口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングを利用するための条件はある?

ファクタリングというサービスは、全ての事業者が利用できるとは限りません。

複数の条件があります。

売掛金自体を準備する必要がありますし、金融業者に対して必要書類も提出する事になります。

また売掛金の状況によっては、利用が難しい事もあります。

 

サービスを利用するためには売掛金と書類が必要

ファクタリングは、売掛金を売却するサービスになります。

そもそも事業を営んでいれば、「支払い予定の報酬」などが発生します。

ある時に所定の業務を遂行して、それに対する報酬が数ヶ月先に支払われるケースも多いです。

しかし事業者によっては、早めに予算を確保しなければなりません。

様々な事情があって、数ヶ月先に支払われるのは困ってしまうケースもあります。

ですが多くの金融業者は、その売掛金を買い取ってくれる訳です。

一旦買い取りされると、所定の手数料を差し引いた分が支払われます。

ですから例えば、半年先に支払われる予定の報酬があるとします。

半年先まで待てない時は、まず金融会社に買取の申し込みをします。

すると金融会社は売掛金の状況などを確認します。

その後で売掛金の一部が支払われる訳です。

支払い予定の報酬額が300万円で手数料が10%の場合は、10%分の30万円を差し引いた270万円が支払われます。

この流れになる以上、「売掛金の提示」という条件があります。

売掛金がなければ、そのサービスを利用する事はできません。

また金融会社に買い取りの依頼をする際には、複数の書類を提出する必要があります。

決算書や納税証明書や登記簿や実印など、様々な書面を提示する訳です。

ですから書面の提示が困難ですと、この売掛金売却のサービスは利用できません。

基本的には、複数の書類が必要です。

具体的にどのような書類が必要であるかは、たいてい金融業者の公式サイトに明示されています。

サイトに書かれている書類を準備するのが困難ですと、サービスを利用するのは難しくなります。

 

売掛金の健全性や支払予定の時期という利用条件

ところで売掛金は、必ずしも健全であるとは限りません。

稀に売掛金の支払い自体が困難なケースもありますから、注意が必要です。

そして健全でないと判断された時は、サービスを利用できない事もあります。

売掛金を買い取る業者は、様々な方法で調査を行っています。

企業調査などを行い、過去の支払い実績も確認している訳です。

確認してみると、何らかの問題点が発覚する事もあります。

過去に未払い実績がありますと、買い取る業者に対するリスクが大きくなってしまいます。

一旦買い取ったとしても、肝心の報酬を支払ってくれるとは限らないからです。

売掛金を買い取ってくれる業者は、最終的に報酬を受け取る事によって、利益を得ています。

その報酬を受け取れるかどうかも微妙な状態ですと、サービスを利用するのは断られてしまう可能性があります。

それと、売掛金が支払われるまでの期間です。

半年後などでなく1年後や2年後など、かなり待たされるケースもあります。

そして、2年後に支払われる予定の売掛金ですと、サービスを利用するのは難しいことがあります。

なので1つの目安としては、「半年」です。

あまり長く待たされない売掛金なら、特に問題なくサービスを利用できる事が多いです。

 

優良な売掛金の提示の実績も確認される

また余り健全でない売掛金を何回も提示してしまうのは、禁物です。

金融会社としては、売掛金が確実に支払われるかどうかを気にしています。

健全性が微妙な売上金を何回も提示してしまいますと、金融会社から敬遠されてしまう場合があります。

状況によっては、その売却サービスを利用するのが困難になりかねませんから、注意が必要です。

逆に、健全な売掛金を何回も提示した実績があれば、金融業者から「優良顧客である」と見なされます。

つまり、過去実績が見られる訳です。

ですからこの売却サービスを利用するなら、優良な売掛金を確保しておく必要があります。

優良であるかどうかも不明確な売掛金を提示しないよう、注意が必要です。

 

ですからファクタリングというサービスを利用できるかどうかの条件は、複数あります。

まずは売掛金と必要書類を準備する必要があります。

さらに売掛金があまり健全でないと、この買取サービスを利用するのは難しくなる事もあるので、注意が必要です。

金融業者としては、売掛金の支払いに関する調査も行いますし、優良な売掛金を準備する必要があります。

サイト内検索
記事一覧