口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングの利用で銀行融資枠を温存するメリットとは

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/09/19

ファクタリングは、売掛債権を現金化することができるサービスのことです。この方法を用いることで支払期限が遠い売掛を早期に現金化することができ、資金繰りを改善させることができます。

また、融資とは異なるものであり、銀行融資枠を温存するといったメリットもあるもので、ファクタリングと融資を上手く使い分けることで、会社の資産を有効に活用することができるものです。

ファクタリングを利用する理由を考える

ファクタリングを利用する理由は、資金繰りが厳しくなるというものが第一に挙げられます。それなりの取引を行っていると、商品の売買やサービスを受けた場合に代金をその場で支払うというのは、効率的なことではありません。このため殆どの場合には支払い期日を設定して、後払いとするものです。この後払いにするのが売掛になります。

しかし、この方法では商品を売ったりサービスを提供した側からすれば、帳簿上は売上となっていても、未回収の時には手元には現金がない状態を意味するものです。 資金が潤沢であれば、問題にはなりませんが資金が少ない場合には、手持ち現金が少なくなりさまざまな問題を起こすことになります。

例えば従業員を雇っていれば給与の支払いをしなければなりませんし、突発的な出費が必要になった時にも現金が必要です。また資金が潤沢であっても売掛債権の支払い期日が半年先といった長期にわたる場合には、悪影響を及ぼします。

つまり、売掛金が資金力を上回るような事は好ましいことではなく、また支払い期日が遠い先のものも会社の資金力を削ぐ理由になりますし、また未回収のリスクも高まるものです。 売掛債権を買い取ってくれるファクタリングは、このような売掛金を減らすということに対して有効な手段であり、また銀行などの融資と比べると自社の会社の信用力よりも売掛先の信用力で買取価格が決定されるので、信用力が低い会社でもスムーズに資金繰りを改善させることができます。

銀行の融資と比べた場合のデメリット

お金が足りないという状況になれば、ほとんどの場合には銀行など金融機関から融資を検討することになると思います。実際につなぎ融資を目的として審査を簡略化したビジネスローンといった便利なサービスもあり、一昔前と比べると資金調達はしやすくなっています。しかし現実には銀行の融資では審査を受けなければならず、またあくまでも貸付であるため返済をしなければなりませんし、返済が遅れると利息も多く支払わなければなりません。

ファクタリングと銀行の融資を比べた場合には、ファクタリングの方が利用しやすいといったメリットがあるものの、手数料という面で見れば、かなり不利です。融資の場合には利息制限法によって金利が決まっており、上限は年利20%となっていますが、100万円以上の借り入れでは上限は年利15%以下となります。

その一方でファクタリングは手数料という形になり、額面に対して5%から40%です。これは年利ではないので、例え5%であっても銀行から融資を受けるのと比べれば圧倒的に不利です。このため単純に考えれば、売掛債権の額面に対して、95%から60%しか現金化できないことを意味します。銀行融資でも利息を支払うことになりますが、それでも得られる現金はファクタリングを利用した場合には多くなり、無計画に利用すると資金繰りを悪化させる原因にもなるものです。

銀行融資枠を温存するメリットは

売掛債権の額面に対して得られる現金が少なくなるファクタリングですが、それでも利用する企業は多くあり、理由はさまざまです。ひとつには売掛債権を買い取るという性質上、審査が緩やかであることで、自社に対して信用力が少なく銀行からの融資を受けられないといった場合でも利用ができます。

また売掛債権を買い取るという性質上、償還請求権を設定しなければ、不渡りが発生しても弁済する必要がありません。このため将来的に支払いが行われるか不安な取引先の売掛債権を現金化するといった面でも意味があります。またすでに銀行融資枠が上限に達しており新たな融資を受けられないといった場合にもファクタリングは有効な手段です。

一方で、ファクタリングを利用して銀行融資枠を温存するといった面でも使われています。特に短期のつなぎ融資的な借り入れは、資金繰りが厳しいと思われ、のちに大口の融資を依頼した時に審査が通らなくなる原因にもなります。また長期的な資金繰り改善を見据えれば銀行融資枠は余裕のある状態にしておくことが好ましいといえますし、借り入れをすると会計処理も煩雑になります。

その点、ファクタリングで短期間のものであれば、手数料を抑えることができますし、また借金ではなく売却ですから会計処理をする時にも負債として計上されません。もちろん得られる現金は売掛金額と比べて少なくなりますが、うまく使い分けることで資金繰りを大幅に改善することができます。

 

資金繰りを良くすることは会社にとって命題とも言えるものですが、その方法にファクタリングがあります。しかし、ファクタリングに偏りすぎた場合には、資金繰りを悪化させるリスクがありますから銀行の融資と合わせて必要に応じて使い分けることが大切です。

おすすめのファクタリング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社オッティ株式会社SKO ファクタリングのTRY(トライ)株式会社三共サービス株式会社ワイズコーポレーション FACTOR PLAN(ファクタープラン)株式会社ビートレーディング
ポイントスピード・手数料・限度額の全てがハイクオリティ24時間いつでも申し込め最短1日で売掛金を資金化圧倒的な安さでとにかく手数料を抑えたい人におすすめ条件を満たせば最短即日での現金化が可能数億円単位での大規模な取引をする企業におすすめ
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧