口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

     

ファクタリング利用するならいくらから?平均利用金額を紹介

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/04/22

中小事業を経営している過程でキャッシュ不足に直面したときに役立つのがファクタリングです。売掛債権や受取手形など、支払期日までにタイムラグのある債権を早期に現金できるので、キャッシュフローを改善することが可能です。ですが、売掛債権がどの範囲の金額で買い取ってもらえるか不安をお持ちの経営者もいらっしゃるかもしれません。

ファクタリング取引における利用額はいくらほどか

資金繰りの問題に直面しても、必要な金額は業種や事業規模などに応じて違いがあります。ファクタリング会社は債権額に応じた手数料や、買取額と券面額の差額などが主な収益元になっているので、あまりに少額では利益を捻出するのが難しくなります。逆に巨額では資金力などで上限があるのも事実です。

それでは実際の利用額はどれほどの金額になるのでしょうか。ある調査によると、全体の4分の1弱の23%は100万円未満となっており、500万円未満で前利用者の9割を占めているとのこと。ファクタリング会社のなかには1億円など大口の取り扱いを歌っている業者も散見さえますが、現実のニーズは比較的少額落ち着くのが真相のようで平均額は250万円ほどになっています。経営の現場でニーズになる金額と照らし合わせてみても、それなりに納得できる金額ではないでしょうか。

ところで中小企業では法人ばかりでなく、個人事業主も数多く事業活動に取り組んでいます。法人と個人事業主の利用者の割合で見てみると、約65%と法人が三分の二を占めますが、個人事業主も3割強がファクタリングを利用している事実は明らかです。

個人事業主の利用者が多いのも、融資と異なる特徴といえます。融資の場合は利用会社の信用状況が厳格に審査され取引実績なども重視されます。これに対してファクタリングは、取引先の信用が審査の焦点になるので個人事業主でも審査を通過しやすいことが影響しています。

ファクタリングの手数料や事務手数料について

ファクタリング事業会社のなかには億単位の大口に対応する資金力が潤沢な会社もありますが、多くは数十万円から5,000万円ほどまでの金額を事業の中心にしている会社が一般的です。なかには30万円程度から500万円ほどの小口の取引を専門にしている会社もあるので、日ごろの資金繰りで問題になる金額を調達するのに利便性が高い会社が多いといえます。

そこで問題になるのは手数料や各種の手数料などのコストです。これらのコストが嵩めば正味の現金の金額が少額になってしまうからです。それでは手数料などのコストの相場はどれほどなのでしょうか。そもそもファクタリングの手数料は、売掛債権の券面額から買取金額を控除した金額のことです。手数料はファクタリング会社の収益はもちろんですが、それ以外にも売掛先の倒産による未回収のリスクや、利用者の口座に入金されて流用されるリスクなどを勘案して決定されることになります。

また会社によっては事務経費などが別途請求されることも。地方在住者を対象にした出張サービスなどを利用すると旅費が含まれることがあります。また取引内容によっては法務局の債権譲渡登記が、契約の条件とされることがあります。この場合は専門家の司法書士への報酬は5~10万円ほどで、登録免許税が7,500円必要です。もっとも債権譲渡登記をすることはファクタリング会社のリスクヘッジなので、手数料が軽減される場合もあります。

2社間取引と3社間取引の費用の相場

ファクタリング取引を利用するときには、手数料を負担することになるのでどの会社を利用するかの重要な分岐点になるのは確かです。この手数料は概ね1%から20%程度が相場ですが、高い会社では30%ほどに設定されることもあります。

かなり幅のある数字ですが、手数料は取引の形態で大きく影響を受けます。基本的に3社間取引のほうが手数料は低く1%から10%ほどが相場です。3社間取引では売掛先の承諾が必須なので、売掛金は直接ファクタリング会社に支払われるだけでなく、債券の二重譲渡のリスクも低くなるからです。

しかし実際には、取引先に債権譲渡の承諾を取り付けるのは容易なことではありません。そこで利用会社とファクタリング会社で取引を完結することが出来る2社間取引のニーズも高くなっています。しかし取引先に秘密裏にできるメリットはありますが、利用会社による債券の二重譲渡のリスクや、利用会社に入金された売掛金の使い込みなどのリスクが高いので、その危険に備えるべく手数料は高くなります。

2社間取引では10%から20%ほどで、概ね2社間取引の倍の割合になっています。手数料は捻出できる現金の金額を直接左右する要素なので、低いに越したことはありません。他方で取引先に信用性に疑いを抱かせるリスクも考慮する必要があります。いずれの取引を利用するかは、慎重に見極めるのが賢明です。

 

ファクタリングは中小事業主の方の比較的少額の資金繰りの問題への、有力な解決策です。平均は250万延円ほどですが、なかには100万円を下回る金額のニーズも旺盛です。手数料などの負担を踏まえて、ご自信の会社とって、最適の選択をするのが重要です。

おすすめのファクタリング会社一覧

オッティのロゴ
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社オッティの基本情報
基本情報 住所:〒110-0015 東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F
電話番号:03-3834-2011
営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日(メールは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短3時間での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:20万円~1億円
Point 1. 個人事業主が利用できる
株式会社ウィットの基本情報
基本情報 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-7-28 第二ビル5F 電話番号:0120-31-2277 営業時間:9:00~18:00 定休日:土日
対応力 最短2時間での資金化が可能 電話のみでの資金調達にも対応
費用 手数料:5%~ 買取金額:30万~500万円
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社三共サービスの基本情報
基本情報 住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル3F
電話番号:0120-43-4140
営業時間:9:00~19:00
定休日:土日祝日
対応力 最短翌日での資金化が可能
金融業界を知り尽くしているスタッフが在籍
費用 手数料:2社間 5%~、3社間 3%~
買取金額:~5,000万円
サイト内検索
記事一覧