口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングの利用と合わせて想定しておきたい連鎖倒産の対策

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/10/30

ファクタリングを利用して業者に債権を譲渡した場合、売掛先が倒産すると連鎖倒産する恐れがあります。契約時に償還請求権が設定されているかが重要になり、償還請求権は譲渡した売掛金に価値がなくなった場合業者が依頼者に対し売掛金を請求できる権利です。

償還請求権のあるリコースの場合利用者は業者に売掛金を返還しますが、償還請求権のなりノンリコースの場合不渡りが起こっても売掛金を返還しなくても大丈夫です。

償還請求権の有無を確認しよう

リコースとノンリコースの種類があり、ファクタリングはノンリコースで契約する場合が多いです。過去において償還請求権がある状態で買い取った債権について、不渡りから返還トラブルが発生したためです。

業者にとって償還請求権がある方が都合が良いですが、面倒などを避けるためノンリコースの方が良いという判断になっています。償還請求権があると設定する場合、高額で買取することができます。

償還請求権は交渉すると利用者側からリコースとして買取することが可能です。そのような場合業者のリスクがなくなるので、買取金額をアップすることができるでしょう。

但し、売掛先が突然倒産してしまうと、リスクは自分自身に降りかかるかもしれません。高いリスクのある方法になるので、確実に回収することができると分かっているケースにだけ交渉することをおすすめします。

ノンリコースの場合、売掛先が倒産しても連鎖倒産するようなダメージはありません。現在ノンリコースが主流になっていますが、業者によってリコースで設定しているところもあります。

債権の金額が大きな建設業界などにおいて、大元が倒産するといくつかの下請け企業に売掛金がいかないので次々と倒産してしまうというケースも珍しくありません。契約する時に確認しておくことによって、連鎖倒産などいろいろなトラブルを回避することが可能です。

売掛金に保険をかける方法がある

買取できるのと不渡りリスクを回避することができるのが、ファクタリングのメリットと言えます。最初から不渡りリスクを回避するため、不渡りが予想される債権をファクタリングすることはおすすめではありません。業者も買取する債権や売掛先の情報について、信用情報機関などを通じて調査しているからです。

売掛先の経営状態が悪いことは判断することができ、そのような場合は買取金額も減少します。資金調達するなら経営状態の良い債権を買取してもらうのが得策です。

現在保有している債権に保険をかけ、確実に債権を回収することができるようにしたいケースもあるでしょう。売掛債権に保険をかける場合、債権額を補填している共済制度が一般的です。中小企業倒産防止共済制度などがあり、毎月積立した金額の10倍で最高8,000万円まで限度額とし、債権が不渡りや不良債権化した場合補填される仕組みです。

これでは賄いきれないケースもあり、補填対象となるにはいくつか条件があります。共済に加入してから6ヶ月が経過していたり、1年以上事業を行っているなどが対象です。保険になりますが貸し付けになるので、返済義務も生じてきます。

すぐに保険をかけたいというケースには向かなかったり、起業してから日の浅い経営者にも向いていないでしょう。現在このようないろいろなニーズに応えるサービスが展開されていて、ファクタリングの一種の保証ファクタリングは人気があります。

連鎖倒産リスクを避けることができる

売掛金を回収するのに保証ファクタリングがおすすめです。売掛金から一定の保証料を支払うことによって、いろいろなサービスを利用することができます。

例えば債権が回収不可能になる場合業者が支払いを代行してくれたり、売掛先の審査を行って経営状況などの与信の度合いを連絡してくれます。新規取引先や既存取引先の与信管理を行うことができ、これらの情報は売掛先に知られることがなく、債権に保険をかけても売掛先と何かしらのトラブルに生じることもないでしょう。

連鎖倒産を避けるならファクタリングを活用すると便利で、契約した後に債権を一旦譲渡してしまうことによって不渡りリスクなどを回避できるメリットがあります。支払いサイクルが長く運転資金が心配だったり、債権を確実に回収することができるか不安という経営者におすすめのサービスです。

債権をスピーディに現金化することができたり、保証ファクタリングを利用して債権に保険をかけることができます。経営者であれば連鎖倒産というリスクは避けたいもので、特に一度に取り扱う金額が大きい建設業界において、もし大元が倒産してしまうと下請け企業にも売掛金が入金されなくなってしまったり、経営が立ちゆかなくなり倒産するケースもあるでしょう。

このような場合に備えて日頃から資金調達の手法として、ファクタリングというサービスを把握しておくと安心です。不渡りリスクなどを抱えていると、経営に悪影響が出るかもしれません。ファクタリングを利用すると早めにリスクや不安を解消することができます。

 

ファクタリングを利用する場合、償還請求権のあるリコースと償還請求権のないノンリコースがあります。ノンリコースの場合は不渡りが起こっても売掛金を返却しなくても良いので便利です。

売掛金に保険をかける方法もあり、保証ファクタリングを利用すると連鎖倒産リスクを避けることができます。

おすすめのファクタリング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社オッティ株式会社SKO ファクタリングのTRY(トライ)株式会社三共サービス株式会社ワイズコーポレーション FACTOR PLAN(ファクタープラン)株式会社ビートレーディング
ポイントスピード・手数料・限度額の全てがハイクオリティ24時間いつでも申し込め最短1日で売掛金を資金化圧倒的な安さでとにかく手数料を抑えたい人におすすめ条件を満たせば最短即日での現金化が可能数億円単位での大規模な取引をする企業におすすめ
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧