口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングには保証人がいらない?

資金調達方法の一つであり、リスクも低いことから近年人気となっているのがファクタリングです。

企業が保有する売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらい、 売掛先の企業の支払い期日前に資金として手にできる仕組みであり、資金調達で頭を悩ませる中小企業にも役立つサービスとなっています。

ですが、気になるポイントの一つとなるのが、保証人の有無ではないでしょうか。

頼める人がいないというケースのみならず、他の人が交わることによりばれてしまうリスクが高まると考えるのは当然のことであり、保証人が必要かガキになるのは当然のことと言えます。

 

基本的には保証人は不要となっている

ファクタリングは保証人や担保が不要というのも特徴の一つとなっているサービスです。

保証人は、債務者の代わりに債務の返済義務を負う人という役割であり、融資を受ける場合には必要になるケースが大半です。

しかし売上の一部となっている売掛債権を譲渡するファクタリングに関しては、融資というわけではないので債務にはならず、契約する際に保証人が必要になることはありません。

自社の審査というよりも、取引先の信用度合いが重要となってくるのが特徴の一つということも頭に置いておくようにしましょう。

売掛金を売掛先の企業の規模や取引の状況から判断し、それを買取するというだけであり、貸金業とは全く異なるので保証人や担保は不要で当たり前ということになります。

 

保証人が不要のメリットについて

保証人が不要ということは、わざわざ探す必要がないということであり他人に迷惑をかけたり知られてしまうというリスクもありません。

資金が必要となった時には、自社の都合のみで判断して動くことができるのでよりスピーディーに審査を受けることができるというメリットもあります。

 

注意しておかなくてはならないポイント

三社間となればファクタリング会社側のリスクも低くなるので、手数料も低く保証人も不要です。

しかし近年では二社間が主流となっており、そうなればリスクを負わなくてはならなくなるので手数料が高くなります。

それだけではなく集金業務の委託の契約を、会社が売掛金を売却する企業に対して求められるケースがあり、その集金業務に関する保証を求めるという場合もあるので気をつけなくてはなりません。

手数料に注目して判断してしまいがちですが、どのような会社を利用するのかにより、保証人の有無には違いが生まれるので良く比較してから選ぶことが必須と言えます。

銀行からの融資よりも審査も簡単で気軽というイメージがありますが、審査がないというわけではなく稀に落ちてしまうケースもあります。

基本的には面談や面接があり、郵送による書類審査や電話やメールだけで済ませられるということはありません。

どのような態度で臨むかによって、審査をクリアできるかどうかにも影響を及ぼすことがあります。

保証してくれる人がいらないということから、気軽で誰でも利用できると考えがちですが、審査は避けられないということは忘れてはいけません。

 

融資ではないファクタリングでは、担保や保証人は用意できないという人でも問題なく利用することができ、周りにバレたくないという人にも適していると言えます。

ファクタリング会社がそれらを要求すると、貸金とみなされてしまう可能性があり、貸金業法や利息制限法といった規制に引っかかってしまうので、要求することはありません。

万が一求められた場合には、悪徳業者の可能性もあるので気をつけなくてはならないということになります。

一時的に資金調達をする方法であり、融資とは違い短期間のことなので簡単に考えてしまいがちですが、手数料について二社間は特に高くなるということは忘れてはいけません。

何回も繰り返し利用するものではなく、一時的なものとして考えておくことも大切です。

内容をよく把握し理解した上で、保証してくれる人が不要なサービスとして利用するのも一つの手段ではないでしょうか。

サイト内検索
記事一覧