さえクリア出来ているならば現金が入手出来ない心配をする必要はありません。

他にも信用状開設が不要という点も大きいメリットです。信用状開設が必要な理由は何かあった時には、支払いを銀行が代行しなければならない為であり、迂闊な取引をしてしまうと後で大きい損失にもなりかねないからですが、国際ファクタリングの場合はその審査が銀行が融資を前提に行う様な物よりも格段に緩い事は大きいメリットと言えます。

さらに信用状L/Cよりは書類が厳格ではない事や、書類のディレイが起こり難い事も見逃せません。ですが、その分だけ信用調査費が1万円程度は掛かりますし、保証料についてもインボイス金額に対し0.7~2.0%を月単位で計算しなければならない事や、大手の銀行で無ければ制度自体扱っていないという事は知っておいた方が良いデメリットです。

日本では対応する会社があったとしても、海外の取引先の国に対応する会社が無かった場合は、そもそも制度自体が使えないという事も有り得ます。日本ではみずほファクターと、三菱UFJファクターのメガバンクの子会社位しか該当する所はありませんので、その点にも注意する様にして下さい。

 

ファクタリングは金銭債権を主に扱う物であり、それに該当する物は日本円という事になります。つまり外貨で取引したい場合には、何処かで両替する必要があるという事です。貿易に関係する国際ファクタリングでは現金の両替をする場面も出て来ますが、制度の利用には幾つかのメリットとデメリットがありますので、ファクタリングの基本と合わせてしっかり確認してから取引を行う事をお勧めします。

おすすめのファクタリング会社一覧

オッティのロゴ
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社オッティの基本情報
基本情報 住所:〒110-0015 東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F
電話番号:03-3834-2011
営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日(メールは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短3時間での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:20万円~1億円
Point 1. 個人事業主が利用できる
株式会社ウィットの基本情報
基本情報 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-7-28 第二ビル5F 電話番号:0120-31-2277 営業時間:9:00~18:00 定休日:土日
対応力 最短2時間での資金化が可能 電話のみでの資金調達にも対応
費用 手数料:5%~ 買取金額:30万~500万円
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社三共サービスの基本情報
基本情報 住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル3F
電話番号:0120-43-4140
営業時間:9:00~19:00
定休日:土日祝日
対応力 最短翌日での資金化が可能
金融業界を知り尽くしているスタッフが在籍
費用 手数料:2社間 5%~、3社間 3%~
買取金額:~5,000万円
サイト内検索
記事一覧