口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

     

ファクタリングよりも早い資金調達方法はある?

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/09/09

資金調達のスピードが極めて早いという定評があるのがファクタリングのメリットですが、他の資金調達方法ではもっと早く現金を手に入れることができるのでしょうか。この記事では他の方法としてどのようなものがあるかを説明し、一般的に調達完了までにかかる期間がどの程度なのかを説明します。この記事が迅速な資金調達に役立てば幸いです。

前提として理解しておきたいファクタリングの調達期間

いろいろな資金調達方法について考える前に、まずは基準となるファクタリングの資金調達にかかる期間がどのくらいなのかを確認しておきましょう。

ファクタリングでは二社間の取引と三社間の取引があり、どちらを選ぶかによって期間が若干異なります。どちらの場合にも大抵は1週間以内には現金を銀行などの指定口座に振り込んでもらうことができますが、一般的には二社間の方が三社間よりも早くなっています。

即日現金化といわれているのは二社間の方で、確かに最短なら数時間後には現金を振り込んでもらうことが可能です。実際には二社間でも数日かかることがありますが、時間がかかっても3営業日くらいで対応してもらえるでしょう。

三社間の場合に時間がかかってしまうのは売掛先の企業に通知するか、承諾を得ることが求められるからです。通知といっても連絡するだけでなく、その内容を承知したことの確認が必要になるので応答までにかかる時間次第で数日はかかってしまうでしょう。

承諾の場合には書面を作ることもあり、取引先で稟議が必要となると1週間近くかかってしまうこともあります。ただ、承諾が得られる前提でその他の手続きは進めてもらえるので、1週間あれば現金が口座に入るのが通例です。要約すると、即日~1週間で現金を調達できる方法がファクタリングです。

融資による資金調達にかかる期間

一般的によく用いられている資金調達方法について、どのくらいの期間が必要なのかを確認していきましょう。最もよく用いられているのは融資ですが、融資の主体によって必要な期間にはかなりの違いがあります。融資の申し込みをしてから実施される審査にどれだけの期間を必要とするかが異なっているからです。よく利用されているのは銀行による融資で、期間としては3週間~6週間程度で、平均的には1ヶ月で資金調達ができます。

資金の使途が限られる場合があるものの、もっと金利が低いメリットがあることで創業融資などにもよく用いられているのが日本政策金融公庫による融資です。この場合にはお役所仕事ということもあって審査期間が長く、スムーズに進んでも1ヶ月、平均的には2ヶ月くらいの期間がかかっています。

書類の不備などがあるとその都度連絡してくれるので、適宜対応していかないと長期化してしまいます。長い場合には3ヶ月~4ヶ月が必要とされるので注意が必要です。

もっと早い資金調達方法としては消費者金融の融資があります。法人向けローン、事業ローン、ビジネスローンなどともいわれているもので、内容によって審査期間や借入可能額も異なります。期間の幅としては即日~1ヶ月程度です。

即日ならファクタリングと同様と考えるかもしれませんが、即日で対応可能なのはビジネス向けのカードローンのことが多く、借り入れ可能な金額はかなり低いのが一般的です。数十万円程度のことが多いので、なかなか目的を果たせるような資金を調達できないでしょう。数百万円単位での借り入れをしようとすると1週間~4週間は見込む必要があります。

その他の資金調達方法でかかる期間

融資以外にもクラウドファンディングによって資金調達をするケースが増えてきました。クラウドファンディングでは募集期間を自由に設定できますが、短くても1週間は設けるのが普通で、数ヶ月の募集期間にして確実に資金を得られるようにしようとすることが多いのが現状です。それほど活発にクラウドファンディングで投資をしようとしている人が多くないので、調達期間は長くなりがちになっています。

また、ベンチャー企業の場合にはベンチャーキャピタルによる投資を受ける方法もあります。ベンチャーキャピタルとの交渉の進み方次第で調達にかかる期間は違いますが、社内稟議に時間がかかる影響もあって1ヶ月~2ヶ月はかかるのが普通です。交渉次第ではもっと短期間にできる場合もあるものの、1週間で投資をしてもらえることはまずありません。

 

ファクタリングは即日~1週間で資金調達ができる魅力がある方法で、融資やクラウドファンディング、ベンチャーキャピタルによる投資を比較してみても同じようなスピード感を持っているのはビジネス向けのカードローンくらいしかありません。

自由に使える大きな現金を速やかに手に入れたいと考えたら、現状としてはファクタリングに匹敵するものはないと考えた方がよいでしょう。目的によって資金調達方法は充分に検討する必要はあることを念頭に置きつつ、ファクタリングの利用を前向きに考えてみるのが大切です。

おすすめのファクタリング会社一覧

オッティのロゴ
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社オッティの基本情報
基本情報 住所:〒110-0015 東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F
電話番号:03-3834-2011
営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日(メールは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短3時間での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:20万円~1億円
Point 1. 個人事業主が利用できる
株式会社ウィットの基本情報
基本情報 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-7-28 第二ビル5F 電話番号:0120-31-2277 営業時間:9:00~18:00 定休日:土日
対応力 最短2時間での資金化が可能 電話のみでの資金調達にも対応
費用 手数料:5%~ 買取金額:30万~500万円
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社三共サービスの基本情報
基本情報 住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル3F
電話番号:0120-43-4140
営業時間:9:00~19:00
定休日:土日祝日
対応力 最短翌日での資金化が可能
金融業界を知り尽くしているスタッフが在籍
費用 手数料:2社間 5%~、3社間 3%~
買取金額:~5,000万円
サイト内検索
記事一覧