口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

     

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いとは?

公開日:2019/02/15  最終更新日:2019/01/15

企業は、コンビニエンスストアでお客さんが物を購入する場合と異なり商品を売却、販売してもすぐに現金化できるわけではありません。

その間、売却した側は資金がない状態ですのでファクタリングを利用してお金を調達します。

このファクタリングには2社間3社間で行うものがありますが、いったいその違いは何でしょうか。

 

3社ファクタリングの特徴は何か

3社で行う場合の特徴は、まず商品を売却した側が商品を購入した側に対して本来お金を請求しますが、ファクタリングの業者がその間に入りちょうど三角関係のような形になります。

業者の方は、商品を売却した側にお金を渡すような形になります。

この時お金を渡すといっても売掛金のすべてを渡すわけではなく、たいていは95~98%程度差し引くのが基本になるわけです。

100%渡してしまうと、業者側の儲けがまったくなくなってしまいますので若干差し引いた形でお金を渡すことになります。

逆に、業者の方は、お金をまだ支払っていない企業に対して数カ月後にお金を請求することになるでしょう。

このとき問題になるのは、お金をまだ支払っていない企業がファクタリング業者の存在を知っているかになります。

商品を購入した業者から請求されるのが普通ですが、いきなり別の業者から請求されるとなると戸惑ってしまうかもしれません。

そこで、あらかじめ債権譲渡を受けたことを支払う側に通知することになります。

これにより、お金を支払う側の企業は業者に対してお金を払う意思をして振り込むことになるでしょう。

このように、三角関係になっているのがポイントで債権譲渡する旨の通知をすることも2社間のやり取りとの違いになるといっても過言ではないでしょう。

 

債権譲渡とはいったいどのようなものなのか

3社の関係を理解するにあたり、債権譲渡がいったい何か理解をしておく必要があります。

そもそも債権とは、お金を請求する権利です。

お金を請求する権利は通常商品を売却した側にあるはずです。

逆にいえば、商品を購入した側は相手側からお金を請求されることになりますので最終的にお金を払うことになるでしょう。

債権譲渡とは、お金を請求する権利を第3者に譲渡することを意味しています。

この時、お金を支払う側に対して通常通知をしておかなければならなくなるでしょう。

これを債権譲渡の通知というわけです。

 

2社間のやり取りとの違いは債権譲渡の通知にある

では、2社間で行う場合にはいったいどのような特徴があるでしょうか。

基本的には、3社間で行う場合と似ている部分もあります。

例えば、まず売掛金が発生した段階で商品を売却した側の企業はお金を請求する権利をファクタリングの業者に売却することになります。

この点に関しては3社間と同じと考えてよいです。

その後、3社間の場合には商品を購入した業者に対して債権譲渡の通知をしてきましたが、この通知をしないようにしているのが2社間で行われる場合の特徴といえます。

そもそもなぜ債権譲渡の通知をしないのかといえば、商品を売却した側の信用を高めるためです。

債権譲渡の通知が来た場合には、通知を受けた会社はさまざまな想像を巡らせることになるでしょう。

どのような想像をするかといえば、債権譲渡をしているのだからかなり商品を売却した業者の資金繰りが怪しいのではないかと考えてしまうものです。

本来商品を売却した側の会社としては、商品を売却してからお金が入るまで2カ月ほどかかります。

それにもかかわらず、債権譲渡をするということはそれだけ早くお金を手に入れなければ経営自体が苦しい可能性があります。

つまり、債権譲渡をしてその通知を受けた段階で商品を売却した会社の信頼が失われる可能性があるわけです。

企業としては、取引をする相手に信頼がなくなってしまえばやはりこのまま継続して取引をしてよいのか考えてしまうでしょう。

今まで商品を購入していたところが倒産してしまえば、商品が流れてこなくなりまた別の業者を探さなければなりません。

そうすると、さまざまな契約上の問題点などが出てくることが少なくありません。

そこで、2社間で行うことは商品を売却した側の信頼を維持する意味があります。

そうだとすれば、信頼に関してそれほど気にしない場合やある程度大きな企業の場合は、堂々と3社間で行い債権譲渡の通知をすればよいわけです。

ですが、まだそこまで信頼のない企業や赤字が続いているような企業の場合は相手債権譲渡の通知をしない2社間で行うのがよいことがわかります。

ちなみに、2社間で行う場合には、商品を売却した側は1カ月ないしは2カ月後にお金が入ってきますが、その時にファクタリング業者の方にお金をもらった旨通知をして業者にお金を渡さなければなりません。

 

ファクタリングをする場合でも、3社間で行う場合は債権譲渡の通知が必要になります。

ですが、債権譲渡の通知をしたくない場合には2社間でやり取りする方法が考えられます。

債権譲渡の通知をする場合には、通知を受けた側は相手の業者の業績が悪いのではないかと勘繰ってしまう可能性があるため債権譲渡の通知がいらない2社間で行うことも少なくありません。

おすすめのファクタリング会社一覧

オッティのロゴ
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社オッティの基本情報
基本情報 住所:〒110-0015 東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F
電話番号:03-3834-2011
営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日(メールは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短3時間での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:20万円~1億円
Point 1. 個人事業主が利用できる
株式会社ウィットの基本情報
基本情報 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-7-28 第二ビル5F 電話番号:0120-31-2277 営業時間:9:00~18:00 定休日:土日
対応力 最短2時間での資金化が可能 電話のみでの資金調達にも対応
費用 手数料:5%~ 買取金額:30万~500万円
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社三共サービスの基本情報
基本情報 住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル3F
電話番号:0120-43-4140
営業時間:9:00~19:00
定休日:土日祝日
対応力 最短翌日での資金化が可能
金融業界を知り尽くしているスタッフが在籍
費用 手数料:2社間 5%~、3社間 3%~
買取金額:~5,000万円
サイト内検索
記事一覧