口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングの会計処理の仕訳とは何?

ファクタリングサービスを利用する会社が増えていますが会計処理をどうすればいいのかわからない会社もあるようです。

資金調達になるので借入金と同じように仕訳をすると考えている会社もあるので、正しい方法を確認しましょう。

 

借入金が発生する処理ではないので注意

資金繰りが大変なときに利用すると良いのが借入サービスです。

金融機関などからお金を借りて資金を得て、それを仕入れの支払いに使ったり固定資産の購入などに使います。

このときの仕訳は現金を増やし貸方には借入金を加算して増やします。

つまりは負債が増加した状態です。

ビジネスにおける借入はそれなりに必要ですが、あまり増やしたくない部分になります。

ではファクタリングを利用したときに会計処理がどうなるかです。

こちらも借入金同様に資金繰りを楽にしてくれる仕組みです。

借入金に似ていて、売掛金を担保にして業者からお金の融通を受けます。

そして売掛金の入金があったらそれを業者に支払います。

受け取るときに手数料分が差し引かれるのでこれが利息に該当する部分と考える人もいそうです。

このことから業者から入金を受けたときに借入金として処理をする会社があるようですがそれは誤りになります。

実態として借入金に近い性質を持っていますが借入金を増やしませんし負債も発生しません。

負債を増やさずに資金調達ができるので、貸借対照表を健全の状態にしたままになります。

取引先などに財務諸表の提出をすることがあり、そのときに負債が多いと取引に影響するときも出てくるでしょうが、それを防ぐことができます。

借入以外の資金調達方法として注目されていますが、単にお金の調達ができるだけでなく会計情報にも影響を与えにくいことから、これからもどんどん利用する企業が増えてくるかもしれません。

 

受けた時点で売掛債権を消す仕訳

取引先に商品を掛けで販売したとき、借方には売掛金が発生し貸方には売上が発生します。

売掛金は将来売上代金を受ける予定を示す会計科目で、実際に受けたときには借方に現金預金貸方に売掛金の仕訳をして売掛金を消します。

特に資金繰りなどに問題がなければ取引先からの入金を待ちますが、どうしても入金までに資金が必要なときがあります。

借入などで資金調達する方法もありますが、それ以外にファクタリングを利用する方法があります。

業者に売掛債権を買い取ってもらい、手数料を差し引いた金額を受け取れます。

ではどんな会計処理をするかですが、業者から現金預金を受け取ったときに借方に現金預金を計上します。

そして買い取ってもらった売掛債権を消すために貸方に売掛金を計上します。

通常手数料が発生するので、現金預金は売掛債権よりも少ない金額になっています。

その分は業者の利益分、手数料分になります。

この手数料分をどう仕訳するのかが問題になります。

手数料なので将来的に返金されるものではなく、払ったらそれきりです。

この手数料は経費や損の意味合いがあるため、売掛債権譲渡損であったり売掛債権売却損として計上します。

売掛債権の売却が一般的に認められるようになってから発生した勘定科目になります。

譲渡損と売却損のどちらの科目を使うかはそれぞれの企業によって自由に決めることができます。

初めてサービスを利用するときは、新たに勘定科目を設定して仕訳をしなければいけません。

 

二社間取引と三者間取引とで性質が異なる

企業の新しい資金調達方法としてファクタリングがあり、利用を検討したり実際利用している会社もあります。

本来売掛金は取引先からの入金がないと現金化されません。

そのお金がすぐに現金化できれば、それを経営に投入できさらに売上を伸ばしたり投資などに使えます。

売掛金は将来的に入金が約束されている権利なのでこれを評価して買い取ってくれる業者があり、そちらを利用すると売掛金の現金化がスムーズに行えます。

ただ業者を利用するときに複数の取引があり、それぞれで会計処理を変えた方がいいときがあります。

業者を利用するときには二社間取引と三者間取引があります。

二社間取引は取引先に伝えず行う方法になり、取引先からの入金を待ってそれを業者に支払います。

一方三者間取引は取引先に了承を得、取引先から直接業者に支払いをしてもらいます。

三者間取引だと取引先が支払えなくても業者への支払い義務はありません。

三者間取引で行うなら、業者から入金を受けた時点で売掛債権を消し、手数料を認識して完了できます。

二社間取引は将来的に取引先から入金を受けないといけません。

業者から入金を受けたときに借方に現金と手数料を計上し、貸方には預り金を計上します。

そして取引先から入金があったら借方に現金、貸方に売掛金を計上します。

そのお金を業者に支払ったら借方に預り金、貸方に現金を計上します。

借入金ではないものの、負債項目である預り金が発生するので、注意しないといけません。

 

ファクタリングは借入同様資金調達の一つですが、借入金勘定を使わずに会計処理を行います。

ただ二社間取引と三者間取引とで方法が少し異なります。

どの取引を取っているか確認し、正しい仕訳方法を取るようにしましょう。

サイト内検索
記事一覧