口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングの延現金払いのメリットとデメリットを知ろう

決済の手段として手形があり、銀行が間に入る仕組みとして長らく使われています。

ただ利用するとコストがかかるなどの問題があり、コストがかからない仕組みの利用が求められてきました。

そして現在、手形に近い新たな方法が利用できます。

 

支払側の力が強いときに行える仕組み

企業間の取引において、互いに仕入れと購入をし合うケースはそれほど多くないかもしれません。

ある業者に対しては仕入れのみを行い、別の業者に対しては販売のみを行うなどの方が多いでしょう。

となると仕入れ業者に対しては仕入れた後の支払いの問題が出てきますし、販売相手に対しては販売後の回収の問題が出てきます。

それぞれの仕入れ先や販売先に対して、対等の条件で支払い条件を決めるときもあればどちらかに有利な条件になるときもあります。

一般的には大きい会社などは小さい会社に対して自分が有利になるよう条件を決めようとします。

また新規の取引だとまだ信頼関係が薄いので慎重に条件を決めようとするときがあり、取引が長くなるにつれて互いに対等に近い取引にしていきます。

もし仕入れ先が自社よりも小さい会社でこちらが有利に条件を決められるのであれば、できるだけ支払いを先に延ばす契約をする方が良くなります。

つまりは延現金払いにして支払いを先にしてもらいます。

通常月末締め翌月払いのところを翌々月払いであったりさらに先に延ばしてもらう方法です。

となると販売する側としては資金繰りが苦しくなる可能性があり取引が継続できなくなるときもあります。

しかし力が弱いと販売相手に何も言えません。

このときはファクタリングを利用して現金を早めに受けるようにすればいいでしょう。

支払い側も支払いが先に延ばせ、受ける側も早期に回収が行えるので、どちらの資金繰りも楽になります。

 

手形との違いを理解して利用すると良い

取引先や仕入れ先との支払いにおいて手形の利用があります。

金融機関に利用を伝えると専用の用紙を発行してもらえます。

予め発行する会社名が記入されていて、後は金額や期日、支払い相手を記入するだけです。

一般的な売掛金での支払いは、当事者間同士の契約の元で行いますが、手形は銀行が間に入って行います。

期日に引き落とすためのお金がないと不渡りになり、将来的に銀行停止つまりは事実上の倒産になります。

手形は信用力の高い仕組みと言えます。

ただし手形を利用するにはそれなりのコストがかかるため、沢山発行している会社は何とかコストを減らすべく手形に変わる方法を模索します。

そこで登場するのが延現金払いです。

売掛金の契約を当事者同士で行いますが、その契約において支払い条件を先に延ばしてもらう方法です。

手形のように支払いが先になるだけでなく手形のコストを減らせるメリットがあります。

受ける側からすると手形のような信用力がなくなり、さらに割引や裏書など資金繰りの面でも困る一方になってしまいます。

どうしても受けないといけないときはファクタリングを利用すれば資金繰りの問題を解決できるでしょう。

売掛債権の支払期日が延びたとしても、売掛債権を買い取ってくれる業者に売却すれば早ければ即日に現金が受けられます。

手形の現金化でも審査がありますが、売掛債権の現金化の方が審査は通りやすくなります。

手形割引に比べて低コストで現金化できるなどのメリットもあります。

 

取引が少ないなら手形の方がいいときもある

企業間の取引は信用を元にして行います。

初めて取引をするときは相手の調査をきちんとしますし、いざ取引が始まればそれ以降の取引をチェックしながら行います。

問題なく取引が行われれば互いに信頼が増し、互いにいい条件で取引をするようになります。

ただ互いに相手を見極めたり管理するのは大変で、見極めができなければ信用の薄い相手と取引をすることにもなります。

そこで取引の間に信用が分かる仕組みを使うようになります。

銀行が提供する手形の仕組みを使えば、互いにチェックをし合わなくても安心して取引ができるようになります。

ただその分コストがかかるので、それを嫌って延現金払いやファクタリングを活用して資金繰りをよくする動きがあります。

これらの仕組みを利用するメリッが出てくるのは、取引金額が大きかったり件数が多いときになるでしょう。

毎月のように行っているならいいですが、利用の頻度が少ないと逆に手数料が高くなったりします。

取引相手によっては、手形のまま行った方がいいかも知れません。

件数が少なければコストもそれほど問題になりません。

建築業者など特殊な商習慣のある業者でも売掛債権の買取に合わないケースがあり、このときも手形を利用した方が互いに安心して取引できるときがあります。

多くの企業においてメリットがあるものの、一部の会社にはメリットが少なかったり逆にデメリットになるときもあるので、相手を見極めて利用を検討すると良いかもしれません。

 

手形のように支払期日を先に延ばせる方法に延現金払いがあります。

受け取る側が現金を早く回収する方法にファクタリングがあります。

手形よりもメリットを感じる部分もありますが、デメリットになるときもあるので注意が必要です。

サイト内検索
記事一覧