口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

建設業の資金調達ならファクタリング

建設業では売掛金が高額になりがちで、支払いサイトが長いことから事業資金不足に直面する可能性があります。
このような事態を解決する方法には銀行からの融資を受ける方法があります。
しかし審査にある程度の時間が必要なので急な現金需要には対応しきれない部分があるのは否定できません。
このような時にお勧めしたいのがファクタリングになります。

入金するまでの期間が長いという特徴がある

建設業では売掛金が回収されるまでの長いタイムラグがあるのが一般的です。
この点は法律による規制も行われているほどで、発注者から出来高払いや竣工払いを受けたときには、その工事についての下請け代金は30日以内に支払う義務を負うとされています。
更に一定以上の規模をもつ元請事業者は、下請人から工事引渡しがあったときは50日以内に下請け代金を支払わなければならない訳です。

しかしこのような規制が有効に機能するとは限らず、実際には翌々月まで支払いを待たされることも決して珍しいことではありません。
仮に元請の要請を断れば、次回以降の仕事の受注に悪影響が出ることも懸念されるであろうことから、多くの下請けでは支払いまでの長いサイトが存在することになります。
このような行為は独占禁止法で「優越的地位の濫用」として規制対象にはなっていますが、その制裁にしても名目的で実効性があるものではありません。例えば優越的地位の濫用にあたると行政当局が判断しても、請負代金の1%が制裁金として支払うだけのことです。
実際には元請と下請の絶対的な力関係を前提にすれば、ほとんどが泣き寝入りになっているのが現状です。

また、決済手段で手形が利用されることが多いのもこの業界の特徴です。
手形になれば支払サイトはさらに長期化し、4ヶ月先などの手形も珍しくなく不渡りになるリスクもあります。
このようなことから建設業界では事業を維持するための運転資金を常に必要にしていると言って間違いありません。

建設業で資金を調達する方法について比較

このような事態に対処する方法には、金融機関から融資を受ける方法と、ファクタリングを利用する方法の大別して2つの方法があります。

銀行などの金融機関からの融資を受けることができれば、融資金を経営に利用することができるので急場を凌ぐことができます。しかし銀行からの融資を受けるには審査を通過しなければならず、短期のスパンでの融資を期待するのは難しく、赤字経営であったり税金を滞納していたりすると、審査すら通過しない公算が高くなるのです。
融資を通るには事業成長率や営業利益率が借入金の利率を上回ることが必要になります。
つまり金利以上の成長を見込めなければ、たとえ黒字営業でもトータルでは赤字企業と判定されて融資の審査を通過することができない事態もありえるのです。
このようにみると融資で運転の為の現金を用意するのは、不向きと判断せざるを得ません。

これに対してファクタリングでは、審査はスピーディーでなかには当日対応してくれる業者もあります。
売掛金の取引相手の信用性さえクリアできれば、自身の会社の経営状態に関係なく審査の可否を決することができます。
また、借入金は負債の増加を意味するので財務状態の悪化を招きます。
これに対してファクタリングは売り掛け債権の売買になるので、負債の増加にもつながらないわけです。
しかも償還請求権なしで売買されるのが通常なので、売掛金を負う取引先が倒産しても未回収のリスクを背負い込むこともありません。

建設業では2社間ファクタリングが適しています

ファクタリングには幾つかのスタイルがあります。
ここで問題になるのは、ファクタリングを利用した事実が取引先に伝わることで、経営状態や信用状況に悪影響を与える可能性があるという点にあります。
ファクタリングでは売掛金という債権の売買を行うことになりますが、このとき取引先には譲渡を行った事実を通知することが必要になるわけです。
このスタイルをとるとファクタリングを利用している事実を取引先が知ることになります。

そこで推奨したいのが2社型のファクタリング取引です。
売り掛け先の相手方には知られること無く、資金を融通することが可能になります。
なぜならファクタリング契約には売掛金回収代行契約を行っておくことで、売り掛け先にとっては単に売掛金の回収代行の事実だけが知られることになるからです。

それではどのような基準で利用するべきファクタリング会社を選べばいいのでしょうか。
まず確認すべきなのは、審査の期間です。
最短で当日対応の場合もあれば、入金まで2週間から1月程度かかる業者もあります。スピーディーな資金需要を充たすためには、審査までの期間の短い会社を選ぶのがポイントです。

また、建設業での売掛金は事業の性格上、高額な債権になりがちです。
ファクタリング会社ではそれぞれ取扱額の上限を設定しています。売却予定の売掛金がファクタリング会社の上限額を超えていないかも、事前にしっかり確認しておくことが大切です。

 

サイト内検索
記事一覧