口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

     

少しでも悪徳なファクタリング業者と思ったらすぐに弁護士に相談しよう

公開日:2020/09/01  最終更新日:2020/09/09

ファクタリングは資金繰りを改善する有効な手段であり、中小企業を中心に世界中で活用されています。ただし、中には悪質な業者もあり、被害に遭ってしまうケースもあります。あらかじめ悪徳なファクタリングの手口を把握し、怪しいと感じたらすぐに弁護士に相談することが大切です。今回は、偽装の見分け方や弁護士への相談の仕方を解説します。

偽装ファクタリング業者の手口

通常のファクタリングは、「売掛債権を買い取る」という仕組みになります。利用者は債権を譲渡する形で資金を得ることができるものですが、偽装であってもこの仕組みは変わりません。ただ問題になるのは支払い不能になった場合で、通常であれば譲渡したあとの負債は買い取った会社が被るはずなのに、悪徳業者は利用者に無理やり買い戻させるのです。

買い取ったように見せて担保扱いにしておいて、もし支払い不能になったら売掛債権を利用者に買い戻させることで、自分は一切損害を受けつけない仕組みになっています。利用者は最初に業者に必要な手数料を支払っていますので、手数料分と回収できない債権分、すべての損失をかぶることになってしまいます。

この方式はファクタリングでもなんでもなく、売掛金を担保とした融資に該当しますので、貸金業者として登録されている業者でなければ違法行為に当たります。また、利用する側も融資だとは考えていませんから、詐欺と言っていいでしょう。

手口を知らないと資金を手に入れるどころか、手数料を取られその後のお金も入ってこないという、逃げ道のない状況に陥ってしまいます。そうなったら経営状況が悪化することは避けられませんし、こうした被害は確実に回避しなければなりません。

どうすれば悪徳業者を見分けられるのか

悪徳業者と正当な業者の見分け方は、利用する前に必ず知っておかなければならないポイントです。見分け方はいくつかありますが、まずろくに審査もせず、すぐに通してくれるような業者は要注意です。

ファクタリングは売掛金を買い取るという仕組み上、銀行融資などに比べれば審査が通りやすいのは事実でしょう。ただし当然審査は行われますし、とくに取引先の経営状況を厳しくチェックすることは基本です。

悪徳業者は先に挙げた手口のとおり、もし債権を回収できなかったら利用者に負債を負わせるつもりなので、取引先を調べる必要もありません。取引先の経営状況など重視しませんし、経営状況が悪くてもどんどん審査に通してしまうことが多いです。

苦しいときにはすぐに買い取ってくれる先に頼りたくなりますが、助けてくれるはずの相手が最大の敵になる確率が高くなります。多少審査が厳しくとも、しっかり調べて間違いのない取引をしてくれる業者と組むことが重要です。

また、悪徳業者を見分けるもうひとつのポイントが、手数料の割合です。法外に高いのかと思いがちですがその逆で、相場より遥かに低い割合で取引を持ち掛けてきます。

手数料が最初のハードルになりがちな中小企業をターゲットにしているため、まずは格安に見せておいて、後から理由をつけて手数料を積み増しする手口も実際にあります。目先の数字に飛びつくのは大変危険ですので、まずは相場を知ることも大切です。

被害に遭わないためには弁護士へ相談しましょう

悪徳業者の被害に遭わないためには、まずファクタリングの仕組みを理解すること、審査の内容や手数料の相場を知ることが重要です。また複数の業者から審査を受けるのも大変有効な手段ですので、取引先の信用度を計るためにもぜひ実施しましょう。

提示された手数料を見て、相場よりかけ離れて低い場合は避けることも大切です。通常のファクタリング手数料は10~30%程度ですので、ぜひ頭に入れておいてください。これが5%程度になることはほぼありませんので、いかに魅力的に見えても避けるべきです。

また、貸金業登録をしている業者はそれだけで社会的な信頼度は高まりますので、それもひとつの目安にできるでしょう。ただし、ファクタリングを行うのに貸金業登録が必須というわけではありませんので、そこは勘違いしないでください。

もし取引を持ち掛けられ交渉を進めていく中で、なにか怪しい、おかしいと感じることがあれば、被害を受ける前に弁護士へ相談するのが一番です。すでに契約してしまった場合でも、悪質に感じる部分があればすぐに相談が必要です。

たとえば手数料の追加要求があった、契約後に過度な取り立て行為があった、支払い不能な場合、買戻しをさせられそうだといった場合、すぐにでも弁護士へ連絡しましょう。とくにヤミ金問題に強い専門弁護士であれば心強い味方になってくれますし、被害があっても裁判で過払い請求ができる可能性もあります。

相談をスムーズにするためには、交渉や取引の内容の証拠をできる限り詳細に残しておくことです。いつどのような話をされたか、どんな要求や対応をされたか、後で立証できる資料をなるべく多く手元に持っておきましょう。

 

中小企業の資金繰りを助けるファクタリングですが、残念ながら中には悪徳業者が紛れていることがあります。引っかからないようにするためにはきちんとファクタリングの仕組みを知り、社会的信頼度の高い業者と取引する意識が重要です。

審査や手数料など見抜くポイントはいくつかありますが、交渉中でも契約後でも、おかしいと感じる点があったらすぐに弁護士に相談することが大切です。ヤミ金問題などに強い専門家であれば力強い味方になってくれるでしょう。

おすすめのファクタリング会社一覧

オッティのロゴ
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社オッティの基本情報
基本情報 住所:〒110-0015 東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F
電話番号:03-3834-2011
営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日(メールは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短3時間での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:20万円~1億円
Point 1. 個人事業主が利用できる
株式会社ウィットの基本情報
基本情報 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-7-28 第二ビル5F 電話番号:0120-31-2277 営業時間:9:00~18:00 定休日:土日
対応力 最短2時間での資金化が可能 電話のみでの資金調達にも対応
費用 手数料:5%~ 買取金額:30万~500万円
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社三共サービスの基本情報
基本情報 住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル3F
電話番号:0120-43-4140
営業時間:9:00~19:00
定休日:土日祝日
対応力 最短翌日での資金化が可能
金融業界を知り尽くしているスタッフが在籍
費用 手数料:2社間 5%~、3社間 3%~
買取金額:~5,000万円
サイト内検索
記事一覧