口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングの危険性とは?契約内容をしっかり見よう

中小企業を中心に売掛金などのようにある決まった期日に代金を受け取る予定の債権を、即日で現金化するファクタリングが資金調達の方法として利用されるケースが増えています。
このサービスを利用すれば債権をすぐに現金化して仕入れや設備投資などに活用することができるので、経営の効率化につながります。
ただし債務者の倒産などで資金が回収できない事態が発生したら、利用者に代金の支払いが求められるケースがあります。

ファクタリングを利用する際に起こるトラブルとは

ファクタリングには2社間取引と3社間取引の2種類に分けられます。
2社間取引とは、商品やサービスを納入した相手から自社受け取る予定の代金(債権)を担保にして現金を受け取る方法です。
債権の回収は自社で行い、受け取った代金をファクタリング会社に返済します。
これに対して3社間取引とは債権をファクタリング会社に譲渡し、手数料などが差し引かれた金額の現金を受け取ることができます。
債権を譲渡する場合には、債権譲渡登記という手続きを行う必要があります。

2社間取引では債務者の会社が倒産するなどして売掛金の回収ができなくなったとしても利用者にファクターに対する返済が求められます。
2社間取引は債権を担保にした商工ローンなので、手形などを発行した会社が倒産して担保価値が無くなったとしても返済義務が無くなる訳ではありません。
債務者が期日までに支払いを済ませた場合に、ファクターに返済をせずに使い込んでしまうことでトラブルが発生するケースもあります。

これに対して3社間取引はファクターに債権を譲渡するので、債務者が倒産した場合には本来受け取る予定だった代金を巡るトラブルが発生する恐れがあります。
3社間取引で債権を譲渡する場合には、契約内容に債務者が返済不能に陥った場合についての扱い方(誰がリスクを負うのか)について契約内容に含めておくことが大切です。
もしも債務者が支払い不能になった場合にファクターから代金の請求が求められると、自社も連鎖倒産してしまう危険性があるからです。

債権の回収ができなくなった場合のリスクを回避する方法

ファクタリングのサービスを利用する場合には、債務者の会社などが倒産をして債権の回収が不能になった場合の扱い方を契約内容に含める必要があります。

支払い義務を負っている債務者の会社が支払い不能に陥った場合に、「償還請求権の設定あり」の契約を結ぶとファクタリング会社は利用者に返済を求めることができます。
これに対して「償還請求権の設定なし」の契約内容であれば、ファクターは利用者に対して回収不能になった分の返済を求めることができません。
「償還請求権の設定なし」の契約であればファクタリング会社はリスク負うことになるので、手数料が高額になってしまいます。
債務者が債務不履行になる危険性が低い大企業や役所・独立行政法人などであれば、「償還請求権の設定あり」の契約を行って手数料を低く抑えることができます。
中小企業などで倒産の危険性がある会社に対する債権を現金化する場合には換金率が悪くなってしまうものの、「償還請求権の設定なし」の契約を選択した方が債務不履行によるリスクを回避することができます。
良心的なファクタリング会社であれば、契約書に償還請求権の設定の有無を明示しています。

これに対して契約書に償還請求権を記載しない会社は要注意です。
償還請求権を明示せずに再建の現金化を行って債務不履行が発生すると、サービスの利用者に代金の支払いが求められるからです。
悪徳な会社であれば契約書を作成せずに契約を結んでしまうケースもあるので、必ず書面にした契約内容を確認してから現金の受け渡しをするようにしましょう。

ファクタリング契約時に注意すべきポイント

ファクタリング会社のサービスを利用する場合には、償還請求権以外にも契約内容で注意すべき点があります。
即日で現金を受け取れるファクタリングのサービスは資金が必要な場合に非常に便利ですが、支払期日と手数料の金額を確認しておくことが大切です。

ファクタリング会社のサービスを利用することは自社が所有する債権を売って換金を行うように見えますが、法律上は事業者向けの融資(ビジネスローン)として扱われます。
これは売掛金などの債権を担保にして支払期日までの短い間に融資を受ける金融業の一種なので、差し引かれる手数料は出資法の上限金利の範囲内に限られます。
ファクタリング会社は事業者向けに融資を行う金融会社なので、金融業として登録をしなければサービスを提供することができません。
登録をしていない会社は闇金業者なので、高額な手数料が差し引かれたり契約書を作成しないケースが多いです。
契約書を作成しなければ、債権の回収が不能に陥った際にトラブルに巻き込まれる危険性が高いといえます。

ちなみに現在は出資法の上限金利は年率20%に定められていて、調査料やその他の名目であったとしても年率に換算して20%相当を超える法外な手数料が差し引かれる場合は違法行為です。

現金化の際に高額な手数料が差し引かれたり契約内容に償還請求権を記載しない・契約書自体を作成しないなどの場合は、違法な闇金業者である危険性が非常に高いので利用しないように注意しましょう。

 

サイト内検索
記事一覧