口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリング業者に依頼する際の注意点を知ろう

公開日:2019/01/01  最終更新日:2018/12/21


ファクタリングの業者に依頼するなら、契約に関して注意すべき点があります。

業者から提示される契約書などは、慎重に確認する方が良いでしょう。

細かな点も確認すべきですが、それを対面で伝えてくれる業者が望ましいです。

 

不明点の質問と手数料の相場把握

ファクタリングの契約をするなら、金融会社から契約書も提示されます。

金融会社によっては、対面不要で契約内容を確認できる事もあります。

クラウドなどWEB完結のシステムを採用している金融会社なら、わざわざ実店舗に行かなくても、契約内容の確認は可能です。

ですが万が一の事を考慮しますと、対面で確認する方が無難です。

というのもその売掛金売却のサービスを利用する際には、かなり大きな金額が動く事もあります。

企業によっては、数百万円や1000万円以上の売掛金を売却する事もあります。

大きなお金が動くだけに、慎重に契約するのが望ましいです。

一番避けるべき事態は、不明点を残したままの契約です。

手数料などが曖昧な状態で契約をするのは、避けるべきです。

不明点は残さず、金融会社の担当者に細かく確認するのが望ましいです。

対面せずにやり取りしますと、いくつか不明な点が残ってしまう可能性もあります。

ですから対面で契約内容を確認できる業者を選ぶ方が良いでしょう。

ポイントは「不明点を残さない」事です。

少なくとも契約内容に関して、丁寧に説明してくれる業者を選ぶ方が良いでしょう。

具体的には何を確認すべきかと言うと、その1つは手数料です。

この売掛金売却のサービスを利用するなら、必ず金融業者に手数料を支払う事になります。

業者が提示してくる手数料は、細かく確認する必要があります。

手数料の理解が曖昧ですと、金融会社に多くのお金を払ってしまう可能性もあるので、不明点は質問すべきです。

そして業者から契約内容の説明を受ける前までに、手数料の大まかな相場を把握しておく必要があります。

例えば手数料の相場が20%であるにもかかわらず、金融業者から25%の手数料が提示された時は、契約すべきかどうかを慎重に決めるべきでしょう。

やや手数料が割高だからです。

逆に手数料が19%ぐらいなら、特に問題ない業者であると判断できます。

その相場を把握する為に、相見積もりを取ってみる方法もあります。

 

契約書に決済期日が書かれているかを確認

手数料だけではありません。

必要な内容が契約書に盛り込まれているかどうかも、確認する必要があります。

例えば決済期日です。

この売掛金売却のサービスを利用するなら、金融会社からは売却額が支払われる事になります。

その支払いに関するポイントが1つあって、なかなか支払ってくれない金融業者がたまにあります。

一旦は契約書を交わしたものの、数週間経過しても売却額を支払ってくれない業者も稀にあるので、注意が必要です。

業者側の色々な事情があって、わざと支払い日を引き伸ばしているケースもあります。

ですが、そのトラブルは回避する事もできます。

契約書に決済期日が書かれているかどうかです。

きちんと書面に決済期日が明記されているなら、特に問題はありません。

たとえ売却額が支払わなかったとしても、証拠が残るからです。

例えば契約書には12月20日には支払われると明記されているとします。

ところが実際には、12月22日になっても支払われませんでした。

支払われなければ、金融業者と話し合いする事になるでしょう。

この時に、証拠が残っているかどうかが大切です。

証拠が残っていれば、金融会社との話し合いも有利になります。

ですから上述のように、契約書に「決済期日は12月20日」などと明記されているのが望ましい訳です。

逆に、契約書に決済期日が盛り込まれていない場合、注意を要します。

後日になって、入金トラブルになりかねないからです。

ですから業者から契約書が発行された時は、決済期日に関して書かれているかどうかは、慎重に確認する必要があります。

 

契約書の控えを受け取るようにする

もう1つ注意点があります。

契約書は必ず控えを受け取るべきです。

金融業者が発行してくれる契約書は、たいてい2枚綴りになっています。

契約書の1枚目は金融業者が預かりますが、複写された2枚目は契約者本人が預かるケースが多いです。

その複写を発行してくれるかどうかは、軽視できません。

上述の決済期日のように、契約を結んだ後には万が一の事態が生じる可能性もあります。

その際に、手元に契約書の写しがあるかどうかは、とても大切です。

手元に証拠が残っていれば、金融会社との話し合いも有利になるからです。

しかし手元に証拠がなければ、言った言わないの問題になってしまいかねません。

つまり契約書の控えを発行してくれるかどうかは、金融業者を選ぶポイントの1つになる訳です。

万が一の点を考慮すると、発行してくれる金融業者が無難です。

 

ですからファクタリングの契約に際しての注意点は、複数あります。

手数料の相場は把握しておくべきですし、契約書に決済期日が書かれているかどうかも軽視できません。

そして契約に関しては、曖昧な点を残すべきではありません。

不明点を残さない為にも、対面で契約内容を説明してくれる業者を選ぶと良いでしょう。

サイト内検索
記事一覧