口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

     

ファクタリングと銀行融資の手数料の違い

公開日:2020/06/01  最終更新日:2020/08/31

ファクタリングでも銀行融資でも手数料の支払いが必要になりますが、支払いの前に詳細を比較したことがあるでしょうか。この記事ではそれぞれの資金調達方法について、手数料にどんな違いがあるかを説明します。契約の仕方による違いについても紹介するので参考にしてどんな方法で資金を手に入れるかを考えてみましょう。

ファクタリングにおける手数料の詳細

ファクタリングによる資金調達では売掛債権を譲渡することによって現金を支払ってもらうのが基本的な仕組みです。その際に業者が利益を得つつ、必要な経費を工面するために売掛金よりも少ない金額の現金を支払う形にしています。この差額がファクタリングにおける手数料です。

この費用に含まれているのは取引を行う業者の利益だけではありません。ファクタリングをするのに必要な経費の割合が実は大きくなっています。ただ、その詳細は契約内容によって異なるので、二社間の場合と三社間の場合で比較してみましょう。

二社間の場合には有効な契約書を作成するために印紙税を契約時に納めています。また、口座への現金の振り込みにかかる費用や、事務手続きにかかる諸費用や送料、打ち合わせに必要になった交通費なども取引のために欠かせない経費です。

このような費用は三社間の場合にも必要になりますが、三社間のときには債権譲渡登記をするのが一般的になっていてさらに費用がかかります。債権が確かにその相手に譲渡されたことを登記によって示すのが債権譲渡登記で、売掛金の回収をした後には抹消登記もしなければなりません。

この登録免許税と、書類の作成や登記を代行してもらうのにかかる司法書士報酬も必要な経費です。二社間の場合にも登記をすることがありますが、あまり一般的ではなくなってきています。

銀行融資を受けるときの手数料の詳細

銀行融資を受けるときには借り入れをした金額に対し、契約によって決まった金利に応じて利子を負担しなければなりません。利子が銀行の利益になる部分になっていますが、これとは別に手続きをするための経費を取引者が負担するのが原則です。その経費分の負担を手数料として支払う仕組みになっていて、銀行の利益とは切り分けられているのが一般的になっています。経費の内容は融資の内容によって若干違うこともありますが、一般的には次の通りです。

まず契約書を作成するために印紙税がかかり、お金を振り込んでもらうための費用も負担することになります。また、事務的な手続きをしてもらうための人件費や郵送費などに加え、土地などを担保にするときには抵当権設定登記をしなければなりません。

登記が必要な場合には登録免許税に加えて、司法書士報酬も支払うことになります。融資のときには保証会社への加入が必要になる場合が多く、その保証料も合わせて支払うのが一般的です。このように経費部分を見てみるとどちらの方法で資金調達をしたとしてもそれほど大きな違いがないことがわかるでしょう。

手数料が高いのはファクタリングか銀行融資か

二つの資金調達方法を比較したときに手数料が高いのはどちらなのかが気になる人もいるでしょう。これまで説明してきたように、必要経費についてはそれほど大きな違いはありません。しかし、利益分を含めているかどうかの違いがあるので、安くて済むのは銀行融資になっています。

ただ、融資を受けた場合には別枠で利子を支払わなければならないため、トータルで支払う金額はもっと大きくなる可能性もあるでしょう。実際にはケースバイケースで考えてみなければ、利益分を含めたときにどちらが高いかを断定できません。

利益分を比較してみるとわかりやすく、銀行融資の年利は3%~10%程度なのに対し、ファクタリングでは二社間で10%~30%、三社間で2%~10%です。仮に経費が全体の半分だったとしてもファクタリング業者は二社間のときで5%~15%、三社間のときで1%~5%の利益を得ています。

このような比較をしてみると、高い場合にはファクタリングの方が支払いが多くなりますが、安い場合には逆に銀行から融資を受けた方がたくさん支払わなければならなくなるとわかるでしょう。少ない手数料で対応してくれる業者を見つけ出すことで、銀行で借り入れをするよりも有利な資金調達にできる可能性があるということは覚えておきましょう。

 

資金調達の仕方によってどれだけ出費となるかは異なりますが、ファクタリングと銀行ではあまり大きな違いがありません。支払う手数料という意味では銀行の方が少なくて済むものの、銀行の場合には金利に基づいて利子も支払わなければならないからです。

そのため、どちらがよりメリットがあるかはケースバイケースで調べる必要があります。安い業者を選べば銀行融資を受けるよりも売掛債権を売ってしまった方がお得になる可能性もあります。現金のやりくりで困ってしまったときには、銀行融資にこだわらずにファクタリングによる資金調達を前向きに検討してみましょう。

おすすめのファクタリング会社一覧

オッティのロゴ
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社オッティの基本情報
基本情報 住所:〒110-0015 東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F
電話番号:03-3834-2011
営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日(メールは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短3時間での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:20万円~1億円
Point 1. 個人事業主が利用できる
株式会社ウィットの基本情報
基本情報 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-7-28 第二ビル5F 電話番号:0120-31-2277 営業時間:9:00~18:00 定休日:土日
対応力 最短2時間での資金化が可能 電話のみでの資金調達にも対応
費用 手数料:5%~ 買取金額:30万~500万円
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社三共サービスの基本情報
基本情報 住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル3F
電話番号:0120-43-4140
営業時間:9:00~19:00
定休日:土日祝日
対応力 最短翌日での資金化が可能
金融業界を知り尽くしているスタッフが在籍
費用 手数料:2社間 5%~、3社間 3%~
買取金額:~5,000万円
サイト内検索
記事一覧