口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

建設業と相性が良いファクタリングのおすすめ利用条件とは?

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/10/30

建設業における資金調達と言うと、銀行からの融資が一般的で多くの建設業者は金融機関といった第三者からの借入を利用することが多いです。これまでの銀行融資からファクタリングに移行する業者が増加していて、これまで融資を受けられない業者の資金調達方法として広がっています。

今後も利用者は増えていくものと予想されていて建設業の資金調達方法として人気があります。

会計上の印象を落とすようなことはない

会社において自社状態を示す指標になるのが、貸借対照表や損益計算書です。貸借対照表は資産や負債を示すもので、会社にどれぐらい現金や預金があるかや不動産や車両などはいくつ保有しているかなどをまとめています。損益計算書は会計年度内においてどれくらい費用がかかったり、どれくらい利益が出たのかを纏めた会計書類です。

会社の評価は基本的にこれらの書類によって判断されることが多く、銀行は利益がどの程度出ているのか貸した後に倒産しないかなどを検討をした上、融資の可否を決定する仕組みです。

利益に対して借入金が大き過ぎると、銀行に対して不安定な会社かもしれない印象を付けられてしまい融資が利用できない可能性があります。企業間の取引において同じ不安を与えたため契約締結に至らないというケースもあり、会計上の見た目は大切です。

ファクタリングは借入ではなく、現在自社保有する売掛債権をファクタリング会社に売却することによって、予定している入金をスピーディに受け取ることを目的にしている資金調達方法です。

会計処理では会社への手数料を支払うことによって、当該手数料の費用計上に加えた資産の減少になり、売掛債権という権利がなくなるので会計上の印象を落とすといったことにはなりません。

いろいろな業種で利用されており、建設業でも人気の資金調達方法になります。スピーディに利用することができ、会社によっては最短即日サービスを提供しているところもあるので便利です。

支払い期間をアレンジすることができる

建設業の取引において工事完成を約束し、完成した後引き渡すことによって完了する請負契約で、完成した後建物と引き換えに代金を受領するのがルールです。

しかし数千万円や数億円などの規模になると、すべての費用を立替えるのは困難で一部前金として代金が支払われることも多いでしょう。自社において下請け工事を依頼する場合、例外ではないです。

自社が請け負ったいろいろな工事を更に下請けに依頼するため、前金で纏まった金額が必要になります。そのため工事が完成した後入金があるが、現在動かせるお金が乏しかったり、借入を行うほど長期間ではないなどいろいろなケースがあります。

このような場合ファクタリングはマッチしていて、有効な資金調達方法と言えるでしょう。ファクタリングにはいろいろなメリットがあり、売掛金の支払期間をアレンジすることが可能です。建設業の支払いは2~3か月後になることは多く、その間売上がない状態で経営が継続するかもしれません。

新規開業や仕事が減ってしまった時など、支払いを行う期間調整に活用することが可能です。万が一に備えることができ、セーフティネットとして利用することもできます。ファクタリング会社にとって建設業者の依頼に関して、契約を取りたい相手とも言えるでしょう。

売掛債権が大きいので大口取引となりやすく、建設業者との契約は会社側のリスクが少ないという特徴もあります。リスク軽減が可能になっている要因として、一般財団法人である建設業振興基金での契約保証事業の存在も大きいです。

将来債権に対応しているところがある

ファクタリングは売掛金の早期入金を利用するサービスで、入金を受けた後取引先から入金を受け、代金をファクタリング会社に支払う仕組みです。この際取引先の倒産によって売掛金が入金されないリスクも考えられます。契約にもよりますがこれらのリスクは会社が負うようになっていました。

しかし資金調達の需要が高まり、利用事業者の取引先が万が一倒産しても、建設業振興基金がその損失保証を行うことによって売掛金が保証されます。保証事業によってファクタリング会社も安全に契約することができ、建設業者との契約が活発になりました。

いろいろな会社がありますが、条件をいくつか比較検討してから選択することをおすすめします。例えば将来債権に対応しているところがあり、将来債権はまだ請求できないが将来発生するのが確定している債権です。

一般的に買取可能な債権は30日以内の支払いという制約があるところが多いですが、中には支払日が90日後でも対応してくれるところがあります。支払が30日後や60日後・90日後などと設定されていたり、複数債権も纏めて売却することが可能です。

纏まった資金調達を行うことができ、短期的で少額しか現金化することができなくて困っているという経営者におすすめのサービスがあります。個人情報保護について配慮している会社も多く、企業情報が流出しないようきちんと管理しているところが多いです。いろいろな会社があるので手数料などを事前に調査しておくと、効率良く資金繰りすることができます。

 

建設業における資金調達について、従来は銀行からの融資が多かったですが近年ファクタリングを利用する業者が増えています。このサービスを利用すると会計上の印象を落とすようなことはなく、支払い期間をアレンジすることが可能です。将来債権に対応しているところもあり、気軽に利用することができます。

おすすめのファクタリング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社オッティ株式会社SKO ファクタリングのTRY(トライ)株式会社三共サービス株式会社ワイズコーポレーション FACTOR PLAN(ファクタープラン)株式会社ビートレーディング
ポイントスピード・手数料・限度額の全てがハイクオリティ24時間いつでも申し込め最短1日で売掛金を資金化圧倒的な安さでとにかく手数料を抑えたい人におすすめ条件を満たせば最短即日での現金化が可能数億円単位での大規模な取引をする企業におすすめ
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧