口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングの大手会社を比較

大手のファクタリング会社を比較するポイントには様々なものがあります。

手数料や対応スピードの他に取り扱い業務や営業時間、運営実績などを比較検討することが重要です。

また大手ファクタリング会社の中には法人だけを対象としているものや、営業エリアが地方に限られているものなどがあります。

その他にも各ファクタリング会社ごとに異なる特徴が存在します。

ファクタリングの仕組みと手数料について

ファクタリングとは企業が保有している売掛債権を業者が買い取って資金を提供する仕組みです。

本来の債権の支払い期日よりも前に資金調達することができます。

すぐに運営資金が欲しい場合に便利な仕組みです。

日本では主に中小企業や個人事業主がサービスを利用しています。

ファクタリングには2社間契約と3社間契約があります。

2社間契約の当事者は業者と債権者だけです。

債権者は業者と契約を締結して資金提供を受けます。

債務者から売掛債権の支払いを受けたら、業者に支払います。

この方法では売掛先の債務者が当事者になりません。

債務者に通知が行われることはなく、資金繰りが困難になっていることを知られる心配も不要です。

ただし2社間契約では債権者が受け取った金銭を業者に支払わない可能性があります。

業者はリスクを背負うことになるので手数料は高額です。

一般的な大手ファクタリング会社における2社間契約の手数料は売掛債権額の10%から20%ほどとされています。

3社間契約は業者と債権者、債務者が当事者になります。

売掛金は債務者から業者に直接支払われるのが特徴です。

この方法だと業者のリスクが小さいため手数料は小額ですが、債権者の資金繰りが悪化していることを債務者に知られることになります。

そのため3社間契約よりも2社間契約を利用するケースの方が多数派です。

大手のファクタリング会社には2社間契約と3社間契約の両方か片方のみを扱っているものがあります。

大手ファクタリング会社の種類について

ファクタリング業者には様々なものがあります。

2社間契約と3社間契約の両方を行うものだけでなく、片方を専門的に行うケースも見られます。

3社間契約であれば業者の背負うリスクが小さいため、手数料は売掛債権額の1%から5%ほどで済みます。

手数料は安いものの、債務者も当事者になるため資金繰りについて知られてしまうというデメリットが存在します。

債権者が資金繰りについて債務者に知られても問題がないのであれば、手数料の安い3社間契約を選ぶほうが経済的です。

3社間契約を専門とする業者も存在しており、手厚いサポートを受けることができます。

契約について債務者に説明を行う必要がありますが、業者の担当者が同行して説明を行ってくれるので安心です。

2社間契約の手数料は一般的に10%から20%ほどとされています。

2社間契約を扱う業者の中には手数料の上限を約10%に設定しているものがあります。

上限が設定されているので費用を抑えることができます。

一般的な2社間契約の手数料は20%ほどですが、上限が設定されていない業者も存在します。

上限が設定されていない場合は、実際に見積りを依頼してみないと具体的な手数料が分かりません。

上限のある業者と比較して審査は緩やかに行われますが、複数の業者に見積りを依頼して比較検討する必要があります

大手ファクタリング会社は買取可能な債権額にも違いが存在します。

100万円以下の債権を取り扱うものや、上限が存在しないものもあります。

買取を希望する債権額に応じた業者選びが重要です。

大手ファクタリング会社を比較するには

大手ファクタリング会社を比較するポイントとしてまず重要となるのは取り扱っている業務です。

3社間契約であれば2社間契約と比較して手数料を大幅に抑えることができます。

また運営実績も重要なポイントです。

長年にわたって活動を行ってきた実績がある業者であれば、安心して取引を行うことができます

2社間契約の手数料は売掛債権額の10%から20%が相場とされています。

年商が1億円以上であれば15%以上、5000万円から1億円未満であれば18%が目安です。

5000万円未満の場合は20%以上が相場になります。

特に2社間契約では売掛先の信用力が重視されます

条件が良いにも関わらず手数料率が30%を超えていたり、一般的な相場より極端に手数料が安い業者には注意が必要です。

良心的な業者であれば契約段階までに具体的な手数料を明示してくれます。

また予定されていた額以上に手数料を請求されることはありません。

大手のファクタリング業者の中には即日での融資に対応しているものもあります。

またメールや電話で24時間対応している業者も存在します。

個人事業主がサービスを利用するには、業務対象となっているかどうか確認が必要です。

業者の中には法人だけを業務対象としているものもあります。

多くの業者は日本全国を営業エリアとしていますが、中には九州など地方に限定されているケースも見られます。

信頼できるファクタリング会社を選ぶことでスムーズな資金調達が可能となります。

サイト内検索
記事一覧