口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

     

3社間ファクタリングのメリット・デメリット

公開日:2020/05/01  最終更新日:2020/08/07

今や企業などの資金調達法として知られるようになったファクタリングですが、その取引方法には2社間と3社間のものがあります。最近では3社間ファクタリングを利用する企業などが増加傾向にあるようです。そこで今回は、3社間ファクタリングのメリット、デメリットについて詳しくお話しします。

この方法ならではのメリットをまず知ろう

大きく分けて、ファクタリングには2社間契約と3社間契約の2タイプがあります。その中でも、最近注目を集める3社間契約タイプのメリットなどを知りたいという人もいるのではないでしょうか。ファクタリング会社と資金調達したい企業、そしてその企業の取引先企業という3社による契約により資金調達をする、このタイプならではのメリットはいろいろあります。

まず、最大のメリットといえるのが、手数料が安く抑えられる傾向にあるという点です。2社の契約の場合の手数料相場が10~30%といわれる中、3社の契約であれば5%程度と明らかな違いがあります。

その違いを生むのが、いざというときに取引先企業にも売掛債権支払いの請求ができるという点です。取引先にも了承を得ている取引のため、万が一資金調達したい企業からの支払いが滞った場合に、ファクタリング会社が取引先に直接問い合わせができます。

また、資金調達をする企業が取引先からの代金回収を急ぐ必要がないというメリットもあります。3社間契約の場合は、取引先企業などからファクタリング会社の口座へ直接代金が振り込まれるので、資金調達する企業が代金の回収をして振込むという必要がありません。

これが2社間契約だと、取引先の了承を得ていないので資金調達をする企業が振込をしなければならず、手間がかかります。場合によっては振込期限が近づいているのに取引先からの入金がなく、催促しなければならないケースも少なくないようです。その催促によりこうした資金調達をしていることがばれてしまうケースも少なくなく、その心配がないという点も大きなメリットといえるでしょう。

その他、取引先に対しての更なる信頼感を得られる可能性もあるというメリットもあります。こうした方法で資金調達をしていることを、包み隠さず打ち明けてくれるという姿勢が、取引先の更なる信頼感を得られるかもしれません。それ以外にも、これからどんどん事業拡大をしていこうという、やる気を取引先に見せられるという側面もあります。

気を付けておきたいデメリットも知る

一方、気を付けておきたいデメリットも存在します。まず、初回の資金調達までに期間がかかってしまう傾向にあるという点があります。2社間契約であれば資金調達をする企業の調査だけで済みますが、このタイプでは取引先企業の信用情報の調査なども必要になります。

さらに、契約への同意を得るのに時間がかかるケースも多々見られるため、資金調達のスケジュールは早めに決めておいた方がよいでしょう。最悪、依頼をしてから1ヶ月後まで入金がずれ込んでしまう可能性もあるという点にも注意が必要です。

次に考えられるデメリットには、取引先にファクタリングへの理解があまりない可能性があるということになります。徐々に認知度は上がっているものの、まだまだこのような資金調達法は信用できないと考える経営者の方もいるようです。

また、事業拡大などという前向きな意味で利用していても、取引先が経営が苦しいのかと受け取ってしまう可能性もあります。取引先がそのような考えを持っていた場合、一応承諾はするものの取引の重要度を下げるなどの事態になってしまう可能性があります。

その他、中小・零細企業などが大手銀行系のファクタリング会社に3社間契約を依頼すると、審査を通過しにくいなどという点もデメリットといえます。3社間契約は手数料相場が低い傾向にあるため、資金を提供する会社もできるだけ高額の取引をしたいという思惑があります。そのため、高額な調達希望金額を提示することが難しい中小・零細企業などの依頼は断られてしまうケースも少なくないといいます。

この契約に実績がある所を選ぼう

メリット・デメリットを見比べたうえで3社間契約を利用したいという場合には、この契約方法の実績豊富な所を選ぶようにしましょう。そのような所であれば、信用調査などに慣れているためスピーディーに資金調達ができますし、経験から得た知識で的確なアドバイスを受けることができます。実際の相談などでそうした点を確認し、信頼できる所を選ぶのが大事です。

 

ここで紹介したメリット・デメリットをよく比較して考えて、3社間ファクタリングをどう活用するかを考えることが、失敗しないための秘訣になります。ここで紹介した以外にも細かなメリット・デメリットは存在するので、3社間契約が自分の会社にとってどちらが大きくなるかという点を熟慮しましょう。

どこがこのタイプのおすすめファクタリング会社なのか、取引先にこの方法に対しての理解があるかなど多角的な視点で情報を仕入れて、スムーズに資金調達ができるようにしましょう。

おすすめのファクタリング会社一覧

オッティのロゴ
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社オッティの基本情報
基本情報 住所:〒110-0015 東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F
電話番号:03-3834-2011
営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日(メールは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短3時間での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:20万円~1億円
Point 1. 個人事業主が利用できる
株式会社ウィットの基本情報
基本情報 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-7-28 第二ビル5F 電話番号:0120-31-2277 営業時間:9:00~18:00 定休日:土日
対応力 最短2時間での資金化が可能 電話のみでの資金調達にも対応
費用 手数料:5%~ 買取金額:30万~500万円
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社三共サービスの基本情報
基本情報 住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル3F
電話番号:0120-43-4140
営業時間:9:00~19:00
定休日:土日祝日
対応力 最短翌日での資金化が可能
金融業界を知り尽くしているスタッフが在籍
費用 手数料:2社間 5%~、3社間 3%~
買取金額:~5,000万円
サイト内検索
記事一覧