口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

前へ
次へ

ファクタリング会社ランキング!

債権買取を実施してくれるおすすめのファクタリング会社を徹底比較

リスクの少ない資金調達方法として注目を浴びているファクタリング。こちらのサイトではファクタリングサービスを利用する上で検討したいおすすめのファクタリング会社を厳選して紹介しています。

ファクタリングとは、企業が提供した商品やサービスについて未回収の売掛金を、別の企業が買い取ってくれるというサービスです。これを債権買取と呼び、債権買取を実施してくれる企業はファクタリング会社と呼ばれています。

売掛金は支払期日が来ていないと受け取ることができず、取引先の支払いサイトが長いと企業の資金繰りが難しくなってしまうこともあります。そんな時に利用したいのがファクタリングサービス。

支払期日前でも売掛金を資金化できるのがファクタリングサービスの魅力です。

それぞれのファクタリング会社には違った特徴があり、メリットとデメリットがあります。日本だけでもファクタリング会社はたくさんありますが、どのファクタリング会社が最も適しているかしっかり見極めて利用することが大切です。

ぜひこちらのサイトを、ファクタリング会社選びの参考にしてみてくださいね。

ファクタリング会社一覧!

スピード・手数料・限度額の全てがハイクオリティ

比較ランキング第1位は、株式会社オッティです。堂々第1位に輝く株式会社オッティは、資金化までのスピードと手数料の安さ、買取可能額の幅広さなどどれを見ても利用しやすいファクタリング会社となっています。

必要書類を不備なく揃えることができれば最短即日で売掛金を資金化することが可能です。ファクタリングサービスの利用手数料相場が10%~30%程度であるのに対して、株式会社オッティは5%からという良心的な手数料を設定してくれています。

買取金額が20万円から1億円と幅広いことも特徴で、小口の取引はもちろん大口の取引にも難なく対応してくれます。ファクタリングサービスは法人だけでなく個人事業主も利用できるため、どんな経営者の味方にもなってくれます。

赤字や債務超過、税金滞納などの問題を抱えていても相談に乗ってくれ、設立直後で銀行から融資を受けられない企業でも利用することができます。

電話・メール共に365日24時間申し込みをすることができ、対象地域も全国であるため非常に便利。ファクタリングが初めての企業も、経営状況を理由に他社で断られてしまった企業も、どんな企業でも相談できるのが株式会社オッティのファクタリングサービスです。

24時間いつでも申し込め最短1日で売掛金を資金化

比較ランキング第2位は、ファクタリングのTRYです。ファクタリングのTRYの1番の魅力は最短1日で売掛金を資金化できるというスピードの速さにあります。

一刻も早く資金が必要な企業にとって強い味方になってくれ、連帯保証人や担保もいらないので気軽に利用できます。信用情報には影響せず、何度利用してもOK。

手続きは電話かWebサイトから申請でき、Webでの申し込みは365日24時間いつでもできるのが便利です。日中は忙しい方でも仕事に影響を及ぼすことなく資金を調達できるでしょう。

さらに、業界最低水準の優良的な手数料もファクタリングのTRYが選ばれる理由の1つ。ファクタリングサービスの利用手数料の相場は10%~30%ですが、ファクタリングのTRYなら手数料は5%~です。

手数料が気になる方でも気兼ねなくファクタリングサービスを利用できます。償還請求権のないノンリコースタイプの売買契約を結ぶため、万が一売掛先が倒産してしまっても、ファクタリングのTRYから得たお金を返還する必要はありません。

2社間でのファクタリングを利用できるのも便利なポイントで、「資金繰りがうまくいっていないことを取引先に知られたくない」という場合でも大丈夫です。担当者はもちろんスタッフ全員に秘密厳守が徹底されているので、取引先へファクタリングサービスの利用を知られてしまう心配はありません。

赤字決済や税金の滞納があっても相談に乗ってくれるので、不測の事態が発生したときはまず相談してみるのがいいでしょう。

最低買取金額は30万円、最高は5千万円となっていて、億単位の売掛金は買い取ってくれないのがデメリットです。そのため、大口取引を行なっている企業は他のファクタリング会社を選ぶとよいでしょう。

圧倒的な安さでとにかく手数料を抑えたい人におすすめ

比較ランキング第3位は、株式会社三共サービスです。株式会社三共サービスは数あるファクタリング会社の中でも業界最安値の手数料で債権買取を実施してくれる老舗のファクタリング会社です。

多くのファクタリグ会社は設立から5年も経過していないのに対して、株式会社三共サービスは2001年の設立から15年以上の歴史を持っているので安心して利用できます。月間申し込み実績は100件以上にものぼり、年間だと1,500件以上にもなる実績があります。

企業の資金調達はとてもデリケートな問題ですが、株式会社三共サービスなら信頼と実績があるので安心してファクタリングサービスを受けることができるでしょう。

「資金調達をしなければならないものの、ファクタリングの利用を取引先に知られたくはない」という企業でも、株式会社三共サービスなら2社間のファクタリングに対応しているため問題ありません。スタッフ全員に秘密保持の教育が徹底されているので、取引先に知られる心配はないのです。

圧倒的な手数料の安さが魅力の株式会社三共サービスですが、即日対応が不可能なことや個人事業主は利用できないことがデメリットとして挙げられます。

条件を満たせば最短即日での現金化が可能

比較ランキング第4位は、FACTOR PLAN(ファクタープラン)です。ファクタープランの1番の魅力はスピード感にあります。

条件を満たせば最短即日で現金化を行うことが可能で、「今日にでも資金が必要」という企業でも活用しやすくなっています。

ファクタリングは「売掛債権を担保にお金を借りる」というものではなく「売掛債権を買い取ってもらいお金を得る」というものであるため、担保や保証人も必要ありません。負債として扱われてしまうこともないので、最大限にリスクを抑えて資金調達が行えます

ファクタープランは様々な問題を抱えている企業の味方になってくれるファクタリング会社で、赤字決済が続いていたり税金を滞納してしまっていたりする場合でも相談に乗ってくれます。

どれほど設立から間もない企業でもファクタリングサービスを利用できるのは嬉しいポイントでしょう。建設業や製造業、介護業など企業の業種に合わせて最適なファクタリングを実施してくれます。

2社間ファクタリングでも5%からという安い手数料で行ってくれるのは嬉しいポイントで、3社間の場合は3%からというとても優良的な手数料設定が自慢です。

最高買取金額が売掛先1社につき3千万となっているので、億単位での取引には対応してくれないのがデメリット。大口取引を扱っている企業は利用しにくくなっています。

数億円単位での大規模な取引をする企業におすすめ

比較ランキング第5位は、株式会社ビートレーディングです。株式会社ビートレーディングの1番の特徴は、数十万円から数億円までの幅広い債権買取に対応してくれることです。

他社では上限金額を超えて対応してくれなかったファクタリングでも、株式会社ビートレーディングなら問題なく取引に応じてくれるでしょう。

2012年4月の設立から全国各地で15,000件以上の企業に選ばれた実績があり、安心して債権買取を任せられます。赤字や債務超過、税金滞納などの問題を抱える企業でも相談できるのが嬉しいポイントで、どんな状況にある企業にも手を差し伸べてくれるのが魅力です。

デメリットとしては即日での資金化が不可であることが挙げられます。

公式サイトでは「スピードを重視」と言ってはいるものの、どんなに早くても最短翌日の資金化しか行えません。そのため「今日にでも売掛金を資金化したい」という企業には不向きとなっています。

また、手数料が高めであることも大きなデメリットです。「どこよりも高く売掛金を買い取る」という記載が公式サイトにありますが、他社にはもっと手数料が安いファクタリング会社も多く存在します。

できるだけ高く買い取ってほしいのであれば、他のファクタリング会社を利用する方がいいでしょう。初めて株式会社ビートレーディングのファクタリングサービスを利用する場合には全ての手続きを行う必要がありますが、2回目以降は手続きを簡略化してくれます。

少額のファクタリングを安い手数料で迅速に行える

比較ランキング6位は、株式会社ウィットです。 株式ウィットのファクタリング会社としての特徴は小口専門という点にあります。500万円以下の売掛金を対象としており、最小30万円からファクタリングの申し込みをすることが可能です。

小口専門だからといって手数料が多くの割合を占めるということはなく、5%~とランキング上位のファクタリング会社と比べても遜色のない水準となっています。手数料が高めに設定されることの多い2社間取引であることも踏まえれば、これはかなりの安さと言えるでしょう。

小規模な取引の多い場合には頼りになるファクタリング会社となっています。また、個人事業主が利用しやすい点もポイントで、他の会社で断られてしまうようなケースでも申し込める可能性がある点は無視できません。

審査に関しても金融機関の信用情報を参照せずに行うため、借り入れ状況に不安のある方でも利用しやすくなっています。赤字決済が続いて、銀行などからの融資が難しい場合でも資金調達が可能です。

申し込みの手続きについてもフリーダイヤルの電話1本で行えるため、時間・手間ともに最小限で済みます。公式ウェブサイトの入力フォームからメールでの相談も可能です。

小口専門かつ非対面型であるため資金調達のスピードも速く、最短2時間で現金を受け取れます。即日対応を謳っているファクタリング会社は多いですが、その中でもスピード感は群を抜いていると言えるでしょう。

比較的少額の取引が多く、資金ショートの危険性に瀕する機会も多い中小企業や個人事業主のファクタリングの選択肢として優秀です。小回りの効くファクタリング会社を探しているのであれば、ぜひ一度検討してみることをおすすめします。

第7位 株式会社JTC
サポートの豊富さとしっかりとした情報管理体制が魅力

比較ランキング7位の株式会社JTCは、東京・名古屋・大阪にオフィスを持つ規模が比較的大きいファクタリング会社です。テレビ・ラジオでCMを流しているため、他のファクタリング会社に比べて一般の知名度の高い企業でもあります。

株式会社JTCはウェブサイト上でこれまでの取引の例を掲載しており、初めてファクタリングをする人も参考にしやすいです。また、スタッフによる分かりやすい説明やマンガ解説をはじめとするウェブサイト上の豊富なファクタリング関連のコンテンツなど、サポートの豊富さが魅力の1つとなっています。

しっかりとした情報管理体制も株式会社JTCを選ぶべき理由の1つです。どの会社も顧客情報のセキュリティには気を配っているものですが、株式会社JTCはISO27001の認証を取得しており、厳格さが異なります。

2社間取引で取引先にばれることなくファクタリングを行いたい方でも安心して利用できる情報管理体制です。ただし、年商7000万円以上でなければ利用できない、取引金額は最低100万円から、といった制限がかかるデメリットもあります。

規模の大きい取引を行う企業であれば、信頼感を持って資金を調達できますが、小口取引の多い企業には向いていません。また、手数料についての明記がない点も資金調達のコストを節約したい場合には気にかかるポイントです。

魅力は多いものの、利用者を選ぶファクタリング会社である点に注意してください。

自身の会社が資金繰りに困った経験からサイトを立ち上げました

私が経営している会社が立ち上がって間もない頃、取引先の支払いサイトが長くて資金繰りに困ったことがあります。銀行やビジネスローンは設立直後の企業にはなかなか融資してくれませんし、資金調達には担保や保証人が必要になるケースもあります。

様々な資金調達方法を検討したもののどれも難しく、最後にたどり着いたのがファクタリングサービスでした。

ファクタリングなら担保や保証人がいなくても利用できるところがあり、設立直後の企業でも気軽に利用できると聞きました。売掛金さえ回収できれば資金繰りの問題はクリアできる状況であったため、資金調達の目的でファクタリングサービスの利用を本格的に検討し始めたのです。

しかし調べ始めてわかったのですが、全国にはファクタリング会社がとても多くなっています。また、それぞれのファクタリング会社でサービスの内容が異なっているため、何を基準に選ぶべきか迷ってしまいました。

「もしファクタリング会社を比較してくれるサイトがあれば便利なのに」と感じ、自分の経験を生かしてこちらのサイトを立ち上げることにしたのです。

これからファクタリング会社を探そうとしている経営者や個人事業主の方のために、厳選した5つのファクタリング会社の特徴とメリット・デメリットを比較して紹介しました。これまでにおすすめのファクタリング会社は全て紹介したので、最後にファクタリングを検討する上で覚えておきたい情報を紹介します。

ファクタリングには手数料が必要!なるべく安いところを選ぼう

ファクタリングは売掛金を債権買取という形で買い取ってくれるサービスです。借り入れではなく買取によってお金を得るため信用情報にも影響はなく、リスクの少ない資金調達方法として注目を浴びています。

そんな債権買取を事業としているファクタリング会社は、ファクタリングの際に売掛金の一部を手数料として受け取ることで利益を得ています。資金調達をしたい企業は取引先とは別の企業から債権買取によってお金を受け取り、ファクタリング会社は手数料を利益にする。

ザックリ説明すると、これがファクタリングサービスの仕組みです。

手数料として売掛金の一部が取られてしまうのですから、なるべく手数料が安いファクタリング会社を選びたいですよね。多くのファクタリング会社では手数料が売掛金の10%~30%程度に設定されています。

これがファクタリング手数料の相場ですが、こちらのサイトで紹介しているファクタリング会社はほとんどがその相場を下回る良心的な手数料設定をしてくれています。

今回紹介したどのファクタリング会社を選んでもそれほど失敗はないでしょう。しかし、覚えておきたいのは「ファクタリング会社はただ手数料が安いだけで選んではいけない」ということです。

実は、ファクタリングサービスを利用する際に注目したいのは手数料の安さだけではありません。

手数料以外でファクタリング会社選びの際に注目したいポイント

ファクタリング会社選びの際に手数料の安さ以外で注目したいポイント、その1つが資金化までのスピードです。企業によっては「今日にでも資金が用意できなければ万事休すの事態に陥ってしまう」ということがあるかもしれません。

そんな時にファクタリングサービスを利用しようとしても、資金化までに時間がかかってしまっては意味がないです。そこで選びたいのは、即日での資金化に対応しているファクタリング会社です。

必要な書類を揃えられれば即日で債権買取の金額を指定口座へ入金してくれるファクタリング会社も、少ないですが存在しています。即日で資金調達ができるのは、経営者としてはこの上ない心強さですよね。

しかし注意しなければならないのは、「即日」と謳いながらも実際の振込は即日でないファクタリング会社もあるということです。こういったファクタリング会社は審査から契約の締結までは迅速に行われ、即日対応を行ってくれます。

ただし振込対応だけは後日となっていて、即日での資金化ができない場合もあるのです。こういったファクタリング会社を利用してしまっては、必要な時に必要な資金を調達できないリスクもあります。

即日の資金化を希望する場合は、あらかじめ「即日の振込が可能かどうか」を確認しておくことが大切です。

また、もう1点注意しておきたいポイントは債権買取金額の下限と上限です。少ない金額から債権買取を実施してくれるファクタリング会社であれば、より気軽にファクタリングサービスを利用することができます。

法人だけでなく個人事業主がファクタリングサービスを利用できるようにしてくれているところもあるため、資金繰りに苦しむ個人経営の方でも諦めてはいけません。

そして、意外と多いのが債権買取の上限金額がそれほど高くないファクタリング会社です。どんなに手数料が安くても、どんなに早く資金化ができても、売掛金の金額が対応可能な金額を超えていたら意味がありません。

もし大口での債権買取を希望するのであれば、あらかじめそのファクタリング会社の対応可能な金額を把握しておく必要があります

ファクタリングサービスには2社間と3社間がある

債権買取による資金調達方法として注目されているファクタリングサービス。そんなファクタリングサービスには2社間で行う取引と3社間で行う取引との2種類が存在しています。

一般的なファクタリングサービスは3社間で行うものになっていて、3社間とはファクタリング会社と利用企業とその取引先(売掛先)のことを指します。3社間のファクタリングは手数料が安いことや多くのファクタリング会社で利用できることがメリットですが、取引先にファクタリングサービス利用の事実を知られてしまうという大きなデメリットがあります。

「資金繰りがうまくいっていないのか」と取引先に思われてしまうと、今後の取引や企業の運営に悪影響を与えてしまうかもしれません。

一方、2社間のファクタリングはファクタリング会社と利用企業の2社間だけで完結する債権買取の取引です。利用企業の取引先(売掛先)にはファクタリングサービス利用の事実を伝える必要はなく、資金繰りに困っていることを知られてしまう心配もありません。

さらに、売掛先との手続きを省略できるので資金化までのスピードが迅速になるというメリットもあります。「それなら絶対に2社間のファクタリングを利用した方がいいじゃないか」と思われるかもしれませんが、2社間のファクタリングには手数料が高くなってしまうというデメリットがあります。

その理由としては、ファクタリング会社のリスクが高いというものが挙げられます。

3社間で行うファクタリング取引の場合、ファクタリング会社は売掛先に対して請求を行います。売掛先が倒産してしまうなどの事態が発生しない限り、売掛金を回収できないリスクはありません。

それに対して2社間のファクタリングの場合は、支払期日が来た段階でファクタリングサービスを利用した企業がファクタリング会社に対して売掛金を支払う必要があります。

仮に利用企業が売掛金を他の用途で使い込んでしまった場合に、ファクタリング会社は売掛金を回収することができないという事態に陥ってしまいます。これはファクタリング会社の損失となってしまうため、そのリスク回避の意味で2社間ファクタリングの方が手数料は高めに設定されているのです。

2社間か3社間か、どちらを選ぶべきかはそれぞれの企業の方針次第です。取引先に理解があるのであれば、より手数料の低い3社間ファクタリングを利用するのがいいかもしれませんね。

赤字や債務超過・税金滞納などの問題を抱えていても利用できる

ファクタリングによる資金調達のメリットには、どんな企業でも資金調達を実現しやすいというものもあります。多くのファクタリング会社は赤字決済が続いている企業や、債務超過・税金滞納をしてしまっている企業にも対応してくれます。

資金繰りに苦しむ経営者の強い味方となってくれるのがファクタリング会社なのです。

例えば、建設業界などは下請けなど外注へ依頼するシーンが多くなるため、支払いサイトによる資金繰り問題が発生することも多いです。そのため建設業を事業としている企業は、ファクタリングサービスを利用する傾向が高めとなっています。

ファクタリングサービスは賢く活用すれば企業の資金繰りの武器となります。利用するたびに高額な手数料を取られてしまってはもったいないですから、ファクタリング業者はしっかりと吟味して選ぶことが大切です。

ぜひこちらのサイトを参考に、ご自身の企業の資金調達に役立ててくださいね。
 

 

記事一覧

ファクタリングは企業が持つ売掛債権を買い取って資金提供を行う仕組みのことで、素早く資金調達ができます。 特に中 ・・・[続きを読む]
ファクタリングを行えば売掛債権を早期に現金化することができます。 支払い期日前に運転資金を調達できるため、特に ・・・[続きを読む]
資金調達をするときに便利な方法といえばファクタリングと言えるでしょう。 これは資金調達の手段の1つとして日本の ・・・[続きを読む]
海外を舞台にビジネスを検討している方にとって、一番不安なのは売掛金債権の回収にあるのではないでしょうか。 せっ ・・・[続きを読む]
企業の資金調達手段の一つにファクタリングがあります。現在保有する売掛金債権を譲渡し、現金化する期間を短くできる ・・・[続きを読む]
建設業では売掛金が高額になりがちで、支払いサイトが長いことから事業資金不足に直面する可能性があります。 このよ ・・・[続きを読む]
ファクタリングとは、売掛金債権を専門の業者に売買して支払期日より先に現金化することを言います。 支払から実際に ・・・[続きを読む]
中小企業を中心に売掛金などのようにある決まった期日に代金を受け取る予定の債権を、即日で現金化するファクタリング ・・・[続きを読む]
ファクタリングとは売掛金(一定の期限までに支払うことを約束した売り上げによる債権)を、支払期限が到来するよりも ・・・[続きを読む]
最近よくテレビや新聞で耳にするファクタリングという言葉ですが、何となく意味が判ってもはっきりとは判らない、とい ・・・[続きを読む]