口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングの審査に影響がある「売掛債権の信用度」とは何?

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/10/04


ファクタリングを利用する場合、会社は審査のため利用者や売掛先企業などの調査を行っています。利用することができるかどうかという重要な調査で、結果は売掛債権の買取や手数料などに影響するでしょう。

審査において重要な項目についてあらかじめ把握しておくと安心です。重要視される項目として2社間と3社間では異なるので注意しましょう。

売掛先を重要視する傾向があります

ファクタリング会社が審査するのに、意識して調査するポイントがいくつかあります。重要なポイントになるのが売掛先の信用度で、譲渡された売掛債権は最終的に会社が回収することになります。そのため売掛先に代金をきちんと支払う能力があるのか確認しなければいけません。

もし売掛先の信用度が低い場合、会社にとって未回収になるリスクが高くなるでしょう。売掛先の資金繰りなどに問題がないのか、過去に売掛金未払いがないかも調査内容に含まれています。

ファクタリングは償還請求権がないというメリットがあり、償還請求権は売掛債権を譲渡した後債権回収ができない場合、利用者に代金支払いを請求することができる権利です。ファクタリングにおいて償還請求権が付帯されていないので、万が一売掛先が倒産した場合、会社は利用者に対して代金請求することができません。そのような事情から会社は売掛先の信用などを重視する傾向があります。利用者にとって後で代金請求される可能性がないので、安全・安心して利用することができるサービスです。

ファクタリング審査において売掛金の信用度が問われ、信用を確認するため重視するのは売掛金が突然発生したのか、毎月発生しているのかなどがあげられます。毎月安定的に発生する売上の方を信用度が高いと判断され、毎月発生する売上なら過去の入金状況などを確認することが可能です。入金状況が確認できると売掛金を回収できる可能性が高くなり、反対に一時的な売上があったり不定期な売上だと、信用が低いと思われるので注意が必要です。

利用者の経営状況を確認することが多いです

売掛金の信用度として二重譲渡などが行われていないか確認することが多いです。譲渡対象になる売掛債権が第三者に譲渡されている場合、債権を回収できないリスクが高くなることを懸念します。

特に2社間の場合売掛先の同意が不要なので、売掛債権が譲渡されているか確認することが不可能です。契約において二重譲渡は違法行為で、利用者が詐欺罪などに問われるかもしれません。売掛金の信用はもちろん、利用者の信用も落ちるので注意が必要です。

2社間を利用する場合利用者の信用度は重要で、2社間は売掛先が契約に関係しないので売掛金は利用会社に入金されます。資金が入金されると利用者は会社に資金を返金するので、そのため会社にとって利用者は売掛金を契約通り送金するのかというポイントを重視します。

売掛金が入金されたのに会社に送金しないと、会社が債権未回収になるでしょう。利用者の信用度調査として利用者の経営状況が確認されることが多いです。ファクタリング利用によって資金繰りがどの程度改善したり、財務状況などの確認も行われるでしょう。

経営者が財務状況を把握しているかなど、面談において質問されることが多いです。経営者が資金管理していないと、ファクタリングを使用しても資金繰りが苦しくなるかもしれません。毎月売上がどのくらいあるのか審査対象になり、審査では利用者の財務諸表や損益計算書の提出が求められることが多いです。

売掛先の情報を集めることができます

ファクタリング会社は売掛先の情報を集めますが、帝国データバンクからも入手することがあります。帝国データバンクは会社の信用力などを調査する機関で、金融機関などに情報提供を行っています。財務状況を調査したり売掛金の返済能力などがあるのか調査する民間会社で、調査は売掛先を訪問し行われることが多いです。登記情報や入札業者登録といった項目に関して調べることも可能です。

帝国データバンクの調査報告は売掛先の信用度の元となり、日本信用情報機構なども信用情報を提供しています。借入の契約内容や借入残高などを確認することができ、信用度を判断するのに便利です。これらの情報によってファクタリング会社は借入状況を把握でき、売掛先の借入残高が多かったり返済が滞っていると、信用度が低くなる可能性があるでしょう。反対に信用情報に何かしらの問題がないと信用度が高いと見なされます。

指定信用情報機関はクレジットカードを発行している会社が共同出資で設立した信用情報調査会社で、ファクタリング会社は指定信用情報機関を利用して売掛先の能力を判断することが可能です。売掛金を支払う能力があると判断されると、審査にパスする可能性が高くなるでしょう。指定信用情報機関などが扱っている情報には主にローン申込の情報や履歴、クレジット情報などが対象です。

ファクタリング会社は情報機関から売掛先の信用度をチェックするのが一般的で、売掛先が登録する登記情報も確認しています。登記簿に記載された項目は登記事項証明書を入手すれば把握することができ、企業の存在を確かめることが可能です。

 

ファクタリングを利用するのに信用度は大切な項目で、特に売掛先を重要視する傾向があります。利用者の経営状況を確認することもあり、ファクタリング会社は帝国データバンクなどを利用して売掛金の情報を収集することが可能です。信用度が高いほど審査にスムーズにパスすることができます。

おすすめのファクタリング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社オッティ株式会社SKO ファクタリングのTRY(トライ)株式会社三共サービス株式会社ワイズコーポレーション FACTOR PLAN(ファクタープラン)株式会社ビートレーディング
ポイントスピード・手数料・限度額の全てがハイクオリティ24時間いつでも申し込め最短1日で売掛金を資金化圧倒的な安さでとにかく手数料を抑えたい人におすすめ条件を満たせば最短即日での現金化が可能数億円単位での大規模な取引をする企業におすすめ
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧