口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングは違法なの?判断するための知識を身につける

会社を経営している経営者の方にとって、日々の資金需要に応えるのは常に頭の痛い問題です。

いくら優秀な取引先を持っているからといって、入金までのタイムラグの間にも運転資金を融通できない限りは経営の屋台骨をゆるがしかねないからです。

不動産や預金などの十分な担保を見込めないときでも、資金需要を充足するのがファクタリング取引です。

ファクタリング取引の意義と違法性について

ここで本来の語義を確認しておきましょう。

ファクタリング取引とは、取引先に有する売掛金債権などを支払い期日前に専門業者に償還請求権無く売買することを指しています。

こうすることで会社や事業者は支払い期日前でも資金を確保することができ、他方で専門会社は手数料などで収益をあげることになります。

ここで問題になるのは、銀行などの金融機関でもないのにお金を融通するのは出資法などの関係法規に違反しないのか、違法性についてです。

結論から先に言うと、ファクタリング業を取り扱うこと自体は違法ではありません

なぜならこの取引の実態は債権を売買することに他ならないからです。

これは「債権譲渡」と言う法律行為がなされているということです。

債権とは相手方に何らかの行為を要求することを正当化する権利のことです。

そしてこの債権は譲渡を禁止する特約がないかぎり、原則として自由に譲渡することができます。

例えば日常生活で店舗で食べ物などを購入するのとさほど変わりません。

ただ売買の対象が、ある人に対する売掛金を回収できる権利を対価を支払って売買しているだけのことなのです。

本来であれば支払い期日の到来を待たなければ売掛金を現金で回収することができません。

これに引き換えファクタリング取引では、債権を現金でやり取りするので迅速に運転資金を確保することができます。

特に担保となるべき資産を有していないときでも、取引先の信用性さえ十分なら運転資金などの資金需要を充足することができるのがメリットです。

ファクタリングを装って貸金業法など違法性が問題になった事例

しかし他方で、ファクタリング取引を装って、違法性が問題になる行為に手を染める業者が存在するのも事実です。

お金を扱う事業なので、その取引には違法行為が媒介する余地があります。

そこで違法性が争われた事例を検討してまいりましょう。

一番問題になるのは、出資法違反や利息制限法違反の可能性です。

実際に事件になった事例では、業者がファクタリング取引を装いながら、高額の現金を貸し付けて法外な利息を請求していたというものです。

このような事例でポイントになるのは、捜査当局が取引の実態について、債権を担保に金銭を貸し付けたと判断した点にあります。

大阪地裁ではこのような事件について、ファクタリングを偽装した闇金融に他ならないと判断し、被告人に有罪判決を言い渡しています。

つまり金銭を貸し付ける事業が実態として取られているにもかかわらず、無登録のまま営業を行った点に違法性があると判断されたわけです。

もうひとつ問題になりえるのは、利息制限法です。

つまり登録の有無にかかわらず高額の利息を設定して利益を収受することが利息制限法との関係で違法性が問題になるわけです。

この点についても大阪地裁が民事裁判で、利息制限法違反を認定しています。

このように考えるとファクタリングで運転資金を確保するについては、信頼できる専門業者に依頼することの大切さを痛感させられます。

法外な利息を請求されたりすると回復困難な事態に陥ることも想定されるからです。

ファクタリング業者を騙る悪徳業者の被害に遭わない為の注意点

そこでファクタリングを装った悪徳業者を利用することのないように、注意するべきポイントを検討してみましょう。

言うまでも無く法外な手数料を設定するような場合は、利用するべきではありません。

例えば60万円を融通したところ、月末までに100万円を支払うと言った事例です。

このような取引は売掛金を担保にした違法な金銭の貸付行為です。

この取引は高額な貸金契約に他ならないと判断される公算が大きいです。

また契約書自体が存在しない、あるいは一度の取引ごとに契約書を破棄するなどの行動に出る業者も要注意です。

やましいことが無ければ別に契約書を破棄するまでも無く、できるだけ文書で取引の内容を保管しないと言うのは、何らかの法律違反などを意識しているからと推測されます。

契約書は当事者間で適法な取引が行われたことを判断するために作成されるものなので、安易に破棄せず保管することは重要なのです。

注意が必要なのは、債権の一部を譲渡している場合です。

このような状況では残部の債権を担保にして金銭を貸し付けていると評価できるので、ファクタリングではなく融資と判断されます。

こういった取引の実質は高額な闇金融の可能性が高いと評価できます。

ファクタリング取引は、信用できる取引先がある限り柔軟な資金需要に応えることを可能にします。

一般的な銀行などの融資審査とは異なり、即日対応してくれる業者もあるほどです。

しかしファクタリングを装った業者に依頼することのないように注意が必要です。

サイト内検索
記事一覧