口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングの審査について

公開日:2019/09/03  

ファクタリングの審査についての画像1

会社の資金調達の際にファクタリングを利用する場合は、金額や利用する側に問題がないかどうか審査が行われることが多いです。この記事ではファクタリングの審査の流れや基準、どのような部分を見られているのか等、紹介させていただきます。

【審査の流れ】

ファクタリングの審査についての画像2

まず、ファクタリング会社に資金調達を依頼する際には必ず申し込みをしなければなりません。最近では即日で完了するような審査を行っている会社もあるようなので銀行融資の審査とは異なるようですね。

WEBの申し込みフォームや電話などがありますが、確認しながら申し込める利点からWEBの申し込みフォームを利用することをおすすめします。

さて、申し込みが完了したら次は仮審査になります。

この段階での審査方法は、ほとんどの会社で電話による聞き取り調査となります。そこでは、調達したい希望金額や会社の売り上げがどのくらいか、調達した資金の使用の用途などの聞き取りが主です。

そこではまだ詳細な数字などを伝える必要はなく、大まかな数字を伝えます。この時点では、その会社が実態のある会社か、売掛金が発生している取引先などが存在するのかなど、
申し込みの内容と整合性が取れているか
ということを確認する段階ということです。

この仮審査を通過すると、次は必要書類の提出を行います。
おもに仮審査のときの情報が虚偽ではないことの確認のために行われます。

その際に必要な書類は、以下のものが例として挙げられます。

・会社概要がわかる書類
・決算書(過去のもの)
・現在までの資金繰りについてわかる資料
・売掛金が証明できるもの(発注書・請求書・契約書など)
・税金や社会保険に関する書類

※各会社により必要書類は異なるので必ず確認するようにしましょう。

全て揃えた上で直接持ち込んだり、郵送などで送付して返答を待ちます。
※会社によっては直接面談を行い審査することもあります。

この後、契約に至った場合、ファクタリング会社の指示に従って契約を結んで完了です。

【ファクタリング審査の基準】

ファクタリングの審査についての画像3

明確な審査の基準についてはファクタリング会社によって異なりますが、ここでは一般的な審査の基準について説明します。

まず最初に状況の確認から行われ、以下の項目が明確であることが必要です。

  • 売掛金の有無
  • 取引先の会社からの信用(3社間の場合)
  • 自社の状況

ちなみに、個人事業主のファクタリングの場合、法人向けの売掛金が必要です。照会される情報は、経営状態はどうなのか、事業主が会社の経営状態を把握しているのか、個人事業主でないのか、こうした内容です。

また、そのほかに必要な項目としては以下のものがあげられます。

・売掛金をちゃんと回収できるのかどうか

売掛金があるにもかかわらず、それが回収されたとしても
差し押さえのリスク
も考えなければなりません。例えば、売掛金を所有している方の会社が、会社の土地の賃料を支払っていないとします。

一回ぐらい支払わないのであれば差し押さえを受けることはありませんが 3カ月から4カ月連続で支払わない場合には、差し押さえを受ける可能性があります。この場合、売掛金そのものが差し押さえられてしまう可能性がありますので、ファクタリング業者自体は売掛金を回収することができません

つまり回収前に国に没収されてしまいます。もし、ローンの支払いや賃料の支払いなどが滞っている場合には、審査に通りにくい材料となりますので確実に返済している状態でファクタリングを申請する必要があります。

・売掛金の属性を理解しておく

商品を購入した会社の財政状況によって審査が通りやすいかどうかが変わってきます。いくら、商品を売却した業者の財政状況に問題がなくても取引をしている相手の会社の財政状況に問題があれば不利に扱われると考えてよいです。

ちなみに、これを調べるには行政機関が所有している登記情報で売掛金を支払い確認することが可能になります。

併せてこちらの記事もお読みください。・ファクタリングの審査基準とは?

【直接面談の際に気をつけること】

ファクタリングの審査についての画像4

電話や書類での仮審査が終わったら直接ファクタリング会社にいって面接する場合も会社によってはあります。ここでは、その会社が虚偽の書類を提出していないかどうか、本当に信頼できる会社かなどといったことを直接対話によって確認します。

特に虚偽、および間違った情報を申告していないかどうかということは厳しくチェックされます。なので提出された書類との整合性や、経営者の危機管理能力などを対話によって確認するのです。

また、経営者や担当者の人柄という点もよく見られる点の1つです。

・対話力が審査の決め手となることも

いざ、面談において必要な対話力とは、きちんと会社の状況を伝えられるということだけではありません。そもそも対話力とは、相手の言葉をしっかりと受けとめて、自分の思いと突き合せた上で返す力ということです。つまり、相手の話をきちんと聞くことができて、それに対してしっかりとした返答ができるということが非常に大事です。

例えば、一刻も早く資金が欲しいからと言って相手を遮るように話す、次何を話そうかということで頭がいっぱいになり話をよく聞いていないなどのことがあっては相手に良い印象を与えないでしょう。この面談は落ち着いて、相手の目を見てしっかりと自身の思いなどを話すというコミュニケーションの基礎を問われる場でもあります。

コミュニケーション能力がなければ、取引先などとの信頼関係も期待できないと予想されることが多いです。ファクタリング会社は、その性質から資金を調達しようとする会社はもちろん、取引先がその会社と長期間継続的な取引を続けていけるかどうかという点を気にします。

この他にも、ファクタリング会社の担当者が自分よりも明らかに年下の場合に、横柄な言葉遣いになってしまわないように気を付けておきましょう。

・見た目は重要視される?

面接というものは短時間で相手のことをできるだけ理解する必要があります。
そのため、その人の服装や話し方などを見て、本当に契約してもよいかどうかが判断される時もあります。

一般的にはファクタリングの審査の時はなるべく誠実そうに見える服装をする方が良いと言われています。なぜなら、短時間で自分のことを信用してもらわなければならないので、適当な服装をしているよりはしっかりとした服装の方が良いからです。

だからスーツを着用することは非常に無難なのですが、少しだけ例外もあるということを知っておきましょう。例えば、会社勤めの人の場合はスーツがその人の正式な服装ですが、建築業界で働いている人の場合は、作業着しか着ないという人もいるはずです。その場合は、無理にスーツを着てしまうのではなく、いつもの作業着を綺麗な状態にしてきても良いでしょう。

ただいつも通りといっても汚れている状態にしておくのは良くないので、まずは綺麗に洗濯して衛生的にしておきます。また普段スーツではない服を着ている人は、いつもの服の上にジャケットを羽織るだけでも良い場合も多々あります。

ただノーカラーとなってしまうとあまり良い印象を与えない可能性もあるので、その点には十分気をつけるようにしなければなりません。

サイト内検索
記事一覧