口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

取引先が倒産したら?ファクタリングの注意点

資金調達をするときに便利な方法といえばファクタリングと言えるでしょう。

これは資金調達の手段の1つとして日本の企業が利用できるサービスとなっています。

特に商品を売るサービスを行っている企業や法人の方が使えるものですが、適当に利用してもトラブルになるので注意です。

ここではファクタリングの注意点について紹介します。

 

まずファクタリングを知っておこう

ファクタリングはファクトというワードが使われています。

これは英語だと仲介者や問屋という意味を持つものです。具体的には売掛債権を入金するまえにサービスに譲渡するもので、そうすることで資金化できます。

商品やサービスを提供する方に売却代金の代わりとしてもらえるのが売掛債権です。

売った商品金額はすぐにもらうことができず売掛債権にかかれている期日に振り込まれるのが特徴となっています。

資金力のある企業ならすぐに代金を回収しなくても体力があるので問題ないです。

零細企業や中小企業の場合は時期により現金が必要になるときもあります。

こういうときに利用できるのがファクタリングで売掛債権を売って資金化するといった内容です。

仕組みですが納入企業が商品を提供して納入企業に対する売掛債権が発生、その後売掛債権をファクタリング会社に譲渡します。

譲渡と書かれていますが実際には売却が正しいです。

このときいくらかの手数料が発生するので売った金額がそのまま手に入るというわけではありません。

本来売掛債権の金額を手に入れるには1ヶ月から2ヶ月かかってしまうのですが、上記の方法を利用すればすぐに現金が手に入るので資金力のない企業には嬉しいです。

早い場合は即日現金化できるサービスもあるので使い勝手がいいと言えるでしょう。

資金繰りに困っているのなら理想的なサービスとなっています。他の資金調達手段がありますが、それよりも審査に通過しやすいというメリットも強みです。

倒産をしたら売掛債権どうなるのか

かなり便利なファクタリング会社ですがちょっと注意点もあるので知っておくといいでしょう。

基本的に取引先から売掛金を回収することになるので、取引先が倒産してしまうという事態もあります。

すべての企業に言えることですが、先はどうなるのかわからないです。回収できない場合は成り立たなくなってしまうのですがどうなるのか気になるところと言えます。

償還請求権と呼ばれるものが用意されていて、売掛先が倒産してしまったらファクタリング会社が利用者に対して支払った金額を請求するのが特徴です。

こうなると現金化した金額を返済しなくてはいけなくなってしまうため注意が必要となっています。

ただし会社によってある場合とない場合が用意されているので確認して置くといいでしょう。

償還請求権なしはノンリコースと呼ばれるもので譲渡代金の請求が一切ない、ありの場合はウィズリコースと呼ばれるもので事業主が支払いを行います。

2つの内容を見てみるとノンリコースの方がリスクが少なく安全です。

これはその分デメリットも用意されていて、ノンリコースは安全な分、費用がやや高くなる傾向があります。

現金化したときに結構手数料を差し引かれてしまうのがネックです。

場合によっては現金化しても資金が多少足りないという事態になると大変と言えます。

足りないのならウィズリコースを使って必要な文の資金を確保するといいでしょう。

上記のサービスは使い分けが肝心となっています。

契約書のチェックも大事なので注意

ファクタリング会社を利用して契約をするときには事項を知っておく必要があります。

経営者にとって使いやすい資金調達サービスなので気軽に利用できるのがポイントです。

それだけに契約前にはしっかり内容を把握しておかないとトラブルになってしまう場合もあるといえます。

基本的に契約書には総合的な契約の取り決めや個別の覚書や申込書、案件ごとの債権譲渡契約といったものが書かれているのが特徴です。

具体的な内容はどの債権をどれくらい譲渡するのかを決めます。

一回ごとに個別に締結するのはかなり面倒なので総合的な契約をして案件ごとに行うのが普通です。

注意点として債権譲渡をするときには個別の契約書と覚書を契約書ごとに交わすため個別の契約に気をつけます。

個別の内容は契約日や債権者、債権額と買取額です。

弁済の期日や手数料と入金期日となっています。

全額買い取ってくれるのか、手数料は特に注意で差し引くとどれくらい残るのかを見ておくといいです。

ノンリコースを選択している場合は手数料が高くなるのでよく確認しておきましょう。

また手数料は会社により違いがあるので複数回って必要な資金が調達できる会社を選定します。

倒産リスクを考えるとノンリコースを利用するのが理想的です。

他に3社間ファクタリングを使うと倒産のリスクを回避できます。

こちらは債権そのものをファクタリング会社に譲渡するもので債務不履行や倒産の未入金リスクを軽減、信頼性が高いため手数料も安いです。

サイト内検索
記事一覧