口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

赤字決算で融資を受けれないときのファクタリングの活用方法

公開日:2019/12/15  最終更新日:2019/12/17

資金繰りが苦しくなるということは、手元に自由に使える現金がなくなるということです。このような時には金融機関で融資を受けることで凌ぐというのが多くの企業が選ぶ方法になります。しかし、融資であるため会社の信用力が求められ、赤字決算となっていれば融資を得ることは難しいものです。このような時に活用されるのがファクタリングです。

赤字決算でも利用できるファクタリング

銀行など金融機関から融資を受ける場合には、その借り入れを行う会社の信用力、つまりは業績が大きく影響するもので、経営が厳しい場合には審査に通ることは難しいものです。特に業績が赤字となっていれば、はじめて取引するような金融機関であれば、まず審査に通る可能性はありません。

ハードルの低い商工ローンであっても、赤字の会社に対しての融資は慎重になるためスピーディーにお金を用意したい場合には向いていません。もちろん、赤字決算でも全く通らないわけではなく、例えば特別損失や減価償却費分といった一時的な要因による赤字であれば、審査に通る可能性はあります。

ただそれでも業績が良いことが前提であり、業績そのものが芳しくない場合には難しいものです。そのような状況下にあっても、資金繰りが苦しい場合にはお金を用意しなければなりません。用意できなければ従業員に支払う給料や、仕入れ代金や光熱費などの支払いができなくなり、営業を続けることが出来なくなります。

このような状況を回避するためにも、ファクタリングは有効な手段です。ファクタリングは売掛債権を買い取るというもので、利用会社の信用力よりも売掛先会社の信用力を見て売掛債権を現金化することができます。このため自社が赤字決算であることは関係なく、売掛債権を現金に変えることができ、それらをさまざまな支払いに使うということが可能です。

赤字でもファクタリングは利用できる

ファクタリングは、融資ではなく売掛債権の保証や買取を事業とするものです。ある程度の規模の事業を行っていると代金の支払いを後日に行うのが一般的で、その売掛金を回収する権利を売掛債権と言います。

しかし、売掛債権が多くなるということは会社としては、手元に現金が流出することを意味して、資金繰りを悪化させる要因となるものです。また支払い期日が遠ければそれだけ手元に現金が存在しない期間が長くなるもので、このような支払い期日との時間差を埋めるのがファクタリングの役目です。

なお、日本では買取をするのが一般的なイメージですが、保証をするのも重要な仕事になります。このような事から、ファクタリング会社では売掛債権の状況を見て買取が可能であるか判断するものです。重要となるのはそのお金が支払われるかで、売掛先会社の信用力をもとに手数料が設定されます。信用力が高い会社であれば手数料も低くなるもので、また買取の有無に関する回答も早くなるものです。

一方で信用力が低い会社の場合には手数料は高くなりますし、場合によっては買取を拒否されるケースもあります。また買取される金額はその売掛債権の金額の範囲内であり、基本的に売掛先の支払いを行えば問題なく取引は完了するものです。ただし、買取では償還請求権というものがあって、それが設定されていると支払いが行われないと利用会社に支払いの請求が求められるケースがあります。

赤字決算でも有効活用するには?

赤字決算でもファクタリングを上手く利用すれば、資金繰りを改善することができ経営危機を脱するためのチャンスを得ることも可能なものです。ただし、ファクタリングを利用する場合には融資以上に明確な目的と計画がなければ、そのチャンスも活かすことができません。

特別損失や減価償却費の発生によって赤字になるようになった場合には、業績そのものには影響がありませんから、売掛債権を売却してもそれほど影響はありません。しかし、業績そのものがひどく悪化している状況では、売掛債権を売却することは悪影響を及ぼします。

ファクタリングでは、手数料は安くても額面の5%から10%で、場合によっては40%というケースもあり、これは銀行融資と比べると極めて高額です。またこの手数料を支払ってでも、十分な利益を得ることができる状況にあることも条件になります。

いずれにしても、高額な手数料を支払うだけの価値がある状況であれば、積極的な活用は資金繰りを大きく改善することができますが、反対に手数料を支払うと赤字になってしまうような状況は会社の業績を悪化させることになります。

本当に一時的なものであれば、それほど考える必要はありませんが、長期的に影響を及ぼすような状況にある場合には、悪影響をもたらすリスクがあり、その点でキャッシュフロー改善と同時に行うなどの努力が不可欠です。

 

ファクタリングは赤字決算でも利用することができますが、高額な手数料の存在は返って業績を悪化させる要因になります。このため利用する時には、明確な目的と計画を立てて行うことが重要です。これらを理解した上で活用することで業績の改善につなげることができます。

おすすめのファクタリング会社一覧

オッティのロゴ
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社オッティの基本情報
基本情報 住所:〒110-0015 東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F
電話番号:03-3834-2011
営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日(メールは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短3時間での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:20万円~1億円
Point 1. 償還請求権がない!
ファクタリングのTRYの基本情報
基本情報 住所:住所:〒110-0015 東京都台東区東上野2-21-1 ケーワイビル4F
電話番号:0800-800-5541
営業時間:9:00~18:00
定休日:土日祝日(Web申し込みは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短翌日での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:30万~5,000万円
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社三共サービスの基本情報
基本情報 住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル3F
電話番号:0120-43-4140
営業時間:9:00~19:00
定休日:土日祝日
対応力 最短翌日での資金化が可能
金融業界を知り尽くしているスタッフが在籍
費用 手数料:2社間 5%~、3社間 3%~
買取金額:~5,000万円
サイト内検索
記事一覧