口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

前へ
次へ

ファクタリング会社ランキング!

債権買取を実施してくれるおすすめのファクタリング会社を徹底比較

リスクの少ない資金調達方法として注目を浴びているファクタリング。こちらのサイトではファクタリングサービスを利用する上で検討したいおすすめのファクタリング会社を厳選して紹介しています。

ファクタリングとは、企業が提供した商品やサービスについて未回収の売掛金を、別の企業が買い取ってくれるというサービスです。これを債権買取と呼び、債権買取を実施してくれる企業はファクタリング会社と呼ばれています。

売掛金は支払期日が来ていないと受け取ることができず、取引先の支払いサイトが長いと企業の資金繰りが難しくなってしまうこともあります。そんな時に利用したいのがファクタリングサービス。

支払期日前でも売掛金を資金化できるのがファクタリングサービスの魅力です。

それぞれのファクタリング会社には違った特徴があり、メリットとデメリットがあります。日本だけでもファクタリング会社はたくさんありますが、どのファクタリング会社が最も適しているかしっかり見極めて利用することが大切です。

ぜひこちらのサイトを、ファクタリング会社選びの参考にしてみてくださいね。

ファクタリング会社一覧!

スピード・手数料・限度額の全てがハイクオリティ

比較ランキング第1位は、株式会社オッティです。堂々第1位に輝く株式会社オッティは、資金化までのスピードと手数料の安さ、買取可能額の幅広さなどどれを見ても利用しやすいファクタリング会社となっています。

必要書類を不備なく揃えることができれば最短即日で売掛金を資金化することが可能です。ファクタリングサービスの利用手数料相場が10%~30%程度であるのに対して、株式会社オッティは5%からという良心的な手数料を設定してくれています。

買取金額が20万円から1億円と幅広いことも特徴で、小口の取引はもちろん大口の取引にも難なく対応してくれます。ファクタリングサービスは法人だけでなく個人事業主も利用できるため、どんな経営者の味方にもなってくれます。

赤字や債務超過、税金滞納などの問題を抱えていても相談に乗ってくれ、設立直後で銀行から融資を受けられない企業でも利用することができます。

電話・メール共に365日24時間申し込みをすることができ、対象地域も全国であるため非常に便利。ファクタリングが初めての企業も、経営状況を理由に他社で断られてしまった企業も、どんな企業でも相談できるのが株式会社オッティのファクタリングサービスです。

・・・続きを読む

24時間いつでも申し込め最短1日で売掛金を資金化

比較ランキング第2位は、ファクタリングのTRYです。ファクタリングのTRYの1番の魅力は最短1日で売掛金を資金化できるというスピードの速さにあります。

一刻も早く資金が必要な企業にとって強い味方になってくれ、連帯保証人や担保もいらないので気軽に利用できます。信用情報には影響せず、何度利用してもOK。

手続きは電話かWebサイトから申請でき、Webでの申し込みは365日24時間いつでもできるのが便利です。日中は忙しい方でも仕事に影響を及ぼすことなく資金を調達できるでしょう。

さらに、業界最低水準の優良的な手数料もファクタリングのTRYが選ばれる理由の1つ。ファクタリングサービスの利用手数料の相場は10%~30%ですが、ファクタリングのTRYなら手数料は5%~です。

手数料が気になる方でも気兼ねなくファクタリングサービスを利用できます。償還請求権のないノンリコースタイプの売買契約を結ぶため、万が一売掛先が倒産してしまっても、ファクタリングのTRYから得たお金を返還する必要はありません。

2社間でのファクタリングを利用できるのも便利なポイントで、「資金繰りがうまくいっていないことを取引先に知られたくない」という場合でも大丈夫です。担当者はもちろんスタッフ全員に秘密厳守が徹底されているので、取引先へファクタリングサービスの利用を知られてしまう心配はありません。

赤字決済や税金の滞納があっても相談に乗ってくれるので、不測の事態が発生したときはまず相談してみるのがいいでしょう。

最低買取金額は30万円、最高は5千万円となっていて、億単位の売掛金は買い取ってくれないのがデメリットです。そのため、大口取引を行なっている企業は他のファクタリング会社を選ぶとよいでしょう。

・・・続きを読む

圧倒的な安さでとにかく手数料を抑えたい人におすすめ

比較ランキング第3位は、株式会社三共サービスです。株式会社三共サービスは数あるファクタリング会社の中でも業界最安値の手数料で債権買取を実施してくれる老舗のファクタリング会社です。

多くのファクタリグ会社は設立から5年も経過していないのに対して、株式会社三共サービスは2001年の設立から15年以上の歴史を持っているので安心して利用できます。月間申し込み実績は100件以上にものぼり、年間だと1,500件以上にもなる実績があります。

企業の資金調達はとてもデリケートな問題ですが、株式会社三共サービスなら信頼と実績があるので安心してファクタリングサービスを受けることができるでしょう。

「資金調達をしなければならないものの、ファクタリングの利用を取引先に知られたくはない」という企業でも、株式会社三共サービスなら2社間のファクタリングに対応しているため問題ありません。スタッフ全員に秘密保持の教育が徹底されているので、取引先に知られる心配はないのです。

圧倒的な手数料の安さが魅力の株式会社三共サービスですが、即日対応が不可能なことや個人事業主は利用できないことがデメリットとして挙げられます。

・・・続きを読む

条件を満たせば最短即日での現金化が可能

比較ランキング第4位は、FACTOR PLAN(ファクタープラン)です。ファクタープランの1番の魅力はスピード感にあります。

条件を満たせば最短即日で現金化を行うことが可能で、「今日にでも資金が必要」という企業でも活用しやすくなっています。

ファクタリングは「売掛債権を担保にお金を借りる」というものではなく「売掛債権を買い取ってもらいお金を得る」というものであるため、担保や保証人も必要ありません。負債として扱われてしまうこともないので、最大限にリスクを抑えて資金調達が行えます

ファクタープランは様々な問題を抱えている企業の味方になってくれるファクタリング会社で、赤字決済が続いていたり税金を滞納してしまっていたりする場合でも相談に乗ってくれます。

どれほど設立から間もない企業でもファクタリングサービスを利用できるのは嬉しいポイントでしょう。建設業や製造業、介護業など企業の業種に合わせて最適なファクタリングを実施してくれます。

2社間ファクタリングでも5%からという安い手数料で行ってくれるのは嬉しいポイントで、3社間の場合は3%からというとても優良的な手数料設定が自慢です。

最高買取金額が売掛先1社につき3千万となっているので、億単位での取引には対応してくれないのがデメリット。大口取引を扱っている企業は利用しにくくなっています。

・・・続きを読む

数億円単位での大規模な取引をする企業におすすめ

比較ランキング第5位は、株式会社ビートレーディングです。株式会社ビートレーディングの1番の特徴は、数十万円から数億円までの幅広い債権買取に対応してくれることです。

他社では上限金額を超えて対応してくれなかったファクタリングでも、株式会社ビートレーディングなら問題なく取引に応じてくれるでしょう。

2012年4月の設立から全国各地で15,000件以上の企業に選ばれた実績があり、安心して債権買取を任せられます。赤字や債務超過、税金滞納などの問題を抱える企業でも相談できるのが嬉しいポイントで、どんな状況にある企業にも手を差し伸べてくれるのが魅力です。

デメリットとしては即日での資金化が不可であることが挙げられます。

公式サイトでは「スピードを重視」と言ってはいるものの、どんなに早くても最短翌日の資金化しか行えません。そのため「今日にでも売掛金を資金化したい」という企業には不向きとなっています。

また、手数料が高めであることも大きなデメリットです。「どこよりも高く売掛金を買い取る」という記載が公式サイトにありますが、他社にはもっと手数料が安いファクタリング会社も多く存在します。

できるだけ高く買い取ってほしいのであれば、他のファクタリング会社を利用する方がいいでしょう。初めて株式会社ビートレーディングのファクタリングサービスを利用する場合には全ての手続きを行う必要がありますが、2回目以降は手続きを簡略化してくれます。

・・・続きを読む

少額のファクタリングを安い手数料で迅速に行える

比較ランキング6位は、株式会社ウィットです。 株式ウィットのファクタリング会社としての特徴は小口専門という点にあります。500万円以下の売掛金を対象としており、最小30万円からファクタリングの申し込みをすることが可能です。

小口専門だからといって手数料が多くの割合を占めるということはなく、5%~とランキング上位のファクタリング会社と比べても遜色のない水準となっています。手数料が高めに設定されることの多い2社間取引であることも踏まえれば、これはかなりの安さと言えるでしょう。

小規模な取引の多い場合には頼りになるファクタリング会社となっています。また、個人事業主が利用しやすい点もポイントで、他の会社で断られてしまうようなケースでも申し込める可能性がある点は無視できません。

審査に関しても金融機関の信用情報を参照せずに行うため、借り入れ状況に不安のある方でも利用しやすくなっています。赤字決済が続いて、銀行などからの融資が難しい場合でも資金調達が可能です。

申し込みの手続きについてもフリーダイヤルの電話1本で行えるため、時間・手間ともに最小限で済みます。公式ウェブサイトの入力フォームからメールでの相談も可能です。

小口専門かつ非対面型であるため資金調達のスピードも速く、最短2時間で現金を受け取れます。即日対応を謳っているファクタリング会社は多いですが、その中でもスピード感は群を抜いていると言えるでしょう。

比較的少額の取引が多く、資金ショートの危険性に瀕する機会も多い中小企業や個人事業主のファクタリングの選択肢として優秀です。小回りの効くファクタリング会社を探しているのであれば、ぜひ一度検討してみることをおすすめします。

・・・続きを読む

第7位 株式会社JTC
サポートの豊富さとしっかりとした情報管理体制が魅力

比較ランキング7位の株式会社JTCは、東京・名古屋・大阪にオフィスを持つ規模が比較的大きいファクタリング会社です。テレビ・ラジオでCMを流しているため、他のファクタリング会社に比べて一般の知名度の高い企業でもあります。

株式会社JTCはウェブサイト上でこれまでの取引の例を掲載しており、初めてファクタリングをする人も参考にしやすいです。また、スタッフによる分かりやすい説明やマンガ解説をはじめとするウェブサイト上の豊富なファクタリング関連のコンテンツなど、サポートの豊富さが魅力の1つとなっています。

しっかりとした情報管理体制も株式会社JTCを選ぶべき理由の1つです。どの会社も顧客情報のセキュリティには気を配っているものですが、株式会社JTCはISO27001の認証を取得しており、厳格さが異なります。

2社間取引で取引先にばれることなくファクタリングを行いたい方でも安心して利用できる情報管理体制です。ただし、年商7000万円以上でなければ利用できない、取引金額は最低100万円から、といった制限がかかるデメリットもあります。

規模の大きい取引を行う企業であれば、信頼感を持って資金を調達できますが、小口取引の多い企業には向いていません。また、手数料についての明記がない点も資金調達のコストを節約したい場合には気にかかるポイントです。

魅力は多いものの、利用者を選ぶファクタリング会社である点に注意してください。

・・・続きを読む

財務コンサルティング事業との連携が強み

比較ランキング8位は、NSキャピタルマネジメント株式会社です。ファクタリングと財務コンサルティング事業との連携が大きな強みとなっている企業で、財務に関する問題を解決したいなら利用する価値があります。

財務分析から経営基盤の強化も図れるファクタリング会社を探しているのであれば、相談してみることをおすすめします。

ただし、具体的な手数料などは契約ごとに異なるため、必ずしも安価になるとは限りません。手数料の金額が明記されていないため、場合によっては想像よりも高額になる場合もあります。

売掛先の審査に審査料がかかることも含めて、総合的なコストで判断する必要のある会社です。コンサルティング事業は現状分析や改善策の提案など、さまざまな面から財務上の問題の解決を目指します。

単なるコンサルティング会社と異なり、ファクタリング事業と連携できるため、資金不足に対応しやすいのが特徴です。

さらにファクタリングの事例が知りたい場合には公式ブログの記事で確認することが可能です。ただ、電話が土日祝日休みになっているなど、トップクラスのファクタリング会社と比べるとスピード感に劣る部分もあります。

・・・続きを読む

少額の売掛金を迅速に現金化したいときに頼れる会社

比較ランキング9位は、ラクセルパートナー株式会社です。最低10万円からファクタリングが可能な点が特徴で、小口取引に強い会社となっています。

取引金額に1000万円という上限の目安はあるものの、少額の売掛金を迅速に現金化したいときに頼れる会社です。中小企業だけでなく、個人事業主やフリーランスの方の利用も多くなっています。

銀行の融資と異なり、売掛金さえあれば担保や保証人なしで申し込めるので、資金不足に陥ったときの対応策として有用です。信用情報に傷がつかない点や2社間取引であれば取引先にファクタリングの利用が知られない点も、フリーランスにとってはありがたい点ではないでしょうか。

必要書類がきちんと整っていることが条件ですが、早ければ即日入金もできます。資金調達を完了するまでのスピードという点でも優れたファクタリング会社です。

また、オフィス自体は東京都にしかありませんが、全国への出張審査・買取も実施しています。別途出張手数料がかかるため、場合によっては割高となるケースもありますが、地域を問わず利用できる点はメリットです。

ただし、ファクタリングの手数料に不透明なところがあるというデメリットも存在します。最安の手数料は1.5%ですが、案件によって手数料は異なるため、意外と割高な金額設定になることも多いです。

1.5%という数字を前提にしていると余計な手間がかかるだけで終わってしまうこともあるので注意してください。

・・・続きを読む

スピーディーな現金化が売りだが気になる点も多い

比較ランキング10位は、クイックマネジメント(株式会社ウェーブネット)です。クイックマネジメントは最短30分を売りにしており、スピード対応に期待できます。

書類の提出をメール・FAXを用いて行うため、契約までにかかる手間は少ないです。ただ、最短30分を謳っているものの、現実的に30分で売掛金を現金化できる可能性はそれほど高くありません。

平均では2日となっているため、条件によっては他の会社より遅くなることもありえます。あくまでも迅速な取引をする選択肢の1つと考えておいた方が無難です。

取引金額は下限がなく、上限も5000万円までと幅が広くなっています。個人事業主でも利用できるため、一見すると汎用性が高いサービスに見えるはずです。

しかし、クイックマネジメントは設立してから日が浅く、買取実績もそこまで豊富ではありません。資金力にも不透明なところがあるので、本当に現金化できるかは申し込んでみないと分からない部分があります。

無料で相談してみてから判断することはできますが、最初から1社に絞り込むのはリスクが高いです。また、手数料が明示されていないため、相場以上の手数料を請求される可能性もあります。

他のファクタリング会社にないメリットはあるものの、気になる点も多いので利用する際には注意が必要です。信頼性や安定感を重視するなら、比較ランキング上位の会社を利用することも考えましょう。

・・・続きを読む

自身の会社が資金繰りに困った経験からサイトを立ち上げました


私が経営している会社が立ち上がって間もない頃、取引先の支払いサイトが長くて資金繰りに困ったことがあります。

銀行やビジネスローンは設立直後の企業にはなかなか融資してくれませんし、資金調達には担保や保証人が必要になるケースもあります。

様々な資金調達方法を検討したもののどれも難しく、最後にたどり着いたのがファクタリングサービスでした。

ファクタリングなら担保や保証人がいなくても利用できるところがあり、設立直後の企業でも気軽に利用できると聞きました。

売掛金さえ回収できれば資金繰りの問題はクリアできる状況であったため、資金調達の目的でファクタリングサービスの利用を本格的に検討し始めたのです。

しかし調べ始めてわかったのですが、全国にはファクタリング会社がとても多くなっています。

また、それぞれのファクタリング会社でサービスの内容が異なっているため、何を基準に選ぶべきか迷ってしまいました。

「もしファクタリング会社を比較してくれるサイトがあれば便利なのに」と感じ、自分の経験を生かしてこちらのサイトを立ち上げることにしたのです。

これからファクタリング会社を探そうとしている経営者や個人事業主の方のために、厳選した5つのファクタリング会社の特徴とメリット・デメリットを比較して紹介させていただきました。

ファクタリング会社のおすすめランキング情報一覧

さて、本サイトではおすすめのファクタリング会社を比較ランキングにて紹介しましたが、情報を簡潔にまとめて一覧にしてみたので、おさらいしてみましょう。

それぞれ人気のファクタリング会社で、手数料の削減や親身な対応をしてくれるので、特徴などをしっかり把握して存分に検討してみてください。

各ファクタリング会社の詳細情報をもっと知りたい方は、本サイトのそれぞれの詳細ページや公式サイトもチェックしてみてくださいね。

イメージ1
2
3
4
5
サイト名株式会社オッティ株式会社SKO株式会社三共サービス株式会社ワイズコーポレーション株式会社ビートレーディング
特徴①資金化までの速さ手数料の安さ、買取可能額の幅広さ償還請求権がないノンリコースのファクタリング15年以上の歴史を持つ老舗のファクタリング会社最短5時間での現金化が可能というスピード感数億円まで可能な幅広い債権買取
特徴②赤字や債務超過、税金滞納などの問題があっても相談できる専門担当者が申し込みからファクタリング実行まで対応年間1,500件以上もファクタリングを実行している経験の豊富さ業種に合わせた最適なファクタリング2回目以降のファクタリングなら手続きを簡略化
手数料5%から5%から2社間:5%から
3社間:1.5%から
2社間:5%から
3社間:3%から
2%から
定休日土日祝日(メールのみ365日対応)土日祝日(Web申し込み365日対応)土日祝日土日祝日土日祝日(メールやお問い合わせフォームは24時間)
営業時間9:00~17:009:00~18:009:00~19:009:00~19:009:30~19:00
所在地東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F東京都台東区東上野2-21-1-4Fケーワイビル東京都千代田区神田須田町 1-24-6 ACN神田須田町ビル3階東京都豊島区東池袋1-34-1広告塔センタービル6F東京都港区芝大門一丁目2-18野依ビル3F
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

私のおすすめを厳選したので、どれも魅力的だと思うのですがいかがでしょうか。

一覧にすると細かい違いなどが見やすくなり、より比較しやすいかと思います。

やはり注目すべきは資金化スピードや親身な対応といったところでしょう。

また、おすすめのファクタリング会社として、手数料が安いのは大前提ですが、対応できる金額や適用される手数料にも違いが見えるので、自分の希望や理想にあったファクタリング会社を選び、会社経営者として躍進していただければと思います。

最後にファクタリングを検討する上で覚えておきたい情報を紹介します。

ファクタリングとはなに?


このサービスを提供する会社も増えています

■ 資金を調達するためにサービスを提供している会社を選ぶ

低リスクで資金を調達するためには責務買取をしてもらえる会社が必要です。

企業が提供した商品やサービスには売掛金が発生します。中には未回収のモノも存在します。

これを買い取るサービスを責務買取といいます。売掛金には支払い期日がついています。

支払い期日がこないと売掛金は回収することができません。支払い期日が長いと資金繰りが苦しくなります。

そこで責務買取してくれる会社のサポートが必要です。

しかも、これらサービスを行っている会社には特徴があります。

勿論、デメリットもメリットもあるのでそれぞれの会社の内容をしっかり見極めておきましょう。

ちなみにこのサービスは法人だけでなく個人事業主も利用が可能です。

なので、どんな経営者にとっても強い味方となってくれます。

企業の中には赤字や債務超過、税金滞納などの問題を抱えている場合があります。

そんな企業でも親身になって相談に乗ってもらえます。話は変わって企業を設立したばかりでは資金繰りが大変です。

責務買取をしてもらえる会社を利用すれば、設立したばかりの会社でも資金調達が楽になります。

つまり、企業を立ち上げたばかりで銀行の融資を受けられなくても利用が可能だからです。

そして、利用するなら24時間いつでも申し込める会社に人気が集まっています。

その理由はいつ資金が必要になるか予測がつかなくても対応できるからです。

■ 利用する前に事前に知っておくこと

まず、ファクタリングとは欧米では、ポピュラーな資金調達手段になります。

なので、サービスを行っている会社は欧米の企業にとっては重要な役割と持っています。

ただし、日本ではあまり普及していませんでした。理由は手形という支払いが先に普及したからです。

その結果、手形が支払いのメインとなり責務買取というシステムが浸透していかなかったからです。

それに売掛金を他社に譲渡することは取引会社に資金繰りがうまくいっていないのではないかと危険視されます。

勿論、資金繰りがうまくいかない会社と率先的に付き合う会社は存在しません。

つまり、資金繰りの状況を取引先に悟られてはいけません。それは相手との信用にも影響します。

これらの事情から買取責務が資金調達方法として利用していなかったわけです。

現在、ファクタリングは中小企業の資金調達方法として普及し始めています。決め手となったのは平成17年10月3日に「債権譲渡の対抗要件に関する民法の特例等に関する法律の一部を改正する法律」が施行された結果です。

要するに売掛金がA社からB社へと譲渡したことを法的に証明できるようになったからです。

しかも、責務買取というサービスを提供している会社は大手銀行傘下にも存在します。

しかし、あくまでも会社の内容を確認してから活用しておくが重要です。

ファクタリングと銀行融資の違いって何?


ファクタリングは、銀行融資とは異なります。両者は、システム自体に大きな違いがあります。

また銀行からお金を借りるよりは、現金をスピーディーに調達できる事も多いです。

また審査も、比較的通りやすい傾向があります。

■ お金を借りるのではなく売却する事になる

お金を調達したい法人の方々は、よく銀行に相談しています。

お金を借りたいからです。

銀行では、ビジネスローンなどの商品も取り扱っています。

比較的多くのお金を借りられますし、ローンの申し込みをしている法人も少なくありません。

しかしお金を調達する手段は、何もローンだけではありません。

ファクタリングという方法もあります。

そもそも多くの法人は、売掛金を抱えています。

例えばある時に、ある取引先の為に仕事を行ったとします。

報酬を支払ってもらうのと引き換えに、仕事を受注する訳です。

仕事が完了した後は、取引先からお金は支払われる事になります。

ところが支払いは、必ずしもスピーディーであるとは限りません

取引先によっては、入金までに時間を要する場合があります。

取引先の都合で、入金までに数ヶ月かかる事もあります。

その「支払い予定のお金」が、いわゆる売掛金です。

数ヶ月ほど待っていれば、たいていは売掛金は支払われます。

しかし売掛金を受け取る法人としては、数ヶ月も待てない場合があります。

金融関連の業者によっては、売掛金の買取が可能です。

売掛金の全額が支払われるのではなく、一部は手数料として徴収されるのが一般的です。

例えば売掛金は、300万円だとします。

それを金融業者に売却する事は可能ですが、300万円が全額支払われる事は、原則ありません。

280万や270万など、一部が支払われるのが一般的です。

差し引き分の20万や30万円は、手数料として差し引かれる訳です。

このシステムは、売掛金を「売却」する事になります。

この点は、銀行融資との大きな違いの1つです。

銀行による融資は、システム自体が大きく異なります。

お金を借りる事になるからです。

もちろん借りた以上は、銀行に返済する事になります。

それに対して上述の売掛金のシステムは、お金を借りる訳ではありません。

あくまでも売掛金を買い取ってもらうシステムになります。仕組み自体が、大きく異なる訳です。

■ 入金されるまでのスピードが異なる

ところで売掛金売却と銀行融資は、スピードも異なります。

基本的には前者の売掛金売却の方が、スピーディーに現金を調達可能です。

そもそも銀行からお金を借りるのは、少々時間を要します。

例えば7月1日に、銀行で申し込み手続きを行いました。

設備投資の資金が必要なので、ビジネスローンの申し込みを行った訳です。

ところで肝心のお金が振り込まれるのは、数週間ほどかかる場合があります。

7月3日などでなく、15日や20日になる事も多いです。

銀行によっては、もっと時間がかかる事もあります。

その理由の1つは、審査に関する事務作業です。

銀行からお金を借りる為には、審査は受ける事になります。

基本的には返済能力を確認し、融資可能かどうかを判断する訳です。

ところが返済能力を確認するのは、少々時間を要します。

申込者の過去の状況を調べる必要がありますし、多段階で審査を行っているからです。

銀行自体が審査を完了しても、また別の金融会社が改めて審査するのが一般的です。

手続きは複数段階に渡りますから、どうしても時間を要してしまう訳です。

ところが売掛金売却というシステムは、手続きは比較的早いです。

売掛金売却を受け付けてくれる金融業者も、審査は行います。

ただ審査基準は、銀行融資ほど複雑ではありません。

問題ない売掛金であるかどうかを確認される上に、審査が多段階に渡ることもありません。

手続きは、比較的シンプルです。

現に金融業者によっては、数日程度で売却手続きが完了する事もあります。

■ 銀行融資よりは審査に通りやすい

ところで銀行から借りる事を検討している方々は、しばしば審査を気にしています。

そもそもお金を借りる為に銀行に申し込みをしても、必ずしも入金されるとは限りません。

審査落ちになる可能性もあるからです。

審査落ちになる理由は色々ありますが、例えば申し込み者の財務状況です。

赤字決算ですと、返済は少々困難だと判断され、審査で落とされてしまう場合があります。

また税金の滞納があると、審査落ちになる実例もあります。

しかも銀行は、審査の基準が比較的厳しいです。

ノンバンクと比較しても、かなり厳しい審査基準を採用しています。

それに対して売掛金売却というシステムは、そこまで厳しい審査が行われる訳ではありません

確かに売掛金の状況などは確認されます。

確実に支払われる可能性があるかどうか審査される事が多いです。

しかし、銀行融資ほど審査基準は厳しくありません。

特に問題ない売掛金なら、スムーズに売却できる事も多いです。

したがってファクタリングと銀行融資は、主に3点の違いがあります。

1点目は、お金を借りるかどうかです。

前者のシステムは、あくまでも売掛金を売却する事になります。

そして2つ目は入金スピードであり、3点目は審査の通りやすさです。

ファクタリングには手数料が必要!なるべく安いところを選ぼう


ファクタリングは売掛金を債権買取という形で買い取ってくれるサービスです。

借り入れではなく買取によってお金を得るため信用情報にも影響はなく、リスクの少ない資金調達方法として注目を浴びています。

そんな債権買取を事業としているファクタリング会社は、ファクタリングの際に売掛金の一部を手数料として受け取ることで利益を得ています。

資金調達をしたい企業は取引先とは別の企業から債権買取によってお金を受け取り、ファクタリング会社は手数料を利益にする。

ザックリ説明すると、これがファクタリングサービスの仕組みです。

手数料として売掛金の一部が取られてしまうのですから、なるべく手数料が安いファクタリング会社を選びたいですよね。

■ 少額投資をしてくれるサービスを提供してくれるのは

少額投資はファクタリング会社から見ると敬遠したい案件になります。

何故なら、回収できる金額が低額で会社の利益を上げるにはうまみを感じられないからです。

ただし、中小企業にとっては必要な時に少額投資してもらえる会社が理想的です。

とはいうものの、少額投資に対応できる会社は少数派です。理由は手間に比べてリターンが薄い点でしょう。

ちなみにサービスを提供する会社の手順を見てみましょう。

問い合わせてその後、審査があります。査定後、契約書類作成し入金処理、売上入金となります。

この手順は金額が少額となっても同じことです。

例えば、10万円を掛け目20%で買い取ってみましょう。

その結果、売上金は2万円です。これでは経費などを差し引いても利益が残るどころか赤字になってしまいます。

ですが、少額でも対応する会社は別に薄利多売で受け付けてくれるわけではありません。

つまり、少額投資で実績を使い次の増加取引に利用します。

また、銀行の融資の審査はローンの介入です。

ビジネスローン、商工ローンの借入の存在は銀行の融資姿勢の悪化の原因になります。

ただし、責務買取の場合は決算書に表示しません。

その結果、銀行の融資審査に影響がありません。

銀行の融資審査に影響がない代わり、責務買取の場合は手数料が必要になります。

さらにデメリットとしては大手企業が参入していません。

といっても、大手銀行の子会社は参入しています。参入していても規模はそんなに大きくありません。

結局、コマーシャル展開もしていないので、知名度が低いのもデメリットの一つといえます。

売掛金を他社に譲渡しているので、貸金業法と違うサービスになります。

さらに手数料は契約の前に設定されます。なので、それ以上の費用を請求されるわけではありません。

何社も同じサービスを提供しているので、何社かを同時に比較してから利用してみましょう。

多くのファクタリング会社では手数料が売掛金の10%~30%程度に設定されています。

これがファクタリング手数料の相場ですが、こちらのサイトで紹介しているファクタリング会社はほとんどがその相場を下回る良心的な手数料設定をしてくれています。

今回紹介したどのファクタリング会社を選んでもそれほど失敗はないでしょう。

しかし、覚えておきたいのは「ファクタリング会社はただ手数料が安いだけで選んではいけない」ということです。

実は、ファクタリングサービスを利用する際に注目したいのは手数料の安さだけではありません。

手数料以外でファクタリング会社選びの際に注目したいポイント


ファクタリング会社選びの際に手数料の安さ以外で注目したいポイント、その1つが資金化までのスピードです。

企業によっては「今日にでも資金が用意できなければ万事休すの事態に陥ってしまう」ということがあるかもしれません。

そんな時にファクタリングサービスを利用しようとしても、資金化までに時間がかかってしまっては意味がないです。

そこで選びたいのは、即日での資金化に対応しているファクタリング会社です。

必要な書類を揃えられれば即日で債権買取の金額を指定口座へ入金してくれるファクタリング会社も、少ないですが存在しています。

即日で資金調達ができるのは、経営者としてはこの上ない心強さですよね。

しかし注意しなければならないのは、「即日」と謳いながらも実際の振込は即日でないファクタリング会社もあるということです。

こういったファクタリング会社は審査から契約の締結までは迅速に行われ、即日対応を行ってくれます。

ただし振込対応だけは後日となっていて、即日での資金化ができない場合もあるのです。

こういったファクタリング会社を利用してしまっては、必要な時に必要な資金を調達できないリスクもあります。

即日の資金化を希望する場合は、あらかじめ「即日の振込が可能かどうか」を確認しておくことが大切です。

また、もう1点注意しておきたいポイントは債権買取金額の下限と上限です。

少ない金額から債権買取を実施してくれるファクタリング会社であれば、より気軽にファクタリングサービスを利用することができます。

法人だけでなく個人事業主がファクタリングサービスを利用できるようにしてくれているところもあるため、資金繰りに苦しむ個人経営の方でも諦めてはいけません。

そして、意外と多いのが債権買取の上限金額がそれほど高くないファクタリング会社です。

どんなに手数料が安くても、どんなに早く資金化ができても、売掛金の金額が対応可能な金額を超えていたら意味がありません。

もし大口での債権買取を希望するのであれば、あらかじめそのファクタリング会社の対応可能な金額を把握しておく必要があります

ファクタリングサービスには2社間と3社間がある


債権買取による資金調達方法として注目されているファクタリングサービス。

そんなファクタリングサービスには2社間で行う取引と3社間で行う取引との2種類が存在しています。

一般的なファクタリングサービスは3社間で行うものになっていて、3社間とはファクタリング会社と利用企業とその取引先(売掛先)のことを指します。

3社間のファクタリングは手数料が安いことや多くのファクタリング会社で利用できることがメリットですが、取引先にファクタリングサービス利用の事実を知られてしまうという大きなデメリットがあります。

「資金繰りがうまくいっていないのか」と取引先に思われてしまうと、今後の取引や企業の運営に悪影響を与えてしまうかもしれません。

一方、2社間のファクタリングはファクタリング会社と利用企業の2社間だけで完結する債権買取の取引です。

利用企業の取引先(売掛先)にはファクタリングサービス利用の事実を伝える必要はなく、資金繰りに困っていることを知られてしまう心配もありません。

さらに、売掛先との手続きを省略できるので資金化までのスピードが迅速になるというメリットもあります。

「それなら絶対に2社間のファクタリングを利用した方がいいじゃないか」と思われるかもしれませんが、2社間のファクタリングには手数料が高くなってしまうというデメリットがあります。

その理由としては、ファクタリング会社のリスクが高いというものが挙げられます。

3社間で行うファクタリング取引の場合、ファクタリング会社は売掛先に対して請求を行います。

売掛先が倒産してしまうなどの事態が発生しない限り、売掛金を回収できないリスクはありません。

それに対して2社間のファクタリングの場合は、支払期日が来た段階でファクタリングサービスを利用した企業がファクタリング会社に対して売掛金を支払う必要があります。

仮に利用企業が売掛金を他の用途で使い込んでしまった場合に、ファクタリング会社は売掛金を回収することができないという事態に陥ってしまいます。

これはファクタリング会社の損失となってしまうため、そのリスク回避の意味で2社間ファクタリングの方が手数料は高めに設定されているのです。

2社間か3社間か、どちらを選ぶべきかはそれぞれの企業の方針次第です。

取引先に理解があるのであれば、より手数料の低い3社間ファクタリングを利用するのがいいかもしれませんね。

赤字や債務超過・税金滞納などの問題を抱えていても利用できる


ファクタリングによる資金調達のメリットには、どんな企業でも資金調達を実現しやすいというものもあります。

多くのファクタリング会社は赤字決済が続いている企業や、債務超過・税金滞納をしてしまっている企業にも対応してくれます。

資金繰りに苦しむ経営者の強い味方となってくれるのがファクタリング会社なのです。

例えば、建設業界などは下請けなど外注へ依頼するシーンが多くなるため、支払いサイトによる資金繰り問題が発生することも多いです。

そのため建設業を事業としている企業は、ファクタリングサービスを利用する傾向が高めとなっています。

ファクタリングに必要な書類とは



ファクタリングは、中小企業の資金調達の方法として、近年注目をあつめています。

売掛金を債権化して、現金に換える方法で、申し込みの際には、いくつかの資料の提出が必要になります。申し込みをしたときに、なかなか提出物がそろわないと、入金までに時間がかかってしまいます。

入金までのスピードが早いことがメリットなのに、そのメリットを活用できなくなります。提出した資料に不備があると、信用の足りない会社として、審査を受け付けてくれなくなる可能性もあります。

■ 必要な提出物をあらかじめ確認しておく

銀行などの金融機関から審査が下りずに、融資が受けられない状態の企業が、資金繰りに困った時に利用するケースが多いのですが、申し込み後に必要な提出物をそろえることで、意外と時間を取られてしまいます。

相手と発注書を交わさないまま商品を納品した場合、債権が発生していることを証明する物がなくなってしまいます。

利用するかもしれない場合は、証拠が残るように発注書や納品書は、必ず残すようにします。たとえ利用の予定がなかったとしても、このような資料は残しておいた方がいいです。

印鑑証明や登記簿謄本を求められて法務省に摂りに行くのは手間がかかります。

どんな物が必要になるか確認しておいて、あらかじめ用意しておくと、入金までの日数が少なくて済みます。

申し込み時に必要になるのは、ファクタリング会社によって変わります。

売掛金を債権に変えて現金化したとき、取引先企業から売掛金を回収できるかどうかの責任は、ファクタリング会社に移ります。

期日までに債権を回収できて初めて、契約による利益が発生するのです。

仮に債権を回収できなかったとして、利用者にクレームを入れて契約を無効にしたり、債権金額を補償してもらうことはできません。

債券の所有権は契約を結んだときに移動しているため、回収できなかったときの責任も一緒に移動しているのです。

リスクの伴う売買契約であるため、利益を出すためには契約締結前には真剣に、契約を結ぶ企業について審査してくるのです。

そのため、信用ができるかどうかの判断材料となる資料の提出を求めてきます。

提出物の数が多くなるのは、損害を出さないように、契約会社をきちんと審査したいからです。

■ 審査のずさんなファクタリング会社は危険

提出物が少ないところは、用意する側としては楽でいいかもしれませんが、債権の回収リスクを真剣に考えていないとも言えるため、契約の相手としては少し危険です。

手数料の金額も適正に決められていない可能性があります。

提出物の数が少ない会社に申し込んで、すぐに揃えられるからよかったと思っていたら、実は悪徳企業で、法外な手数料を要求してきたというケースもあります。

はじめからまともに審査をする気がなく、法外な額の手数料を要求することでリスク回避をしているような会社です。

このような例を考えると、多少面倒ではあっても、多くの資料を確認して審査をしてもらった方が、適正な手数料で利用できるために、結局は自社の得となります。

あまりにも提出物の数が少なくて、審査がずさんと思える会社は、警戒した方がいいですね。

一般的に必要になるといわれる物は、会社の業績を確認できる書類と、債券の内容を確認できる書類になります。

申し込みしてきた会社が、どのような会社かを審査するためには、事業に関する説明ができる資料が必要です。

商業登記謄本や、印鑑証明書、会社概要のパンフレット、商品のチラシ、公式サイトのURLなど、自社がどのような会社なのかを知ってもらうようにします。

■ 保有している債権の質が良ければ審査に受かる

会社の経営状態についても、審査の対象となりますので、業績を確認できる資料も必要になります。

決算書や過去3年分の税務申告書などです。

創業3年未満の企業が申し込みをしたい場合でも、利用できないわけではないので大丈夫です。

決算書の内容が悪くて審査に落ちるだろうと思われる場合でも、金融機関からの融資と違って、保有している債権の内容さえよければ審査に受かる可能性はあります。

申し込みのタイミングが期の後半で、直近の決算書から内容が変わっている場合には、最新の資産書を求められる場合もあります。

さらに審査の厳しい会社は、会社の資金繰り状態を確認するために、会社の資金繰り表や通帳のコピーなども提出を求めてきます。

通帳のコピーを求めるのは、業績の裏付けだけでなく、売掛先企業との取引が長期間継続しているかどうかを確認する意味もあります。

法人税や消費税、社会保険料など、滞納していないか納付履歴を確認される場合もあります。

金融機関の融資と比べると、審査は寛容ではありますが、マイナス査定の要因には違いがないので、滞納せずに払ってしまう方がいいです。

提出物の中で一番重要なのが、債権の内容を確認できる資料です。

回収の原資となるのは債権だからです。

中小企業は交渉力が弱いため、口約束で契約してしまい、契約書も作っていない場合があります。

他にも、納品書にサインを貰わないなど、万が一入金されなかったら、契約内容が全く証明できないような状態になっている会社がたくさんあります。

これでは売掛金があっても、証明できるものがありません。

日ごろの業務をキッチリ行い、契約書や発注書は必ず交わすようにしましょう。

ファクタリングサービスは賢く活用すれば企業の資金繰りの武器となります。

利用するたびに高額な手数料を取られてしまってはもったいないですから、ファクタリング業者はしっかりと吟味して選ぶことが大切です。

ぜひこちらのサイトを参考に、ご自身の企業の資金調達に役立ててくださいね。

 

記事一覧

資金調達がうまくいくかどうかは、企業経営にとって肝となる部分です。 この点で、安全性が高くて確実に資金を得るた ・・・[続きを読む]
納入企業が商品を購入した企業に対して売掛金を持っている場合、すぐに現金化できないことが多くなります。 手形を利 ・・・[続きを読む]
医療報酬債権のファクタリングは、公的機関から支払われる予定になっている診療報酬を買い取ってもらう仕組みになって ・・・[続きを読む]
現在、国も使用を促進している資金の調達方法となっているファクタリングですが、自分の所が利用できるかどうか心配だ ・・・[続きを読む]
会社は、売掛金を所有していてもすぐに現金化できるわけではありません。 資金繰りがうまくいかない会社は、その間に ・・・[続きを読む]
ファクタリングは非常に便利ですが、2社間で行われるタイプは登記をしなければ二重譲渡になってしまう可能性がありま ・・・[続きを読む]
ファクタリングの審査は銀行の審査に比べると緩いですが、それでも申し込んで落ちる会社があります。 また、ファクタ ・・・[続きを読む]
ある会社が商品を別の会社に売却し売掛金を持っている場合、その売掛金はすぐに現金化されません。 現金化されるため ・・・[続きを読む]
ファクタリングは手持ちの売掛金で、資金を短時間で調達できる便利な方法です。 売掛金の買取を専門に行っている企業 ・・・[続きを読む]
安心できるファクタリング会社を選択するためには何に着目すればよいのでしょうか。 ここでは安全性の高い会社の特徴 ・・・[続きを読む]