口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングとはなに?


企業にとって活動していくためにはどうしても資金が必要です。

資金を得るためにはある程度のリスクが必要になります。できれば、低リスクで資金を調達したいです。リスクの少ない資金調達法としてファクタリングがあります。

このサービスを提供する会社も増えています

資金を調達するためにサービスを提供している会社を選ぶ

低リスクで資金を調達するためには責務買取をしてもらえる会社が必要です。企業が提供した商品やサービスには売掛金が発生します。中には未回収のモノも存在します。これを買い取るサービスを責務買取といいます。売掛金には支払い期日がついています。支払い期日がこないと売掛金は回収することができません。支払い期日が長いと資金繰りが苦しくなります。

そこで責務買取してくれる会社のサポートが必要です。しかも、これらサービスを行っている会社には特徴があります。勿論、デメリットもメリットもあるのでそれぞれの会社の内容をしっかり見極めておきましょう。ちなみにこのサービスは法人だけでなく個人事業主も利用が可能です。なので、どんな経営者にとっても強い味方となってくれます。

企業の中には赤字や債務超過、税金滞納などの問題を抱えている場合があります。そんな企業でも親身になって相談に乗ってもらえます。話は変わって企業を設立したばかりでは資金繰りが大変です。責務買取をしてもらえる会社を利用すれば、設立したばかりの会社でも資金調達が楽になります。つまり、企業を立ち上げたばかりで銀行の融資を受けられなくても利用が可能だからです。そして、利用するなら24時間いつでも申し込める会社に人気が集まっています。その理由はいつ資金が必要になるか予測がつかなくても対応できるからです。

利用する前に事前に知っておくこと

まず、ファクタリングとは欧米では、ポピュラーな資金調達手段になります。なので、サービスを行っている会社は欧米の企業にとっては重要な役割と持っています。ただし、日本ではあまり普及していませんでした。理由は手形という支払いが先に普及したからです。その結果、手形が支払いのメインとなり責務買取というシステムが浸透していかなかったからです。

それに売掛金を他社に譲渡することは取引会社に資金繰りがうまくいっていないのではないかと危険視されます。勿論、資金繰りがうまくいかない会社と率先的に付き合う会社は存在しません。つまり、資金繰りの状況を取引先に悟られてはいけません。それは相手との信用にも影響します。これらの事情から買取責務が資金調達方法として利用していなかったわけです。

現在、ファクタリングは中小企業の資金調達方法として普及し始めています。決め手となったのは平成17年10月3日に「債権譲渡の対抗要件に関する民法の特例等に関する法律の一部を改正する法律」が施行された結果です。要するに売掛金がA社からB社へと譲渡したことを法的に証明できるようになったからです。しかも、責務買取というサービスを提供している会社は大手銀行傘下にも存在します。しかし、あくまでも会社の内容を確認してから活用しておくが重要です。

少額投資をしてくれるサービスを提供してくれるのは

少額投資はファクタリング会社から見ると敬遠したい案件になります。何故なら、回収できる金額が低額で会社の利益を上げるにはうまみを感じられないからです。ただし、中小企業にとっては必要な時に少額投資してもらえる会社が理想的です。とはいうものの、少額投資に対応できる会社は少数派です。理由は手間に比べてリターンが薄い点でしょう。ちなみにサービスを提供する会社の手順を見てみましょう。問い合わせてその後、審査があります。査定後、契約書類作成し入金処理、売上入金となります。この手順は金額が少額となっても同じことです。例えば、10万円を掛け目20%で買い取ってみましょう。その結果、売上金は2万円です。これでは経費などを差し引いても利益が残るどころか赤字になってしまいます。ですが、少額でも対応する会社は別に薄利多売で受け付けてくれるわけではありません。つまり、少額投資で実績を使い次の増加取引に利用します。

また、銀行の融資の審査はローンの介入です。ビジネスローン、商工ローンの借入の存在は銀行の融資姿勢の悪化の原因になります。ただし、責務買取の場合は決算書に表示しません。その結果、銀行の融資審査に影響がありません。銀行の融資審査に影響がない代わり、責務買取の場合は手数料が必要になります。さらにデメリットとしては大手企業が参入していません。といっても、大手銀行の子会社は参入しています。参入していても規模はそんなに大きくありません。結局、コマーシャル展開もしていないので、知名度が低いのもデメリットの一つといえます。

売掛金を他社に譲渡しているので、貸金業法と違うサービスになります。さらに手数料は契約の前に設定されます。なので、それ以上の費用を請求されるわけではありません。何社も同じサービスを提供しているので、何社かを同時に比較してから利用してみましょう。

サイト内検索
記事一覧