口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

連続してファクタリングを行ってはいけない?

便利なサービスであれば、一度使ったらその後も使い続けようとするかもしれません。

意味があって使い続けるならいいですが、何となく使っているからと使い続けるのは良くないでしょう。

なぜ使うかの目的を決めなければいけません。

 

将来の入金を先取りしているだけ

税金の中には最終的な支払額は同じだが支払いを先に伸ばしてもらえる仕組みがあります。

準備金などを設定しておくとその時は準備金の繰入分だけ損金が増えるので税金は減ります。

しかし将来的に準備金を取り崩して利益が増えるので税金が増えます。

細かく見ると税金は微妙に異なりますが、税金の元になる利益は同じです。

ただ企業にとっては支払うお金が先になればなるだけお得で、受けるお金はできるだけ早い方がお得になります。

支払いが先になればその分を経営に使えますし、先にもらうときも同様に経営に使えます。

ファクタリングのメリットは将来的に受けるお金を早めに受けられる点でしょう。

手数料分は減りますが、数か月後に入金されるはずのお金がすぐに入れば今必要な資金需要に対応することができます。

ではこれを連続して行うとどうなるかです。

結局は入ってくるお金が増えるわけではありません。

少し減るぐらいなので、早く受けたとしても得にならない場合があります。

利用した最初の月は資金がたくさんあるように感じますが、それを繰り返すとそのメリットはあまり感じなくなってきます。

早く入金されるのが当たり前になり、その流れで仕入れなども行うようになります。

もちろん早く入金されるメリットはそれでも大きいので利用する値はあるでしょうが、将来的にも使い続けたときにそのメリットがどうなるかを考えるようにしておきましょう。

使い続けても効果があるのであれば、問題ないかもしれません。

 

手数料分の入金を失い続ける可能性

企業は資金繰りのために借入を利用するときがあります。

借入をするとその企業の資金力がアップするのでより大きな経営ができるようになります。

これをレバレッジと言い、多くの企業は借入をうまく取り入れて企業の規模を大きくしようとしています。

注意したいのは借り入れたお金は返さなくてはいけなくて、返すときには利息を支払わなければいけないことでしょう。

お金を借りてそのまま返すとしたらただ利息を払っただけになり、利息分の資産を失うことになります。

利息を超える利益を生み出す事業に使うための借入なら問題ありませんが、そうでなければ無駄な借入になる可能性があります。

借入以外に資金調達としてファクタリングがあり、連続して行っても良いかどうかがあります。

ポイントは得たお金をうまく活用できているかどうかになるでしょう。

得たお金で通常よりも早く仕入れの支払いをするのであればその分売上や利益がアップします。

手数料以上の利益を続けられているなら、毎月のように行っても良いでしょう。

しかし単にお金を早く回収したいからと使うだけだと毎月手数料分だけ損になります。

業者と契約をするときに単発で行うのか、将来も継続的に行うのかを決めるかもしれませんが、安易に継続する契約にしない方がいいでしょう。

まずは単発で行って資金繰りの健全化に役立てるようにしましょう。

もし継続的に利用することで業績アップができるなら、そこで継続利用の契約をするようにしましょう。

 

常にお得な業者を選定した方が良い

資金需要があるときには銀行以外にファクタリングサービスを行ってくれる業者の利用をするかもしれません。

いきなり利用できるわけではなく、利用前には申し込みをして審査なども受けます。

契約書を交わしてやっと利用できるようになります。

将来的に連続して利用するとなると、契約のし直しをしなくていいので毎回同じ業者を使うようになるかもしれません。

しかしもっとお得な手数料やサービスで利用できるところがあるかもしれません。

さすがに毎月業者の選定をしたりするのは大変かもしれませんが、一定期間ごとに業者の見直しをする余裕が必要です。

そのためにも継続的に利用するのは控えた方がいいでしょう。

どうしても資金が足りなくて使うときがあったら、それ以降しばらく問題がなければ使わないようにします。

そして新たに使いたいときはその時点で有利になる業者に依頼をするようにしましょう。

定期的に業者を見直せば、コストも下げられるでしょう。

 

売掛金の買取りをしてもらっても受ける金額が増えるわけではありません。

むしろ手数料分が少なくなります。

支払う手数料以上の利益が出る投資に使うならどんどん使ってもいいでしょうが、それ以外に継続的に使っても意味がありません。

サイト内検索
記事一覧