口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

     

ファクタリングの取引高の推移を日本と世界で比較

公開日:2020/04/01  最終更新日:2020/04/22

ファクタリングは欧米では一般的に使われている制度で、日本では独自の商取引によりあまり発展してきませんでした。このため、世界的に見れば取引高はまだまだ少なく推移しているものです。しかし、2000年代以降はその活用が増えており、国も後押ししていることから増加傾向にあります。

そもそもファクタリングとはなにか?

ファクタリングは、英語でfactoringと書きfactorを意味」しています。

このfactorには要因や要素、原因といった意味のほか代理商や問屋、仲買人の意味があり、金融分野で使われるfactoringは債権に関して仲買をするといった人たちを指します。日本では債権といえば、大企業が発行している社債以外では売買の対象となっていませんが、欧米では多くの種類の債権が盛んに売買されています。

また売買だけでなく保証を業務とするところもあり、それらもファクタリングと呼ばれています。これらは国内企業だけでなく貿易などで使われる国際ファクタリングなどがあり、さまざまな場面で活用されているものです。

本来のファクタリングは、その裾野が広いものになりますが、中小の事業者でも利用されているのが、保証ファクタリングと呼ばれるもので、売掛債権を買取ったりまたは保証するというものです。買取の場合には2社間と3社間があり、また事業内容に特化したものなど種類も多様になります。保証に関しては大きな取引を行うさいに利用されるもので、貸し倒れを防いだり事業に信用力をもたせるために用いられるものです。

さまざまな種類のファクタリングがありますが、一般的に行われているのが売掛債権を対象とした買取で、支払いサイクルが長い業種においてキャッシュフローを改善するために使われています。

ファクタリングの取引高の推移と今後の発展性は

日本では、あまり利用されない傾向にあるファクタリングですが、海外に目を向けると多くの国で使われているものです。2016年のシェアでみれば、もっとも多いのがイギリスで13.8%、つぎに中国で12.7%、フランスが11.3%、ドイツが9.1%、イタリアが8.8%と続きます。利用が少ない日本ですが、取引高では10番目に位置しておりシェアでみれば2.1%です。

取引高の推移は世界的にみれば2014年頃から頭打ちになっており、横ばい傾向にあります。主に用いられるのは国内企業向けのもので貿易に関するものはシェアとしてはそれほど多くありませんが、輸出入に関連する製造業などが利用していることも多く景気や貿易に左右され1年の変動幅も大きいものです。

特に日本では全体としてみれば取引高の推移は減少傾向にあり2011年がピークとなっており、2016年の時点ではピーク時の半分以下となっています。このような状況にあるファクタリングですが、一方で国の政策として売掛債権の活用が積極的に行われているものです。

そもそも売掛債権の増大は資金繰りを悪化させることになり、場合によっては黒字倒産の原因になります。そのようなことを避けるためにも売掛債権をはやく現金化することによって、資金繰りを改善することが可能ですし、また経営を安定化させるといった面でも強みがあるため、分野によっては発展していくと考えられます。

ファクタリング業者といっても色々ある

ファクタリングといっても色々とあり大手金融機関やネット証券会社が行っているものからノンバンクが行っているもの、また専業として行っている業者などがあります。

大手や上場している企業は信用力が高いですが、小口に対応していなかったり、審査に時間がかかるといったケースがあり、それ以外では手数料が相場よりも高く設定されているといったものなどがあるなど、現実としてみれば玉石混交といったところで悪質な業者も存在する点に留意しなければなりません。これは国内外ともに同じ状況で、特に急ぎで資金を調達しなければならないといった時に足元を見るような業者も存在します。

基本的に買取では、業者もリスクを負うことになるため相応の手数料が設定されるものです。場合によっては3割り程度と高額に設定しているところもありますが、手数料が妥当なところを選ぶことが重要になります。あまりにも高額の手数料が設定されると回収できる売掛金が少なくなってしまい、返って資金繰りを悪化させることになりかねません。このため、優良な業者選びが大切です。

業者選びのポイントは手数料の低さのほか、迅速に対応してくれるか、また買取や保証が可能な金額などが挙げられます。手数料は売掛債権の信用力によって左右されますが、それでも低く設定しているところの方が回収できる金額を増やすことができるので重要です。

 

世界的にみれば、日本のファクタリングの取引高は高い水準で推移しているものとは言い難いものです。しかし、経済規模から見てみれば国内の取引高は増加する可能性があるものであり、業種に特化したものが増加していくと期待されます。

おすすめのファクタリング会社一覧

オッティのロゴ
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社オッティの基本情報
基本情報 住所:〒110-0015 東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F
電話番号:03-3834-2011
営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日(メールは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短3時間での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:20万円~1億円
Point 1. 個人事業主が利用できる
株式会社ウィットの基本情報
基本情報 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-7-28 第二ビル5F 電話番号:0120-31-2277 営業時間:9:00~18:00 定休日:土日
対応力 最短2時間での資金化が可能 電話のみでの資金調達にも対応
費用 手数料:5%~ 買取金額:30万~500万円
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社三共サービスの基本情報
基本情報 住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル3F
電話番号:0120-43-4140
営業時間:9:00~19:00
定休日:土日祝日
対応力 最短翌日での資金化が可能
金融業界を知り尽くしているスタッフが在籍
費用 手数料:2社間 5%~、3社間 3%~
買取金額:~5,000万円
サイト内検索
記事一覧