口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングの諸費用の増減にも関わる「債権譲渡登記」とは

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/10/04


ファクタリングは債権の譲渡を公示する手段として、債権譲渡登記が活用されることがあります。売掛金を複数のファクタリング会社に売り渡す二重譲渡の防止が目的になっていて、登記は法人や個人、財産などに対する権利や義務の保護のための行政制度になっていて、法務局に登記申請したり受理されることによって効力を発揮する仕組みです。

いろいろな種類の登記があります

登記にはいろいろな種類があり、例えば不動産登記の場合土地や建物がどのような区画や形状をしているかに関する物理的現況と、不動産の所有権や抵当権・移転履歴などを公示するものです。商業登記の場合、会社の登記簿と呼ばれているもので営利企業の登記は商業登記に該当します。法人登記の場合、一般社団法人や学校法人などの非営利法人が対象です。

債権譲渡登記の場合、法人間の内容などを公示するためのもので、債権証券化などに利用されています。ファクタリングで利用するのはこの債権譲渡登記になります。他には船舶権利を公示している船舶登記や、婚姻前に夫婦財産を明確化にする夫婦財産契約登記などが対象です。

ファクタリング契約において登場する登記は、利用者が持っている売掛債権をファクタリング会社に譲る旨を公示する仕組みです。いくつか目的があり、二重譲渡の防止があげられます。利用者が売掛債権を複数の会社に売り渡し、二重や三重に買取金を受け取る行いを意味しています。

対抗要件も目的になっていて、これは権利を主張する法的資料です。利用者が会社に引き渡すべき売上金を使用してしまった場合、債務不履行に伴う損害賠償請求などの名目によって裁判所に訴えることが可能です。債権執行手続や差し押さえを行うことになり、登記を行っていると地方裁判所や簡易裁判所へ申請する場合、登記事項証明書によって債権譲渡の事実や当該債権の権利者などを明確に伝えられます。

二重譲渡を予防することができます

ファクタリングにおける登記の役割に関して、債権譲渡登記を意味していて利用者が持っている売掛債権を会社へ譲渡することを公示します。利用者からすると何のためにするのだろうと疑問に思うケースがありますが、会社側には目的があり二重譲渡の防止があげられます。

利用者が一つの請求書を複数の会社に売り渡し、二重・三重に買取金を受け取る行為です。二重にされると回収不能に陥るケースが高く、会社が最も懸念する不正行為になります。

契約時に登記を行うことによって、該当債権が自社に譲ったことを公示し二重を予防することが可能です。会社は審査時において登記簿を確認するので、既に債権譲渡が登記された売掛金を他の会社が買い取ることがないです。他社が登記確認を怠ったり二重譲渡が成立しても、登記によって権利を公示している会社へ譲ることが優先されます。

対抗要件という目的も含んでいて、権利を主張する法的資料になります。利用者は会社へ引き渡す売り上げ金を使い込んでしまう場合、債務不履行に伴った損害賠償請求の名目から裁判所に訴えることが可能です。

差し押さえを行うことになるのですが、登記を行っていると地方裁判所や簡易裁判所へ申請する場合、登記事項証明書によって債権が譲られた事実や当該債権の権利者を明らかに伝えるとが可能です。訴えが認められたり確定判決が降りた場合、裁判所経由によって利用者の金融機関口座を差し押さえたり、翌月以降売掛金で回収できるケースもあるでしょう。

ファクタリング会社の保険になります

登記はファクタリング会社の保険で、焦げ付きリスクなどを軽減する施策です。そのため登記なしで契約すると手数料が高くなったり、会社によっては買取金額が制限されるといった制約が発生するケースもあるでしょう。

登記申請の流れとして、債権譲渡登記所において指定された東京法務局で行います。全国でも東京法務局が取扱していて、地方からは郵送でも受け付けています。

但し、郵送の場合数日から1週間のタイムラグが発生するので、スピードを重視する経営者は注意が必要です。多くの会社が東京法務局に足を運んでいて、登記業務を行っています。ファクタリング会社のほとんどが東京近郊に集中しているのは、法務局にアクセスしやすいという理由があるでしょう。

具体的な申請内容として、申請書や委任状などにファクタリング会社や利用者の両方の実印捺印を行ったり、印鑑証明書を添えて提出することが可能です。契約時に実印捺印や印鑑証明などを求められるのは法務局での手続きのためでもあります。登記なしで取引を行う場合、委任状の押印や印鑑証明書などの提出を求められることもあるでしょう。

買取金が入金した後利用者と音信不通になる場合を考慮していて、いつでも登記を行う準備をしておきたい会社側の保険と言えます。主な内容として、日付や原因、存続期間や譲渡人情報、譲受人情報や債権額などが対象です。見積もり時に手数料や入金スケジュールに加えて、登記の有無や行わない場合などの金額を見積もりしておくと安心です。

 

いろいろな種類の登記があり、ファクタリングを契約する場合債権譲渡登記が対象になります。複数の会社で二重・三重に買取金を受け取る行為を予防することができ、ファクタリング会社側にとっては保険になります。見積もりする際、手数料や入金スケジュール・登記の有無などを確認しておくと安心です。

おすすめのファクタリング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社オッティ株式会社SKO ファクタリングのTRY(トライ)株式会社三共サービス株式会社ワイズコーポレーション FACTOR PLAN(ファクタープラン)株式会社ビートレーディング
ポイントスピード・手数料・限度額の全てがハイクオリティ24時間いつでも申し込め最短1日で売掛金を資金化圧倒的な安さでとにかく手数料を抑えたい人におすすめ条件を満たせば最短即日での現金化が可能数億円単位での大規模な取引をする企業におすすめ
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧