口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

2社間取引のファクタリングで気を付けることとは?

ファクタリングは2社と3社で行う方法があり、それぞれメリットとデメリットがあるので十分確認してから利用した方がいいでしょう。

2社のサービスを受けるときのメリットよりもデメリットの方が大きいなら、利用を考え直さなくてはいけなくなります。

 

3社間に比べると手数料が高めになる

資金調達をするとき、それぞれの方法には一定のコストがかかります。

銀行借入や社債などは利息がコストになります。

株式を発行して市場から調達するときは株主に配当金を払わなくてはいけません。

もちろんコスト以上の利益が得られる用途で使えば問題ありませんが、あまりコストが高いのであれば利用を控えなければいけなくなるかもしれません。

2社間取引のファクタリングを利用するときに気を付けることとして、3社間で行う方法に比べるとコストが高くなりがちです。

業者によっても違いますし取引先によっても異なりますが、10パーセント以上違うときもあるようです。

10パーセント違えばコストが10パーセントアップすることになるので、その分経費がかかります。

それだけの経費をかけて利用すべきかどうかの判断をしなければいけません。

メリットもあるために利用する会社も多いですが、あまり利益率の高くないビジネスを行っているのであればちょっとしたコストが命取りになることがあります

利用するなら1パーセントでもコストが低くなる方法を選んだ方がいいかも知れません。

業者が出している手数料の比較も行っておくと良いでしょう。

低く出しているところもあれば高いところもあります。

長く利用することによって信用力が高まって低い手数料で利用できる時もあります。

毎月のように使うとなると常に手数料がのしかかることになるので、将来のことも考えて利用すべきサービスを考えないといけないでしょう。

 

大手の業者があまり扱っていない

サービスを提供する会社にはそれぞれ規模があり、大企業が提供するときもあれば中小企業や個人などが提供するときもあります。

大企業が提供するサービスだと、大企業の資本力があるのでサービスも安定的に提供してもらえる可能性があります。

しかし中小企業など規模が小さいところは資本力がないので、あまり大きな取引が出来なかったり急に経営が危なくなるなどの問題もあります。

ファクタリングサービスは売掛金の現金化のサービスで、売掛金を早期に現金化して再度仕入れ代金などに回せます。

資金繰りを良くしてくれるために利用している会社が増えています。

このときに2社間取引を選ぶときの注意として、大手の業者はあまり提供している業者がないところが挙げられます。

中小企業のサービスを利用する場合、大企業のような安心感が得られにくくなります。

契約はしたがその後にすぐに倒産してしまうなどになるとお金は受けていないのに権利だけが業者に残るなどが起きるかもしれません。

信頼できる大手の業者で利用できないのであれば、利用を考え直さないといけないかもしれません。

業者選定をしっかりしないといけないでしょう。

 

取引先だけでなく利用企業の審査もある

金融機関の借入サービスを利用するとき、その金融機関から審査を受けます。

借りたお金をきちんと返済する能力があるかどうかの審査です。

借りるお金であったり借りる期間、その他用途などによって審査の厳しさが異なり、さらに金利に影響するときもあります。

信頼できるとされれば審査も無事降りて利率も低めになる可能性があります。

逆に信頼性が低ければ審査に通らなかったり、通ったとしても金利が高くなったりします。

借入以外にも資金調達の方法があり、注目されているのがファクタリングです。

売掛債権を業者が買い取ってくれ、それに対する資金をすぐに振り込んでくれます。

このとき2社間取引において気を付けないといけないのは、誰が審査を受けるかでしょう。

この仕組みにおいては取引先、つまりは売掛金を支払う人の審査になります。

3社間であれば取引先から直接業者に振り込まれるので、いかに取引先の支払い能力が高いかどうかがチェックされます。

でも2社で行う方法は一旦取引先から利用会社に入金があり、それを業者に支払います。

取引先の信用も必要ですが、利用会社の信用もなくてはいけません。

取引先ほど厳しい審査が行われるわけではないでしょうが、利用する側でも一定の審査が行われる可能性があるので注意した方がいいでしょう。

もちろん自社において資産状況に問題がなければ審査もすぐに通るはずなので問題なく利用できます。

ただ審査されるのはどんなケースであれあまり嬉しくはないでしょう。

 

2社間と3社間の大きな違いとして手数料があります。

どちらもサービスを提供しているところがありますが、大抵は2社間の方が手数料は高くなります。

2社間は大手よりも中小が行うことが多く、審査の方法も3社よりも複雑かもしれません。

サイト内検索
記事一覧