口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

工事請負代金債権ファクタリングで解決できる資金繰りの悩みとは

公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/09/13

ファクタリングは売掛債権を現金化することができるサービスになります。メリットは売掛金を減らすことができるため、資金繰りを改善することができ、またファクタリング会社が売掛先を調査することで、その相手の信用度も推し量ることができることです。

そして土木・建設などの工事請負代金債権はファクタリングを利用するのに適しています。

土木・建設業界で起こる資金繰りの問題

土木・建設業界では他の業種と比べても資金繰りについて十分に考えなければなりません。基本的に資金繰りは単純にお金の管理ということになりますが、人を雇って行うような会社となった場合には経理もしっかりとしておく必要があります。

このため帳簿付けが欠かせないものですが、帳簿に計上された時点で、売上が発生しています。また支払いについても同様であり、すべての管理は帳簿上に記載された時点であり、実際に起こる入出金とはまた別の話になります。

もちろん現金決済で、その場でお金の支払いを行っていれば、帳簿と現実のお金に違いは発生しませんが売掛で取引をするような場合には、その差が必ず発生します。特に土木・建設業界の場合には、請負を行って代金が決定した時点で支払われる金額はほぼ決定し工事請負代金債権となるものです。

ただ土木・建設での工事は完成するまでに相応の時間がかかりますから、決定した金額から期間に応じて、前払金・中間前払金・部分払い金などが支払われていきます。もちろん、その範囲内で資金繰りをすれば良いのですが、前払金が少ないというケースも珍しくありませんし、受け取った金額では足りないというケースもあるものです。

さらに大抵の場合には材料や機材を購入しなければならず、手元で自由に使える資金が少ないときは資金ショートを起こしてしまうリスクもあります。

資金繰りを円滑にするためには?

資金繰りを円滑にするためには、基本的には資金管理が重要です。実際に資金が不足することが予めわかっていれば、前払金を多く出してもらえるように交渉することも出来ますし、ファクタリングを含めた資金調達の方法を用意しておくことが可能になります。

土木・建設業での資金繰り管理については、一般的には1週間単位で行われるものです。それ以外の業界では1ヶ月単位で行われるケースが多いですが、これは安定した流れがあるためですが、土木・建設業の場合にはお金の流れの量が1日単位で大きく変化します。

厳密に行うのであれば1日単位で行うものがベストですが、事務の手間が掛かるのが難点です。また請け負った仕事ごとに管理していくのも方法になります。 いずれにしてもお金の流れを把握して、いつに入金があり、またいつ出金があるのかを理解しておくことが資金繰りを管理する上では欠かせません。

特に気をつけたいのが給料日とその他の代金の支払日です。従業員を雇っている場合には給料日には、給料を出さなければなりませんし、機材や材料を購入した代金の支払いも行わなければなりません。これらが滞ることは信用を失うことになりかねず、今行っている仕事に悪影響を与えるだけでなく次の仕事を得られないというリスクがあるためです。

また、それまで売掛で機材や材料を調達していたことが調達できなくなることもあり、そうなると円滑に仕事を行うことができなくなります。

ファクタリングを活用することのメリット

ファクタリングは、単純に売掛債権を現金化するという方法と思って、使えば良いというものではありません。より有効に活用するためにも資金の管理を行って、予め資金が不足するタイミングを知っておき、それに合わせて現金化をする方が、余計な費用を支払わずに済みます。

また土木・建設業の場合には、未回収となる可能性が少ないため他の業種と比べても、手数料が安く設定されているので、割高な手数料を支払ってまで行うファクタリングとは少し事情が異なるものです。手数料が安いので、あえて常用して工事請負代金債権を早めに現金化しておくということも行われます。

現金化をして資金を増やしておけば臨時で作業員を手配する場合や、仕事を外注する、また材料を緊急に購入するといった場合に有利です。 それとファクタリングは、取引先に知られずに行うことが可能ですから、取引先に影響を与えません。

一方でファクタリング会社は取引先の信用力を見て手数料を設定します。この時、信用力に劣る場合には手数料が高くなったり断られるケースもあるもので、もしそのような事になれば、取引先がやや問題のある相手と理解することができるものです。

このような信用力の低い相手に対しては工事請負代金債権の額を抑制したり支払日を早くしてもらったり、または現金払いをするように求めることで、未回収になるのを防ぐことができます。

 

土木・建設業では伝統的に工事請負代金の支払いが契約してから、先になるものです。一方で工事をするためには従業員に給与を支払わなければなりませんし、材料も購入しなければなりません。このため資金繰りの管理は必要不可欠で、もし資金が不足するような場合にはファクタリングを利用するのも有効な手段です。

おすすめのファクタリング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社オッティ株式会社SKO ファクタリングのTRY(トライ)株式会社三共サービス株式会社ワイズコーポレーション FACTOR PLAN(ファクタープラン)株式会社ビートレーディング
ポイントスピード・手数料・限度額の全てがハイクオリティ24時間いつでも申し込め最短1日で売掛金を資金化圧倒的な安さでとにかく手数料を抑えたい人におすすめ条件を満たせば最短即日での現金化が可能数億円単位での大規模な取引をする企業におすすめ
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧