口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングの審査方法とは?種類はある?

ある会社が商品を別の会社に売却し売掛金を持っている場合、その売掛金はすぐに現金化されません。

現金化されるためには3カ月程度の時間がかかることも多いです。

このあいだ、現金が必要になった場合どこかから借りる必要がありますが、十分な担保がなければ銀行は貸してくれないでしょう。

そこで、ファクタリングを利用する方法があります。

この場合でも審査がありますので、どのような場合に利用できるかを理解しておかなければなりません。

 

売掛金の種類は確実に見られるため要注意

審査の基準の一つですが、売掛金の種類は確認します。

例えば、売掛金の中にも突発的に発生したものと定期的に発生したものの2種類があるでしょう。

突破的に発生した場合には、毎回十分な返済がされているかどうかはわかりませんので不利に扱われることがあります。

もちろんそれだけでマイナスに評価されることはありませんが、総合的に判断した場合、有利に働きにくいでしょう。

ですが、定期的に発生している売掛金の場合は、毎回回収ができているならば今回も確実に回収できる可能性があると考えられます。

そうだとすれば、ファクタリングを利用できる可能性が高まるでしょう。

ですが、いくら定期的に売掛金が発生している場合でも、季節性の激しい場合には未回収のリスクを業者は考慮しなければなりません。

そうすると、若干審査に通りにくくなる可能性も否定できないです。

いずれにしても、ファクタリング業者が回収しやすいかどうかで判断していると考えてよいでしょう。

もう一つは、二重譲渡の危険性もあります。

ファクタリングも2社間で行われるものと3社間で行われるものの2種類があります。

このうち3社間で行われるものは、債権譲渡をして売掛金を譲渡することになりますので二重譲渡の可能性はほとんどありません。

ところが、2社間で行う場合には債権譲渡が行われませんので二重譲渡の可能性も否定できません。

どちらが有利に扱われるかといえば3社間になります。

 

差し押さえのリスクや売掛金の属性も見ておく

売掛金があるにもかかわらず、それが回収されたとしても差し押さえのリスクも考えなければなりません。

例えば、売掛金を所有している方の会社が、会社の土地の賃料を支払っていないとします。

一回ぐらい支払わないのであれば差し押さえを受けることはありませんが 3カ月から4カ月連続で支払わない場合には、差し押さえを受ける可能性があります。

この場合、売掛金そのものが差し押さえられてしまう可能性がありますので、ファクタリング業者自体は売掛金を回収することができません。

つまり回収前に国に没収されてしまいます。

もし、ローンの支払いや賃料の支払いなどが滞っている場合には、審査に通りにくい材料となりますので確実に返済している状態でファクタリングを申請する必要があります。

もし、ローンや賃料の支払いがされていない場合でも税務署と話しをすることで差し押さえを避けることも可能になります。

この点は臨機応変に対応しましょう。

もう一つは、売掛金の属性を理解しておくことです。

つまり、商品を購入した会社の財政状況によって審査が通りやすいかどうかが変わってきます。

いくら、商品を売却した業者の財政状況に問題がなくても取引をしている相手の会社の財政状況に問題があれば不利に扱われると考えてよいです。

ちなみに、これを調べるには行政機関が所有している登記情報で売掛金を支払い確認することが可能になります。

 

依頼した側の経営者の人柄を見ることもある

あまり知られていませんが、審査をする場合には客観的なだけで判断するわけではありません。

これがファクタリングの特徴になります。

つまり、依頼をしてきた経営者の人柄を見ることが少なくありません。

経営者自体の人柄が誠実で信頼できるならば、お金を一時的に貸してもそれほど問題はないと考えます。

また、嘘や偽りのない経営をしている場合も、お金を貸しても安心できるでしょう。

ところが、嘘や偽りが多く、人柄も信頼できそうに感じなければ不利に扱われる可能性が高いです。

人柄をどこまで見るかはそのファクタリング業者によって変わってくるところですが、いずれにしても審査の材料の一つになることは間違いありません。

お金が動く前にまず面談を行います。

その面談で人柄をみられますが、いずれにしても普段から誠実に経営をしているならば問題ありません。

 

ファクタリングの審査は、売掛金が定期的に発生しているかそれとも突発的に発生したかによって有利にも不利にも変わってきます。

また、二重譲渡の危険性がないかどうかといった点や差し押さえられるリスク、それ以外にも経営者の人柄を見ることも少なくありません。

これらの内容がどの程度まで審査に反映されるかは会社によって異なりますが、いずれの基準も安心できる範囲内ならがお金を貸してくれるでしょう。

普段から、誠実に経営をしていることが重要になります。

サイト内検索
記事一覧