口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングとABL(売掛債権担保融資)の違いを解説

事業性資金を素早く手に入れる方法として個人事業主や法人の経営者などに度々利用されているのが売掛金を資金化するファクタリングになります。

売掛債権を利用して資金調達をする方法としてはABL(売掛債権担保融資)が有名ですが、これらにどのような違いがあるのでしょうか。

詳細について解説を行っていきます。

ファクタリングとABL(売掛債権担保融資)の相違点

ファクタリングもABL(売掛債権担保融資)も売掛金を利用して事業性資金を調達するため、一見すると同じ性質を持っているように考えられがちですが、契約内容や資金調達の方法は全く異なるため違いをよく理解し、シーンごとに最善と考えられる方法で資金調達を行うことが重要となります。

両者の最も大きな違いは売買契約をしているか融資契約をしているかという点になります。

ファクタリングは自社の売掛債権をファクタリング会社に売却する売買契約であるのに対し、ABL(売掛債権担保融資)は売掛債権を担保として金融機関から融資を受ける融資経契約に該当するため、そもそも契約の根本が異なっているのです。

両社とも審査はあるものの審査の基準も大きく異なっており、資金化までの期間も異なっています。

またファクタリングは売買契約であることから、万一契約後に取引先が倒産して売掛債権が不良債権となった場合でも、業者から不良債権分の金額を請求されることはありません

一方で売掛金を担保として融資を受けた場合、もしも売掛債権が不良債権化してしまった場合には融資を受けた金融機関から不良債権化分の金額分の請求を受けることになり、請求された分の金額を支払う義務が生じます

特に売掛債権が不良債権となった場合の対応が大きく異なるため、低リスクで売掛債権を資金化したいと考える場合にはファクタリングを利用したほうがより低いリスクで事業性資金を確保できると考えられます。

ABL(売掛債権担保融資)のメリットとデメリット

ファクタリングとABL(売掛債権担保融資)の違いを理解したところで、ABL(売掛債権担保融資)を利用することのメリットとデメリットを解説していきます。

売掛債権を担保にして融資を受ける場合の最も大きなメリットと考えられるのが、手数料の安さです。

一般的に融資を受ける場合には金融機関に手数料や利息を支払う必要があるのですが、ファクタリングの手数料と比較すると、融資のほうが手数料が安いケースが多いため、できるだけ節約しながら事業性資金を得たい場合には、ABL(売掛債権担保融資)の方が向いていると考えられるのです。

一方で融資を利用する場合のデメリットとしては審査が厳しい点が挙げられます。

売掛債権を担保とする融資であれば基本的には取引先の経営状況を審査し問題がなければ融資を受けられそうなものですが、自社の経営状況もチェックされるため、もしも赤字経営をしていたり税金の滞納などがあった場合などには融資を受けられない可能性が高いのです。

また創業して間もない法人であったり事業を開始して間もない個人事業主なども融資を受けにくくなっているので、売掛債権は十分にあるけれど金融機関から独自に信用を得られない場合には利用しにくい側面があります。

経営状態が盤石であったり、金融機関と既に一定の取引を行っている場合には利用しやすいのですが、そうでない場合には審査完了までに時間がかかる上に本当に資金がなくて困っている経営者が利用しにくいのです。

ファクタリングのメリットとデメリット

ファクタリングの大きなメリットとしてまず挙げられるのが資金化までのはやさです。

融資の場合は申し込みを行ってから、取引先の経営状況に加えて自社の経営状況まで調べた上で審査を行うので、審査完了までに時間がかかってしまいがちです。

一方でファクタリングの場合は自社の経営状況などはさほど厳しく調査されないため、自社の経営状況が多少苦しくても利用できる可能性は高いですし、最短で申し込みをしてから即日審査が完了し、わずか1日で資金化できる業者も多数存在しているので急いで事業資金を得たい場合には非常に便利なのです。

一方でデメリットですが、3社間取引を行った場合には、取引先にファクタリングを利用して資金調達を行ったことが知られてしまうことが挙げられます。

大別すると自社と業者だけで売買契約をする2社間取引と取引先にも連絡して売買契約を結ぶ3社間取引があるのですが、3社間取引では取引先に通知をするため、場合によってはその後の取引先との取引がし難くなる恐れがあります。

2社間取引であれば取引先に連絡が行くことはありませんが、その分3社間取引と比較して手数料が遥かに高くなってしまうので、サービスを利用するメリットが薄れてしまうのです。

サイト内検索
記事一覧